catch-img

タイムマネジメント研修で人生が変わる!理由や時間の使い方のポイントとは?

本記事では、現代におけるタイムマネジメント研修が必要な背景、目的、内容、そして具体的な研修方法や社内で取り組むためのポイントなどを詳しく解説します。

研修受講を通じて自分自身の行動特性を知り、時間の使い方を知ることにより人生が変わると言われていますが、その理由や、効果的な時間の使い方、業務の生産性向上のコツについても説明します。

スキル研修面、組織活性化面の両面からの展開についても解説します。

▼ 関連資料はこちらからダウンロードできます。

社内研修企画と実施

目次[非表示]

  1. 1.タイムマネジメント研修の目的と内容
  2. 2.そもそもタイムマネジメントとは
  3. 3.タイムマネジメント研修で人生が変わる
    1. 3.1.タイムマネジメントにおける自分の特徴を把握できる
    2. 3.2.自身が取り組むタスクが緊急度と重要度を再確認する
  4. 4.タイムマネジメントが求められる背景
    1. 4.1.情報の洪水
    2. 4.2.ワークスタイルの多様化
    3. 4.3.高い生産性の要求
    4. 4.4.ワークライフバランスの重視
  5. 5.タイムマネジメントのポイント
    1. 5.1.時間を使う上での自分の傾向・特徴を理解する
    2. 5.2.生産性・エネルギーレベルが高い時間帯を把握する
    3. 5.3.気を散らすものに対して自分の反応を理解する
    4. 5.4.自分自身の時間感覚を理解する
  6. 6.タイムマネジメント研修は社内で展開可
    1. 6.1.スキル研修としてのタイムマネジメント研修とその効果
    2. 6.2.職場・組織全体の効率性向上のためのタイムマネジメント研修
    3. 6.3.社内トレーナーの役割とその役割
  7. 7.まとめ

タイムマネジメント研修の目的と内容

タイムマネジメント研修の主な目的は、参加者が効率的に時間を管理するスキルとテクニックを学び、生産性を向上させることです。研修のねらいと内容の詳細は次の通りです。
 
【タイムマネジメント研修のねらい】

  1. 仕事の推進役の要として、タイムマネジメントの知識・スキルを理解する
  2. タイムマネジメントに取り組む自己の強み、持ち味を再発見する
  3. タイムマネジメントをより効果的にするための改善策を検討し、作成する
  4. 上記を通じて職場での時間の使い方を変えていくきっかけとする

【タイムマネジメント研修の内容】

タイムマネジメント研修カリキュラム

オリエンテーション

参加者が研修のねらいや進め方について概要を把握します。

その後、テキストを用いて、タイムマネジメントについて概要やポイントを学びます。

各チェックリストなども実際に行い、自分の時間の使い方についての傾向をつかみます。

実習 「優先度の確認と見直し」

テキストを用いて、自分が行っている仕事の優先度について確認と見直しを行います。

参加者は用意された無地模造紙とポストイットを活用し、ポストイットに仕事を書き出し、模造紙に重要度と緊急度のマトリクスを書き、実際に整理してみます。

個人検討で検討した内容をグループで共有し、おのおのの仕事状況の共有を行います。

実習 「現状点検」

テキストを用いて、仕事の現状点検を行います。

参加者が優先度の確認と見直しを再度見ながら、「うまくやれていること」「うまくやれていないこと」について整理し、タイムマネジメントの現状点検をします。

講義・実習 「タイムマネジメントLIFO」

テキストを用いて、「タイムマネジメントLIFO」に取り組みます。

参加者がLIFO®サーベイの結果から各スタイルの特徴を確認するだけでなく、タイムマネジメント上の特徴を確認します。テキストに学習したことを整理しておきます。

※LIFO(ライフォ:Life Orientations)とは『LIFO®サーベイ』という自己診断を中核とした、人の強みに焦点を当て、強みを生かすためのプログラムです。

講義・実習 「過剰使用の確認」

テキストを用いて、過剰使用について確認します。

良かれと思ってやっている行動をやりすぎるがあまり(過剰使用)、結果として時間を浪費してしまうことがあります。

自分のサーベイ結果も活用しながら、やりすぎてしまっていることがないか確認し、過剰使用の強みを緩和のために動指針を検討します。

講義・実習「タイムマネジメントの改善」

テキストを用いてタイムマネジメントの改善について検討します。

参加者が実際に1ヵ月間の仕事をイメージしながら、実習で点検した優先度や現状点検とタイムマネジメントLIFOで把握した自分の特徴を振り返り、仕事の進め方の改善ポイントについて検討します。

実習「行動計画作成」

参加者がテキストを用いて1日の学びの整理し、今後の行動計画の作成を行います。

▼ LIFOプログラムについてはこちらをご覧ください。
⇒LIFO(ライフォ)

  LIFO(MSS)|LDcube(エルディーキューブ) LDcubeのLIFO(MSS)のご紹介ページです。行動科学に基づき、自己理解を土台として、個人やチームの成功促進・職場内の問題解決を目的に開発されたプログラムです。コミュニケーションの改善や組織の生産性向上が期待できます。 株式会社LDcube

LIFO資料


そもそもタイムマネジメントとは

時間を効率的に活用し、目標達成を図るための方法やプロセスのことをタイムマネジメントといいます。

私たちが持っている時間は皆平等であり、有限です。だからこそ、時間をどのように使うか、どのタスクにどれだけの時間を割くかを決め、計画することが重要です。

効果的なタイムマネジメントにより、生産性を向上させ、さらに良いワークライフバランスを実現できます。

タイムマネジメントを行うには以下のような主要な概念や手法が挙げられます。

  1. 目標設定
    目標をSMART(Specific:特定の、Measurable:測定可能な、Achievable:達成可能な、Relevant:関連性のある、Time-bound:時間制限のある)の観点踏まえて設定し、時間を効果的に管理します。

  2. タスクの優先順位付け
    全てのタスクが同じくらい重要なわけではありません。それゆえ、重要かつ緊急のタスクから順番に処理を行います。また、緊急ではないが重要なことについて、取り組むための時間捻出法などを検討します。

  3. 委任
    重要度も緊急度も高くないタスクに関しては、他者への委任を検討します。自分でやらなければならないタスクと、他の人に委任できるタスクを区別してから取り組みます。

  4. スケジューリング
    指定された時間内に特定のタスクを完了するためのスケジュールを作成します。

  5. 先延ばしの対策
    先延ばしを克服するためのガイドラインなどを設定します。

これらを適切に行い、時間管理の力を身に付けることで、タスクを予定通りに遂行し、目標達成に向けた効果的な道筋を作ることができます。

社内研修資料

タイムマネジメント研修で人生が変わる

タイムマネジメント研修への参加で人生が変わる理由は大きく2つあります。

タイムマネジメントにおける自分の特徴を把握できる

研修で行うLIFOサーベイは、自分の行動スタイルや時間管理の傾向を理解するためのツールです。

18の質問に答えると自分の時間の使い方についての傾向をつかむことができます。

このサーベイを行うことで、時間管理において自身の強みや弱み、改善点を特定できます。

また、LIFOサーベイでは「強みの過剰使用」という概念があります。

良かれと思って自分の強みを使いがちですが、使いすぎてしまう(過剰使用する)と強みが弱みになってしまうという考え方です。

これは、よく言われる「過ぎたるはなお及ばざるが如し」と同じ考え方です。

時間の使い方に関しても、良かれと思って自分の強みを使いすぎてしまい、結果として時間を浪費してしまうことも少なくありません。

しかし、自分の強みを使っていることから、自分では気付かないことが多いです。

LIFOサーベイは自分では気付きにくい点を可視化し、気付かせてくれます。

多くの方がサーベイを通じてハッとした気付きを得ています。

LIFO®サーベイで得た情報を元に、自分がどのように時間を使うべきか、どのようなタスクにどれだけの時間を割くべきかという意識が変わります。

結果として、時間の使い方が効率的になり、生産性が向上し、将来のキャリアアップにつながり、人生が変わることになります。

自身が取り組むタスクが緊急度と重要度を再確認する

タイムマネジメント研修では、タスクの緊急性と重要性に基づく優先順位付けの方法を学びます。

研修を通じて緊急度と重要度の観点から取り組むべきタスクの優先順位を再認識することによって、人生がかわります。

実際に研修の中で、自分の仕事状況を振り返り、整理してみると、一見緊急度の高い仕事ばかりやっているようなことがあります。

しかし、全ての仕事の緊急度が高いということはそうそうありません。

ひもといてみると、多くの参加者はタスクを先延ばしにした結果、緊急的に対応しなければならない状況が多いということに気付きます。

そしてその気付きを生かし、今後より重要なタスクに取り組めるよう、タスクの優先順位付けの再検討を行います。

このように自分のタスクを見直し、重要なタスクにフォーカスすることで時間を効果的に活用できます。

結果としては自分の人生がより良くなり、より効果的に動き始めます。

以上のように、タイムマネジメント研修を受けることで、参加者の時間管理スキルが飛躍的に向上します。時間を効果的に使うことで、人生がより良いものに変わっていきます。自分の今後のキャリアにも良い影響があるでしょう。

LIFO資料

タイムマネジメントが求められる背景

昨今のビジネス環境が急速に変化し、タイムマネジメントは今まで以上に求められるテーマになってきています。具体的な背景を紹介します。

情報の洪水

デジタル技術の進化により、ソーシャルメディア、電子メールなどを通じて、これまでにないスピードで情報が生み出され、流通しています。

その結果、人々は重要な情報を見極めたり、情報を処理したりすることに使う時間が急激に増えています。

一人一人が使える時間が有限です。無限に近い情報に囲まれている中、どの情報が重要で、どの情報を無視すべきか判断することが求められています。

ワークスタイルの多様化

ギグエコノミーの拡大や、リモートワーク、フレキシブルワーク、ジョブシェアリングなどのワークスタイルの影響により、今日の労働市場は多様性に富んでいます。

働く時間と場所が自由になった分、働く人々に自己管理のスキルが強く求められます。

特に在宅勤務は、自分自身でタスクの管理やスケジュールの作成をしなければならず、仕事の成果を出すには高いレベルのタイムマネジメントスキルが必要です。

高い生産性の要求

競争が激しい現代社会では、企業が成功するためには生産性の向上が求められています。

生産性の向上は従業員一人一人の仕事の質と量を高めることで達成されます。

そのためには、タスクの優先順位付け、適切なスケジュール作成、集中力の維持などのタイムマネジメントスキルが従業員にとって不可欠です。

ワークライフバランスの重視

日本国内においては、働き方改革が進行中であり、仕事に対する考え方やライフスタイルが変化し、ワークライフバランスの重要性が一層高まっています。

特に、共働き世帯の増加は、仕事と家庭の両方に責任を負う従業員に、仕事と生活の両方を充実させるという新たな課題をもたらしました。

共働き世帯では、2人とも家事も仕事もこなさなければならないため、効率的な時間管理が非常に重要となります。

このような状況を受け、多くの人はタイムマネジメントスキルの向上を求めています。

タイムマネジメントを適切に行えると、働く時間と休む時間を見直すことで、適度に休息を取り、家事や育児をこなし、なおかつ仕事の効率を上げることができます。

これにより、仕事とプライベートのバランスをよりよく保つことが可能となります。

以上のような背景から、現代社会においてタイムマネジメントスキルはますます重要度が増していると言えます。

▼ 環境変化を踏まえた人材育成のトレンドについては下記で解説しています。
⇒大注目の人材育成トレンドを紹介!企業の人事担当者必見!

  大注目の人材育成トレンドを紹介!企業の人事担当者必見! 人材育成の最新トレンドを捉えた人事施策は、組織の成長において欠かせないものです。人材育成担当者には、これまでの変化や近年における傾向を掴みながら、企業の将来を見据えた新たな人事施策の企画・実施が求められます。この記事では、現代で注目されているトレンドについて詳しく紹介します。 株式会社LDcube

社内研修資料


タイムマネジメントのポイント

タイムマネジメントの成功は、自己理解が基盤となります。以下、自己理解をベースにしたタイムマネジメントのポイント・コツを説明します。

時間を使う上での自分の傾向・特徴を理解する

LIFOサーベイなどを活用し、無意識に時間を使うときの好みや特徴を可視化し、把握しておくことがポイントです。

LIFOでは人々の行動特性をSG・CT・CH・ADという4つのスタイルに分類し、それぞれのスタイルの人がタイムマネジメントを行うときの特徴や傾向を提示します。

例えば、SGはあまりにも高い基準で物事をやろうとします。CTは一度に多くのことをやりすぎてしまいます。CHは何ごとにも時間をかけすぎる傾向があります。ADは何でもミーティングで決めようとします。

無意識にタイムマネジメントを行うと、このような傾向が見られますが、自分の傾向や特徴を可視化することで、時間の使い方を把握しやすくなります。

それにより、自分自身の行動をコントロールし、効果的なタイムマネジメントが可能になります。

生産性・エネルギーレベルが高い時間帯を把握する

朝が最も生産的な時間帯であるという人もいれば、夜が最も集中できる時間帯であるという人もいます。

自分の生産性が最も高い時間帯を把握し、その時間帯に重要なタスクを行うようにスケジュールを設定することをおすすめします。

また、日々のエネルギーレベルを把握し、それに応じてタスクをスケジューリングします。

エネルギーが高い時間には難易度の高い作業を、エネルギーが低い時間には簡単な作業を行うようにしましょう。

上記により効率化が図れます。

気を散らすものに対して自分の反応を理解する

気をちらすもの対して自分がどのように反応するかを理解します。

何に気を取られやすいのか、何が集中を妨げるのかを把握し、それらをいかに適切にコントロールするかを考え、集中力を保つようにします。

また、自分自身の気分やストレスが作業効率や生産性にどのように影響を与えるかを理解することも重要です。

その理解を基に、気分やストレスの調整方法を探しましょう。それにより、より良いタイムマネジメントが実現できます。

自分自身の時間感覚を理解する

人によっては、特定のタスクにどれくらい時間がかかるかを適切に評価できないことや、過小評価することがあります。

実際のところ、多くのタスクは予想より時間がかかります。

したがって、自分自身がどの程度の時間感覚を持っているのかを理解し、タスクに合わせてスケジュールを調整することが、効果的に時間をマネジメントすることにつながります。

以上のように、自己理解を用いて時間の使い方を工夫することで、より効果的なタイムマネジメントができるようになります。

LIFO資料

タイムマネジメント研修は社内で展開可

スキル研修としてのタイムマネジメント研修とその効果

一般的なタイムマネジメント研修は、人事が主催し、社員が自身の時間をより効果的に管理する方法を学ぶ場として企画されます。

階層別研修や目的的別研修などの一環として取り入れられることが多いです。参加者の生産性を向上させるスキル研修であり、受講者は管理職やリーダー層が多いです。

それは、上司がファジーだと部下はビジーになるといわれており(上司があいまいだと、それに振り回されて部下は忙しくなるということ)、上司のタイムマネジメントスキルの高さは会社の生産性に大きな影響を与えるからです。

また、上司やリーダーがタイムマネジメントスキルを習得しておくことで、OJTを通じて部下のタイムマネジメントスキルの啓発につなげることもできます。

研修では、タスクの優先順位付け、適切なスケジュールの作成、時間をムダにする理由の把握と対策など、非常に実用的なテクニックを学ぶことができます。

しかし、参加者のスキル啓発の領域を出ることはありません。そのスキルを実践するかどうかは参加者に委ねられます。

職場・組織全体の効率性向上のためのタイムマネジメント研修

タイムマネジメント研修は組織全体の生産性向上にも寄与します。

職場単位でタイムマネジメント研修を行うと、職場で設定したガイドラインなどの実践がしやすくなります。それにより職場全体が時間を効率的に利用することが可能になります。

また、組織全員がタイムマネジメントの概念を理解し、テクニックをマスターすれば、ムダな時間が減り、タスクの完了速度が向上します。

組織全体でタイムマネジメント研修を実施することで、より多くの研修成果を得ることができ、組織全体の作業効率とパフォーマンスが向上します。 

▼ 職場単位で取り組むことで職場の活性化につながります。
⇒職場の活性化につなげる方法とは?アイデアやポイントを紹介!

  職場の活性化につなげる方法とは?アイデアやポイントを紹介! 組織内における階層別研修は、受講者の能力開発を目的に実施しますが、職場の活性化やコミュニケーションの改善などにつながりにくい側面がありました。職場ぐるみで研修を実施することで、能力開発とともに職場の活性化につながります。具体的な理由とポイントを紹介します。 株式会社LDcube


社内トレーナーの役割とその役割

LIFOプログラムのライセンスを取得した社内トレーナーは、タイムマネジメント研修を定期的に行うための重要な役割を果たします。

LIFOプログラムにはタイムマネジメントプログラムがあり、受講者の行動スタイルを把握し、タイムマネジメントができるように行動を最適化する手法を提供します。

LIFOライセンスを取得した講師は社員一人一人の働き方を理解し、その人に合ったタイムマネジメントのテクニックを提供できます。

例えば、その人の行動スタイルによっては、特定のタスクを優先することや、一つ一つのタスクに集中した方が効率的であるといった具体的なアドバイスを提供できるのです。

それにより、結果として組織全体のタイムマネジメントを大幅に改善する可能性があります。

▼ タイムマネジメント研修に限らず社内トレーナーの活躍する分野は多岐に亘ります。
⇒研修は社内講師で実施?実施のポイントやメリットとデメリットを解説

  研修は社内講師で実施?実施のポイントやメリットとデメリットを解説 企業内では人材育成のためにさまざまな研修会が行われています。内部で実施することもあれば、外部に依頼することもあります。社内講師と外部講師のメリット・デメリットや、外部が活用している教材を活用して自社で研修を展開していくポイントなどを紹介します。 株式会社LDcube


まとめ

タイムマネジメント研修を受けたら人生が変わる!理由や時間の使い方のポイントとは?について紹介してきました。

環境変化の中、ビジネスパーソンにとって、時間の使い方の重要度が高まっています。

タイムマネジメントについての知見を深め、自分が時間を使うときの特徴を知り、時間の使い方を変えることが人生を変えることにつながります。

研修実施の際には自己理解を研修のベースにして展開することをおすすめします。

時間の使い方について自分のクセなどを認識できていないことが意外と多いです。

研修の実施方法については、スキル研修として実施する方法と職場単位で実施する方法があります。

スキル研修の場合はスキルを身に付けることを目的にします。職場単位で実施する場合は、職場全員に時間の使い方について考えてもらいます。

どの場合でも外部講師に依頼せずとも社内講師で実施することが可能です。

株式会社LDcubeではサービスの1つとして、自己理解をベースとしたタイムマネジメント研修の提供や、タイムマネジメント研修を実施できる社内トレーナーの育成支援を行っています。

無料でのプログラム体験会なども実施しています。お気軽にお問合せください。

▼ 関連資料はこちらからダウンロードできます。

社内研修資料

離職防止資料

OJTバラツキ資料

LIFO資料

▼ 関連記事はこちらから。

  自己理解を深める方法!5つの情報源について解説 「自分の強みってどんなこと?」自分のことは自分が一番分かっているようですが、その度合いは人により異なります。自己理解を深めることは仕事を効果的に進める上でも役立ちます。自己理解を深めることにつながる5つの情報源について解説し、自己理解を深める方法についてご案内していきます。 株式会社LDcube
  自己理解・分析を促すための行動特性診断 性格分析ツールとの違いも解説 自己理解や自己分析を促すためには時にツールを活用することが効果的です。今回は行動特性診断について、性格診断との違いを交えて紹介します。あなたはどんな行動スタイルが好みでしょうか? 株式会社LDcube
  社員の自己理解を促す最高のコーチングプログラムとは!? 組織の生産性とパフォーマンスを向上させるために重要なのは、社員一人一人の潜在能力の発揮です。それを引き出すためには、社員の自己理解を促すコーチング的な関わりやサポートが欠かせません。自己成長を促すコーチングプログラムやそのやり方、自身の行動特性を理解するLIFOメソッドについて解説します。 株式会社LDcube
  社内研修の作り方!効果的なプログラムとは?ポイントを解説 企業内では人材育成のためにさまざまな研修プログラムが実施されています。社内講師で実施することもあれば、外部に依頼することもあります。 人材育成担当者が社員研修の計画作成、実施から効果測定まで流れや、研修を内製化して展開していくポイントについて解説します。 株式会社LDcube
  研修は社内講師で実施?実施のポイントやメリットとデメリットを解説 企業内では人材育成のためにさまざまな研修会が行われています。内部で実施することもあれば、外部に依頼することもあります。社内講師と外部講師のメリット・デメリットや、外部が活用している教材を活用して自社で研修を展開していくポイントなどを紹介します。 株式会社LDcube
  職場の活性化につなげる方法とは?アイデアやポイントを紹介! 組織内における階層別研修は、受講者の能力開発を目的に実施しますが、職場の活性化やコミュニケーションの改善などにつながりにくい側面がありました。職場ぐるみで研修を実施することで、能力開発とともに職場の活性化につながります。具体的な理由とポイントを紹介します。 株式会社LDcube
  階層別研修とは?達成すべき目標や習得させたい知識・スキルを徹底解説 階層別研修は等級や役職、年次等で社員をグループ分けし、それぞれのグループ・階層に合った研修を実施します。この記事では、階層別研修の概要や達成すべき目標、組み立て方、習得させたい知識・スキル例、効果的な展開方法について解説します。 株式会社LDcube
  エンゲージメント研修とは?おすすめのカリキュラムと成功させる秘訣 従業員の定着率向上や企業の成長につながるとして、エンゲージメントの重要性が認識されはじめています。エンゲージメントを向上させるためには、研修の実施がおすすめです。今回は、研修プログラムの概要と実施すべき企業や組織の特徴、おすすめのカリキュラムなどについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  若手社員の離職防止をするには?効果的な取り組みや定着を支援するツールも紹介! 若手社員の離職が頻繁に発生すると、未来を担う人材の育成が進まず、将来的に企業が成長できない可能性があります。若手社員の離職を防止するためには、理由の把握と改善のための施策が必要です。退職理由、離職を防止するための取り組みなどについて解説します。 株式会社LDcube
  レジリエンスがリーダーに必要な理由!部下とのかかわり方など具体的なポイントを解説! 組織の成功に必要な"レジリエンス"が、リーダーにとって重要なスキルである理由について深掘りします。そして、そのレジリエンスを高める具体的な手法として、心理学のATCモデルの活用方法を解説しながら、リーダーが部下のネガティブな思考をポジティブに書き換えるプロセスを紹介します。 株式会社LDcube



LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料

Article
おすすめ記事