catch-img

効果的な社内研修プログラムの作り方とは?研修を通じた人材育成方法のポイントを解説

企業内では人材育成につなげるためにさまざまな研修プログラムが実施されています。社内講師で実施することもあれば、外部講師に依頼することもあります。

今回は人材育成担当者が社員研修の計画作成、実施から効果測定まで流れや、研修を内製化して自社内で展開していく効果的なポイントについて解説します。
合わせて関連記事についても紹介します。

目次[非表示]

  1. 1.現状把握 課題をつかむ
    1. 1.1.現状把握の重要性
    2. 1.2.現状把握の方法
  2. 2.研修プログラムの作り方
    1. 2.1.基本形 講義+ワーク
    2. 2.2.書籍の活用
    3. 2.3.eラーニングや動画などの教材の活用
    4. 2.4.さまざまな学習コンテンツに触れる(自己理解を深める)
    5. 2.5.研修会社等が提供している教材を活用する
  3. 3.プロ講師が活用している4つのプログラム
    1. 3.1.LIFOプログラム(Life Orientations:ライフォ)
    2. 3.2.HEP(Human Element Program:ヘップ)
    3. 3.3.ITS(Innovative Thinking System:アイ・ティ・エス)
    4. 3.4.SBRP(Strength Based Resilience Program)(エス・ビー・アール・ピー)
  4. 4.研修スタイルを決める
    1. 4.1.集合研修のメリット
    2. 4.2.集合研修のデメリット
    3. 4.3.オンライン研修のメリット
    4. 4.4.オンライン研修のデメリット
  5. 5.事前事後学習含めた研修プログラムをデザインする
  6. 6.受講者の上司を巻き込む
  7. 7.研修の効果測定を行う
  8. 8.研修を新時代に向けてバージョンアップする
  9. 9.まとめ

現状把握 課題をつかむ

人材育成は組織の成長において欠かせない要素です。多くの組織でさまざまな研修が行われています。その頻度は組織により変わりますが、人的資本経営が重要視される方向性の中で、研修の実施回数や研修受講者数を増やすことに各社が取り組んでいるのではないでしょうか。

社内研修を実施するに当たっては、まずは現状把握し、人材育成上の課題をつかむことが重要です。

PDCAサイクル:効果的な人材育成に向けて

    Research:現状把握

    • 現状を診断し、事実をつかむ

    Plan:計画づくり

    • 戦略・方針にのっとり人財育成目標を明確にする
    • 複数の計画を立案する
    • 最適な計画を決定する

    Do:実施

    • やるべき研修などをリストアップする
    • 役割とその分担、手順手続き、スケジュールをつくる
    • 研修の実施
    • 状況の変化が生じた場合、期待する効果が出ていない場合は、調整、軌道修正する

    Check:評価

    • 計画との差異を明確にする
    • 差異が生じた要因や理由を明確にする
    • 実施の効果を確認する

    Act:修正処置

    • 差異を埋めるための手段を検討する
    • 差異が生じた要因の解決策を検討する
    • 次の計画につなげるために一連の取り組みを振り返る
    • 必要に応じて軌道修正を行う


    現状把握の重要性

    研修プログラムなどの具体的な施策の検討に入る前に、まず人材育成上の課題についてリサーチし、現状把握することが重要です。この現状把握の内容に基づいてその後の計画、実施、評価、修正処置が行われるため、現状把握の内容がずれると施策が全てずれることとなります。そのため、現状把握が一番重要だと言っても過言ではありません。
    しかしながら、歴史ある組織ではこれまで多くの研修が実施されてきて、現状把握をしっかりとせずに、今ある研修プログラムの見直しなどに目が行きやすいため、注意が必要です。定期的にしっかりと現状把握することをおすすめします。

    現状把握の方法

    現状を把握するためには下記4つの方法があると言われています。

    現状把握のための4つの方法

    • 質問紙法(アンケート法) → サーベイの活用
    • 観察法(オブザベーション法)
    • 記録法(ドキュメント法)
    • 面接法(インタビュー法)

    現状把握において一番活用されている方法が質問紙法です。つまりアンケートの活用です。アンケートで従業員に現在の認識や課題感などについて調査する方法です。あまりコストもかからず手軽に活用できることから多くの組織に取り入れられています。

    2つ目は観察法です。これは現場に行き、従業員がどのような動きをしているかなどを観察して意図通りの動きになっているかを確認する手法です。例えば、現場のオペレーションの手順を変更したときに、古いやり方ではなく、新しいやり方でオペレーションが展開されているかを確認します。

    3つ目は記録法です。ドキュメント法とも言いますが、現場で実際に使われている帳票類などを調査する方法です。各帳票が意図通りに論理的に整合性のとれた運用になっているかなど記録を調べます。例えばOJT計画シートなどがきちんと意図通りに運用されているかどうかを調べます。

    4つ目は面接法です。これはインタビュー法とも言います。現場で働いている従業員に直接話を聞くことによって現状を把握します。例えば、「今期の方針・重点課題」を掲げているとして、現場の従業員に「今期の方針・重点課題はどのようなものですか?」とインタビューすることによって、その浸透度合いなどの現状を把握することができます。

    この4つの方法の中では、手軽で活用しやすい質問紙法(アンケート法)と面接法(インタビュー法)の組み合わせが多く活用されています。

    研修プログラムの作り方

    現状把握を行って、課題を適切につかんだら、次はその課題解決に向けて従業員の能力開発という側面から研修プログラムを作っていきます。

    多くの組織では次のような研修体系に基づいて、研修プログラムを準備しています。

    階層別にテーマを設定し、各階層の社員に期待するテーマに基づいて研修プログラムを構築します。

    そして昇進昇格、特に管理職登用時、上級管理職登用時には、昇格する階層において職務を全うできる能力・意欲・考え方が培われているかどうかアセスメントするケースが多いです。

    さらに目的別研修です。組織内で複数の階層にまたがりながら、“今”必要なテーマを設定し、指名や手挙げ式などのスタイルで研修受講者を募って展開します。
    最近では階層別研修や目的別研修を補完する手段としていつでもどこでも誰でも学べるeラーニングの活用も増えています。

    その他、職種別研修では各現場の育成担当者が実務スキルの向上に向けてOJTも含めさまざまな育成施策を検討しています。

      営業研修のDX 効果的なカリキュラムとは?ポイントを解説 コロナ禍を経て集合研修で行っていた営業研修の内容・カリキュラムをオンラインに置き換えて実施するということが増えました。置き換えるだけでは効果が高まるどころか、かえって効果を低下させてしまうケースもあります。   今回は営業研修のDXも見据え、現在の学習トレンドを踏まえながら効果的にスキルを身につけるためのポイントやカリキュラムを組み立てる上での注意点などをご紹介します。 株式会社LDcube

    対象を選抜して展開される次世代リーダー育成プログラムも少なくありません。このプログラムは、対象者に担当実務の枠を超えてビジネスリーダーとしての素養を高めてもらうことを目的としています。

    このような体系に基づいて各種社内研修プログラムが組まれています。

    ▼ 関連記事

      ビジネスリーダー人材を特定し、育成するポイントを解説! 企業にとって最も貴重なリソースは人材です。特に自社のビジネスをリードするビジネスリーダーとなり得る人材を特定し、その潜在能力を開発することは、組織の成長と持続可能性にとって不可欠です。今回はそのポイントをご案内していきます。 株式会社LDcube


    基本形 講義+ワーク

    研修の基本は「知っている人から知らない人に教える」というものです。そのため、知っている人が知らない人にテーマや内容について講義をして「教える・伝える・広める」ということがベースになります。
    それだけではなく、内容をより具体的にイメージが持てるようにさまざまなワークを取り入れ、受講者に手や口、体を動かしてもらうことを通じて理解を深めてもらいます。

    書籍の活用

    「知っている人から知らない人に教える」ことを考えた場合、研修講師が全てのことを知り、把握できているわけではありません。研修講師自身が読んでとても学びになったという書籍があれば、その書籍を活用して考え方を伝えていき、広めていくということが有効です。書籍の読了を事前課題として受講者に提示し、研修内では書籍を通じて学んだことの共有や、実務にどのように生かせそうかについてディスカッションすることも有効な手段です。
    研修講師はさまざまな領域にアンテナを張り、書籍を読むなどして常に知見を高めていこうとする姿勢が重要です。

    eラーニングや動画などの教材の活用

    世の中には書籍のみならず、さまざまなeラーニングがあります。最近では動画共有サイトに知識学習ができるものが多くあります。すでに世の中に存在していて無料で活用できるものは研修でも積極的に活用することをおすすめします。見てもらいたい動画にアクセスできるURLを受講者に案内し、見てもらうことで、動画作成の手間をかけずに、伝えたい考え方や知識を伝えることが可能です。
    また、コンテンツを整理して体系立てしたeラーニングも多く存在します。研修サービス提供会社などが提供するeラーニングは有料のものが多いですが、高品質で学習効果が高いものや、なかなか直接に会えない著名MBA教授によるコンテンツなどもあります。これらを書籍同様に活用することも学習の効率性、効果性を高めることにつながります。

      【企業向け】eラーニングプラットフォームとは?失敗しない5つの選定ポイント 企業におけるeラーニングプラットフォームは、社員のスキル向上や専門知識の習得、業務能力の向上を促進する重要な役割を果たします。 より効率的な学習と適切な評価を実現したい場合には、高いユーザビリティや学習の進度、成果を可視化できる機能などが求められます。 この記事では、eラーニングプラットフォームの基礎知識や失敗しない5つの選定ポイントなどを紹介します。 株式会社LDcube


    さまざまな学習コンテンツに触れる(自己理解を深める)

    世の中に存在するさまざまなコンテンツを活用しながら、自分が何を分かっていて、何を分かっていないかについて自己理解を深めていくことが重要です。例えば1つの組織に長い間在籍していると、組織内での実務に精通し、自分は全て知っているような気持ちになってしまうことがあります。しかし、世の中は広く、まだまだ学習しなければならないことは山ほどあります。社内での学びだけではなく、世の中で通用するビジネスパーソンになっていくためには、自社の枠を超え、ビジネスパーソンとして活躍するために必要な事柄を自主的に学んでいくことが求められます。

    これも研修プランニングにおける現状把握の重要性と同じく重要で、「自分はかなりのことを知っている」という自己理解では新しいことを学習しようとする行動にはつながりにくいです。さまざまなコンテンツに触れることを通じて「自分が知っている範囲には偏りがある、もっともっとさまざまなことを学習していく必要がある」と思えば、自主的な学習も加速します。立場が上になるにつれ、他者からの指導・アドバイスの機会は減っていきます。

    さまざまな情報源から自己理解を深めていく必要を認識しておくことが重要です。その点において研修サービス提供会社などが提供するeラーニングの活用は効果的です。

    ▼ 関連記事

      自己理解を深める方法 5つの情報源について解説 「自分の強みってどんなこと?」自分のことは自分が一番理解できているようですが、その度合いは人によって異なります。自己理解を深めることは仕事を効果的に進める上においても役立ちます。今回は自己理解を深めることにつながる5つの情報源について解説し、自己理解を深める方法についてご案内していきます。 株式会社LDcube


    研修会社等が提供している教材を活用する

    研修プログラム構築の基本形や使えるツールなどについてご紹介してきていますが、今まで紹介してきたもののほかに、研修実施のプロが使っている教材を活用するという方法もあります。研修の実施を仕事としている人たちは、常に1から研修プログラムを構築しているというわけではなく、いくつかの使いこなせる教材・プログラムを持っていて、それをテーマに応じて使い分け、研修を成功へと導いているのです。

    例えば、コミュニケーションをテーマに使いこなせる教材・プログラムを持っていれば、「新入社員のコミュニケーション力向上」というテーマでも応用ができますし、「管理職の1on1時のコミュニケーション力向上」といったテーマでも活用ができます。研修のプロ講師はいくつかの分野において教材・プログラムを使いこなせる応用スキルを習得しているのです。

    社内で研修実施をする際にもプロ講師が活用している教材・プログラムを活用することによって品質の高い社内研修を展開することが可能となります。

    プロ講師が活用している4つのプログラム

    株式会社LDcubeではプロ講師、社内講師向けの研修プログラムを提供しています。詳しくは下記関連記事をご覧ください。

    LIFOプログラム(Life Orientations:ライフォ)

    自己理解をベースに、個人とチームの生産性向上につなげる

      LIFO(MSS)|LDcube(エルディーキューブ) LDcubeのLIFO(MSS)のご紹介ページです。行動科学に基づき、自己理解を土台として、個人やチームの成功促進・職場内の問題解決を目的に開発されたプログラムです。コミュニケーションの改善や組織の生産性向上が期待できます。 株式会社LDcube


    HEP(Human Element Program:ヘップ)

    個人・組織のセルフエスティーム(自己肯定感)の向上につなげる

      HEP|LDcube(エルディーキューブ) LDcubeのHEPのご紹介ページです。自身のセルフエスティームを向上させ、より高い生産性で物事に取り組み、また他者とうまく協働するために対人関係上の柔軟性を身に付けます。深い自己理解と人間理解を通じて、行動変容のきっかけをつかむことができる研修を社内で展開できます。 株式会社LDcube


    ITS(Innovative Thinking System:アイ・ティ・エス)

    創造性+実践をコンセプトにイノベーションを促進

      ITS|LDcube(エルディーキューブ) LDcubeのITSのご紹介ページです。組織としてイノベーションを起こしていくために、発想力(創造性)と実践力を開発できる研修プログラムです。体系化されたツールをベースに、イノベーションを起こす鍵を社内に展開することが可能です。 株式会社LDcube


    SBRP(Strength Based Resilience Program)(エス・ビー・アール・ピー)

    逆境を乗り越える力(レジリエンス)を育む

      SBRP|LDcube(エルディーキューブ) LDcubeのSBRPのご紹介ページです。いかなる状況でも最善・最良の考え方を模索し、成果につながる行動を選択する力(レジリエンス)を養う研修プログラムです。志向の柔軟性の獲得だけでなく、行動のエネルギーの源泉となるウェルビーイングの考え方を社内に浸透することができます。 株式会社LDcube


    研修スタイルを決める

    研修を行うべき背景・課題が確認でき、研修プログラムに関しても構築が進んでくれば、研修のやり方についての実施スタイルを決める必要があります。コロナ前は集合研修がほとんどでしたが、コロナ禍を経てさまざまな実施方法が検討されています。研修内容と整合性の取れた研修スタイルにすることが望まれます。

    一般的には集合研修スタイルとオンライン研修スタイルのメリットとデメリットは下記です。

    集合研修のメリット

    • 場の空気感による規範づくりができる
    • 実技習得がしやすい
    • 一体感が醸成しやすい

    集合研修のデメリット

    • 集合するためにコストがかかる(移動時間・交通費など)
    • 効果を高めることよりもコストを重視せざるを得ない

    オンライン研修のメリット

    • アダプティブ・ラーニング(個別適応学習)が実現できる 
    • 繰り返し学習ができる
    • 場所(や時間)の制約がなくなる

    オンライン研修のデメリット

    • その場の空気感などが醸成しづらい
    • 懇親会などの副次的な要素のリアリティーが薄くなる

    社内研修の場合、テーマは多岐にわたります。研修内容とその目的に合わせて研修スタイルを選択することが必要です。

    注意点としては、コロナ禍の2020年~2022年にかけて、それまで当たり前だった集合研修ができず、オンライン研修で代替した組織が少なくありません。集合とオンライン研修では代替できる内容とできないものがあります。その点を精査してプログラムを構築していく必要があります。

    現在、新型コロナウイルス感染症が落ち着いてきたことから、これまでできていなかった集合研修を復活させるという現象が起きています。オンラインでの学習の方が効果的な内容やテーマもありますが、オンライン向きの内容やテーマを集合研修スタイルで実施しようとするとコストアップにつながるケースが多いため注意が必要です。

    研修プログラムを作っていく際には実施スタイルも踏まえて組み立てる必要があります。集合研修には同じ時間、同じ場所に集まって、つながりや一体感、帰属意識を醸成するという狙いもありました。この点はオンライン研修の弱いところでもあります。

    これからの時代は、効果的な学習はオンラインで行い、つながりや一体感の醸成は集合研修から場面を変え、BBQ大会を開催するなど方法を変えることを検討すると良いでしょう。その方が結果としてメリハリが利いて、それぞれの施策の効果が確認しやすくなります。

    事前事後学習含めた研修プログラムをデザインする

    研修プログラムは研修当日何を行うかということがメインだと思われがちですが、そうではありません。

    「40:20:40の法則」というものがあります。研修プログラムにおいての重要度としては、研修の事前学習が40%、研修当日の学習が20%、研修の事後学習が40%と言われています。研修当日に何を実施するかということよりもその前後の学習の方が重要なのです。

    従来研修当日に行っていた講義を動画にして事前課題として切り出して学習してもらい、研修当日は受講者が集まっていないと実施できないワークやディスカッションをメインに進め、事後は学習内容の実践や実践を通しての意見交換を中心に進めるという展開が主流になっています。これは反転学習とも言われ、従来の研修展開の順序を入れ替えた方法です。

    研修当日の内容よりも事前や事後にどのような学習行動を取ってもらうかのデザインの方が効果的な学習においては重要です。そこまで含めて研修プログラムを組み立てていく必要があります。

    反転学習をデザインする

    • 事前学習ではマイクロラーニングによる学習はもちろんのこと、終了テストや事前学習を通じての質問など、さまざまな工夫をして事前の学習効果を高めます。
    • 集合研修ではリアルタイムアンケートや学びの共有で関与意識を高めたり、リアルタイムでの理解度テストで正答率の低いものについて重点的に解説したりなど、双方向のトレーニングを実現します。
    • 事後学習はサポート動画や実践課題を課し、実践状況を動画で提出するなど学びの定着を狙っていきます。

    研修前から動機付けや事前知識のインプットをはじめ、研修受講に対する準備をしていきます。レディネスの形成とも言います。研修中には参画意識を高め、自分でも学んだことが実践できそうだという機運を醸成していくことがポイントです。

    そして事後には受講者が学んだことを実際に行動に移すためのサポートや、実践したことの定着を図るための学びあう支援などを用意しておくことがポイントです。それらをトータルに考えた研修プログラムを作っていく必要があります。

    社内で研修を担う担当者や研修講師の役割は研修当日のカリキュラム運営のみならず、その前後の充実化を図り、職場での実践につなげることです。一定期間後に効果検証も必要です。計画時に「職場で実践してほしいこと」が実践されているか確認しましょう。

    受講者の上司を巻き込む

    もう1つ重要な観点は受講者の上司の巻き込みを図ることです。この巻き込みが弱いと研修効果が得られにくくなりますので、注意が必要です。

    職場で働く人々は評価される基準で動きます。評価するのは職場の上司です。そのため、研修で学んだことを職場で実施した際にそれを上司が評価すると、その行動は強化され、より実践されやすくなります。
    逆に上司が研修の存在などを知らずに「それはそれとして、こうやって」と指示を出せば、職場メンバーはその指示に従って動きます。たとえ研修で新しいやり方を教えたとしてもそのやり方には従いません。
    より高い研修効果を得るには、このメカニズムを理解し、上司を研修に巻き込む必要があります。事前に上司にアンケートを実施したり、研修実施に当たって説明会を実施したり、上司の方々の意見を吸い上げた上で研修プログラムを構築・運営できると、上司の方々の協力も得やすくなります。

    研修現場ではこのように言われています。「トレーニング(研修)の効果よりも、上司の直接的な関わりの方が影響力は大きい」。研修をプランする人はこの現実も押さえた上で、研修をプランニングしていく必要があります。

    研修の効果測定を行う

    研修プログラムを作成し、実施した後はPDCAサイクルに基づき、効果検証する必要があります。効果検証について下記の記事を参照してください。

      人材育成の効果測定とは?重要な観点や評価項目を網羅的に解説 企業における人材育成の効果測定は、学習プログラムや研修の費用対効果、社員の成長度合いを可視化するために重要なものです。 効果測定にはさまざまなフレームワークや手法があり、社員の知識やスキルの取得を定量的に評価する方法や、研修後のパフォーマンス指標を比較する方法があります。 この記事では、人材育成の効果測定における重要な観点や具体的な評価項目などを解説します。 株式会社LDcube


    研修を新時代に向けてバージョンアップする

    コロナ禍を経て研修のやり方も様変わりしてきています。入社してくる社員の価値観も変わってきています。現場で働く社員にパフォーマンスを発揮してもらうには、これまでの研修実施のやり方を当たり前とするのではなく、時代に合わせてバージョンアップしていく必要があります。

    バージョンアップには、学ぶということに特化したラーニングプラットフォームの活用が効果的です。AIテクノロジーを取り入れたラーニングプラットフォーム「UMU」を活用することで、社内研修にさまざまなバリエーションを持たせ、研修の効果性を高めることが可能です。

      UMU(ユーム)の使い方とは?研修・学習の質を高める活用方法 企業内研修や人材育成のオンライン化に伴い、組織や社員に最適な学習プログラムやコンテンツを設計できるソリューションの需要が高まっています。 UMU(ユーム)は、集合研修・オンライン研修・個別学習・ブレンディッドラーニングのすべてに対応できる学習プラットフォームです。 最新テクノロジーを駆使した学習管理機能や優れたユーザビリティを備えており、世界中の企業で導入されています。 この記事では、UMUの主要機能や研修の質を高める使い方などを紹介します。 株式会社LDcube
      UMUを研修に導入する5つのメリット!革命をもたらす多様な機能 研修を促進する学習プラットフォームは、企業や個人の課題に即したサービスを選ぶことが非常に重要です。 AIデジタル学習プラットフォームのUMU(ユーム)なら、あらゆる学習スタイルを組み合わせて必要な学習プログラムを簡単に設計できます。 この記事では、UMUを研修に導入するメリットや、研修をカスタマイズできる多様な機能について解説します。 株式会社LDcube


    まとめ

    効果的な社内研修プログラムの作り方とは?社内研修を通じた人材育成方法のポイントについて解説してきました。

    研修プログラム構築に向けての現状把握の重要性や方法、実際の研修プログラム構築に向けての基本的な形やさまざまなリソースの活用について紹介してきました。研修の実施スタイルや研修そのものではなく、その前後のデザインの重要性や上司の巻き込み、効果測定、新時代に合わせてのアップデートについても解説してきました。

    株式会社LDcubeでは、社内研修の実施に向けて、現状把握のツールや、プロ講師が活用している研修プログラム・教材、社内講師養成講座、効果測定のためのプラットフォームを提供し、社内研修実施の生産性向上、パフォーマンス向上の支援をしています。お気軽にご相談ください。





    LDcube編集部
    LDcube編集部
    株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

    Webinar
    近日開催ウェビナー

    Download
    おすすめ資料

    Article
    おすすめ記事

     


    Tag
    タグ