catch-img

離職防止に効果的な研修とは?テーマや階層に沿って内容を最適化しよう!


組織の成長に不可欠な人材の流出を防ぐためには、従業員の課題に即した研修を実施して、離職防止につなげることが重要です。

離職防止に効果的な研修は、セルフケア研修やリテンションマネジメント研修、チームビルディングスキル研修などが挙げられ、それぞれに明確な目標を設定し、最適なコンテンツを取り入れる必要があります。

この記事では、離職防止に効果的な研修の種類や内容について詳しく解説します。


目次[非表示]

  1. 1.離職防止で研修を実施する重要性
  2. 2.離職防止に効果的な研修テーマ
    1. 2.1.①セルフケア研修
    2. 2.2.②リテンションマネジメント研修
    3. 2.3.③チームビルディングスキル研修
  3. 3.階層別研修で離職を防止するポイント
    1. 3.1.①新人・新入社員研修
    2. 3.2.②中堅社員向け研修
    3. 3.3.③管理職向け研修
  4. 4.あらゆる人に必要なレジリエンスを啓発するSBRP
  5. 5.まとめ


離職防止で研修を実施する重要性

生産年齢人口の減少に伴う人材不足が深刻化している今、企業では離職防止に向けたさまざまな人事施策や研修の実施が求められています。

離職防止に向けた研修では、組織が抱える課題と従業員の離職の原因に即した研修テーマと学習コンテンツの採用が必要です

また、研修の効果測定と改善も行い、PDCAを回してより効果的な研修にアップデートしていく必要があります。

研修後は、従業員一人一人の成果に応じた的確なフィードバックを行い、従業員のモチベーション維持・向上に寄与することも忘れてはいけません。

明確な成長目標を提示できる研修は、「組織に長く貢献していきたい」と考える従業員の育成に効果的です。


離職防止に効果的な研修テーマ

ここからは、企業の従業員の離職防止に効果的な研修テーマと主な内容を紹介します。

①セルフケア研修

セルフケア研修は、管理職も含めた全社員に対して有効な離職防止に役立つ研修です。

従業員が自分自身を気にかけて、ストレスの蓄積やメンタルヘルスの不調に気付き、対処する能力を研修で養います。

セルフケア研修を離職防止につなげるポイントは、ストレスに対する耐性を高め、思考の柔軟性を高める『レジリエンス』を鍛えるコンテンツの採用です

レジリエンスは、回復力・弾力という意味を持っており、レジリエンスが高い従業員は柔軟な考え方や発想で良好な人間関係を築いていける特徴があります。

ストレスや困難な状況に自分で対処できる従業員は、モチベーションやパフォーマンスを維持しやすくなり、離職防止につながります。

また、組織の生産性向上にも寄与するのがメリットです。

②リテンションマネジメント研修

リテンションマネジメントには、維持・保持・引き留めるという意味があります。

リテンションマネジメント研修とは、人材の定着化を促進するために必要な知識や、優秀な人材の離職を防ぐためのマネジメントスキルを養うための研修です。

部下を抱える上司や管理職などを対象とした研修であり、離職につながる原因や離職防止に必要な要素を特定し、取り組みに落とし込める人材を育成できます

また、従業員に対するキャリアモデルの明示や教育機会の提供、部下と上司が相互理解を深めるための1on1ミーティングの適切な実施方法なども、リテンションマネジメント研修で取得可能です。

③チームビルディングスキル研修

チームビルディングスキル研修は、信頼関係が構築されたチームづくりや、チームの協働を促進して高い相乗効果を生み出すための能力を養うための研修です。

会社・部門・部署・プロジェクトなどの幅広い領域でリーダーに成り得る従業員に向けた研修のため、若手社員から管理職、経営層まで対象となります。

チームビルディングスキル研修の学習プログラムでは、メンバー間で信頼関係を強化するためのコミュニケーション能力や、心理的安全性の高いチームを構築するため能力を養わせるコンテンツなどを採用します

チームビルディングスキル研修を経た従業員は、チームメンバー同士で素直に意見を述べたり助けを求めたりできる良好な人間関係の構築が得意になり、疎外感や孤独感を感じている従業員を早期に救済できるようになります。

以下の記事で心理的安全性について詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

  ビジネスに"心理的安全性"が必要な理由とは?エドモンドソン博士が示すポイントなどを解説【本人動画有】 現代の企業で最も重要な要素とは何でしょうか?革新的な製品?優れたビジネス戦略?それら全て重要ですが、最も重要なのは、「心理的安全性」です。本記事では、ハーバード大学の著名な教授である、エイミー・C・エドモンドソン博士の視点を通じて、なぜ心理的安全性が重要視されるのか、そしてそれを高める方法などを解説します。本人動画有。 株式会社LDcube


階層別研修で離職を防止するポイント

ここからは、新人・新入社員研修、中堅社員向け研修、管理職向け研修といった階層別研修の企画・実施で、どのようにして離職防止につなげるかを紹介します。

①新人・新入社員研修

新人・新入社員研修では、同期同士でコミュニケーションを活性させる取り組みの採用が早期的な離職の防止に役立ちます

例えば、研修プログラムに座学ばかり採用するのではなく、メンバーとのコミュニケーションが必須なディスカッションやゲーミフィケーションなどの要素を取り入れます。

多様な学習コンテンツを組み合わせて、参加者同士の一体感を生み出すことは、リテンションにも効果的です。

以下の記事で新入社員研修のグループワークで活用できるゲームについて詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

  新入社員研修のグループワークでおすすめのゲーム5選!盛り上がること間違いなし! 新入社員研修に参加する社員の積極的な参加やコミュニケーションを促進させるために、研修のグループワークにゲームが取り入れられています。 ゲームは通常の講義形式の研修とは異なり、社員が楽しみながら学習したり会話したりすることができるため、自然なコミュニケーションが図れます。 新入社員研修にゲームを取り入れ、コミュニケーションを活性化させることで研修に対するモチベーションや人間関係の構築を促すことが可能です。 この記事では、新入社員研修のグループワークにゲームを採用するメリットやおすすめのゲームについて詳しく解説します。 株式会社LDcube

また、入社前後の理想と現実のギャップを感じるリアリティショックを避けることも研修の企画において重要です。

②中堅社員向け研修

組織やチームのハブとなる中堅社員に向けた研修では、キャリアデザインやコミュニケーションスキルの向上に注力すると離職の抑制につながりやすくなります。

例えば、キャリアデザイン研修を通じて、従業員が組織に長く貢献していくために、「どのような役割を担い、どのように成長していくべきか」を明確にイメージさせられるようになります

その結果、形骸化していた日常的な業務のマンネリ化の解消につながり、高いモチベーションでの成長を促すことが可能です。

③管理職向け研修

組織に長く貢献してきた管理職でも、企業の経営方針や経営層に対して疑問を抱くことや、部下とのコミュニケーションに悩むことで離職のリスクが高まります。

管理職向け研修では、理念の浸透や経営マネジメントスキル、コーチング、コミュニケーション力などを養い、組織全体でのコミュニケーションの活性化や、リテンションにつなげるのが望ましいです。

企業のビジョンを明確にイメージさせる機会を設けるとともに、それに関わる当事者であると自覚させることが管理職の離職防止に効果的です。


あらゆる人に必要なレジリエンスを啓発するSBRP

LDcubeが提供する『SBRP (ストレングス・ベースド・レジリエンス・プログラム)』は、レジリエンスの基本コンセプトから具体的な活用方法まで効率よく習得できるプログラムです

SBRPは、認知行動療法の分野で有名なアルバート・エリス博士とアーロン・ベック博士によるABC理論や、ポジティブ心理学の分野のマーティン・セリグマン博士とクリストファー・ピーターソン博士が開発したVIA(キャラクターストレングス)の理論を応用して開発されています。

階層別研修・目的別研修・部門管理者向け研修・セールストレーニングなど、多岐にわたるシーンでSBRPを展開して、レジリエンスが高い人材の育成を強力にバックアップします。

下記では企業様のSBRPの活用事例を紹介していますので、導入効果が気になる方はぜひご覧ください。

  変化が激しく不確実な時代において、持続的に成長するための土台作り【SBRP活用事例】 業界が変革期を迎える中で、業務内容も常に変化している状況があります。業界の変化に対応し、持続的に成長するため、現場はこれまで以上に豊かな発想とチャレンジ精神が求められていました。そのような人材を育成するため、SBRPプログラムを活用したレジリエンス強化の取り組みをスタートしました。 株式会社LDcube
  自律自走できる人材が育つエンゲージメントの高い職場づくり【SBRP活用事例】 自分たちの組織を自分たちでエンゲージメントの高い組織にするために、まず現場のメンバーがお互いを育て、自主的に関わることが重要だと考え、その手段として社内でSBRP(レジリエンスプログラム)を活用いただいている事例です。 株式会社LDcube


まとめ

この記事では、離職防止に効果的な研修について以下の内容で詳しく解説しました。

  • 離職防止で研修を実施する重要性
  • 離職防止に効果的な研修テーマ
  • 階層別研修で離職を防止するポイント
  • あらゆる人に必要なレジリエンスを啓発するSBRP

離職防止に効果的な研修には、セルフケア研修・リテンションマネジメント研修・チームビルディングスキル研修の3つが挙げられます。

これらの研修は、離職につながりやすい原因の解消につながるだけではなく、組織の持続的な成長に必要な人材の育成にも効果的です。

LDcubeが提供する『SBRP (ストレングス・ベースド・レジリエンス・プログラム)』は、ビジネス環境の激しい変化にも柔軟に対応できるレジリエンスの高い人材を効率よく育成できるプログラムです。

ATCモデルの活用で思考の柔軟性を養い、困難な状況を打破する能力を身に付けさせます。さらに、VIAの活用で自身の強みを生かす方法を身に付けさせることで、ポジティブな感情を育みます。

あらゆる形式の研修に採用できるSBRPが気になる企業様は、ぜひこの機会に導入メリットや活用事例がわかる資料を無料でダウンロードしてみてはいかがでしょうか。


  お問い合わせ| LDcube(エルディーキューブ) LDcube(エルディーキューブ)に関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。組織変革・人材育成を50年以上支援するビジネスコンサルタントが持つ集合研修の豊富な知見と、最先端の学習ツールをかけ合わせ、個人と組織に最適な「学び」をデザインし、企業様の競争力強化に貢献します。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料

Article
おすすめ記事