catch-img

新入社員研修のオンライン化を成功させる秘訣!詳細事例と合わせてポイントを解説!


あらゆる企業で実施されている、新入社員研修。

新入社員研修は会場を用意して行われる集合研修形式が一般的ですが、近年ではオンラインで実施するケースも少なくありません。オンライン活用により参加しやすくなっています。

ただ、単にオンライン化するだけでは期待するような効果・成果が感じられない可能性があるため、成功させるポイントをおさえておくことが大切です。

このコラムでは、新入社員研修のオンライン化の概要やテーマ、成功させる秘訣や便利な学習プラットフォームについて詳しく解説します。

▼新入社員研修のカリキュラムについては下記から確認いただけます。
⇒新入社員研修のカリキュラム作成!効果を最大化するポイントを紹介

  すぐに分かる新入社員研修のカリキュラム作成!効果を最大化するポイントを紹介 新入社員研修は、新入社員の定着と即戦力化させるための重要なプロセスです。研修の効果を最大化には、これまでのやり方をゼロベースで見直し、企業と新人のニーズや目標に沿ったカリキュラムの作成が必要です。1カ月間の教育内容・カリキュラムの事例を取り上げ、作成の流れ、重要ポイントなどについて詳しく解説します。 株式会社LDcube

▼新入社員研修に限らず社内研修の企画と運用については下記資料をご覧ください。

社内研修企画と運用資料

▼せっかく入社した新入社員が辞めないことも重要です。

離職防止資料

目次[非表示]

  1. 1.新入社員研修はオンライン化できる!
  2. 2.新入社員研修のオンライン化は不可避
    1. 2.1.Y世代、Z世代比率の高まり
    2. 2.2.組織内人材育成のあり方に変化
    3. 2.3.社会や環境への対応
  3. 3.新入社員研修のこれまでとこれから
  4. 4.新入社員研修オンライン化のポイント
    1. 4.1.集合研修が好ましい内容
    2. 4.2.オンライン研修が好ましい内容
  5. 5.オンライン新入社員研修のテーマ
  6. 6.オンライン新入社員研修、成功の秘訣
    1. 6.1.①ブレンディッドラーニングの導入
    2. 6.2.②受講者同士のコミュニケーション促進
    3. 6.3.③研修講師によるフォローとフィードバックを強化する
    4. 6.4.④受講しやすい環境を整える
  7. 7.新入社員研修オンライン化 詳細事例
    1. 7.1.【詳細事例】新入社員研修 1~5日目
    2. 7.2.【詳細事例】新入社員研修 6~10日目
    3. 7.3.【詳細事例】新入社員研修 11~14日目
  8. 8.新入社員研修の質と効率を向上する
  9. 9.まとめ


新入社員研修はオンライン化できる!

これまで集合研修形式で実施されてきた企業の研修ですが、近年では働き方改革の一環として研修のオンライン化がさまざまな企業や業種で普及しています。

新入社員研修も例外ではなく、各企業で研修のオンライン化に向けてこれまでの学習計画が見直されています。

オンライン研修はWEB会議システムを活用してパソコンやスマートフォンで実施する研修のことであり、従来の集合研修に比べて場所の制限がないことが特徴です。

さらに効果的なオンライン研修にするためには、集合研修をオンライン化するだけでなく、eラーニングによる自己学習も組み合わせたカリキュラムデザインがポイントです。

新入社員研修のオンライン化は不可避

新入社員研修のオンライン化が避けなれない背景

Y世代、Z世代比率の高まり

今入社してくる新入社員は、Z世代と言われる世代となりました。Z世代の1つ上のY世代の中堅社員層など含め、現場で働く社員の多くをY世代、Z世代が占めるようになりました。

特にZ世代はデジタルネイティブ、つまり生まれたときからデジタル技術に触れて育った世代とも呼ばれ、ネットやスマートフォンを使うことに非常に慣れており、新たな情報を獲得するためのプラットフォームとしてオンラインを活用しているのが特徴です。

分からないことがあれば「キーワードで検索」して学ぶのが当たり前の世代です。

この世代は動画で情報を得ることや学ぶことに慣れており、従来のホワイトボードとマーカーを使った説明よりも、動画やインタラクティブなオンラインプログラムを用いた方が、彼らにとって理解しやすい学習方法になっています。

組織内人材育成のあり方に変化

近年、企業の人材育成の手法も大きく変わっています。大規模な講義形式から少人数や個別のコーチング形式に移行し、従業員一人ひとりの能力開発に焦点を当てるようになっています。

集合研修では実現しきれなかったこのアダプティブラーニングが、オンラインツールを活用することでより実現できるようになってきています。

時間や場所にとらわれずに、個々のペースで学ぶことが可能で、それぞれの学習ニーズに対応できるのです。また、学習履歴をデジタル化する事で各個人の学習進度や理解度を把握しやすくなります。

社会や環境への対応

オンライン研修は、働く人々の感染症による健康リスクを軽減しながら、同時に企業活動を続ける重要な解決策として位置づけられるようになりました。

コロナ禍を通じて、働き方にも大きな変化をもたらしました。テレワークなど場所にとらわれない働き方も広まっています。研修にオンラインを活用することは遠隔地からでも研修を受けることを可能にし、企業としても研修の効率化やコスト削減に貢献します。


このような変化がある中でも多くの企業では、学び方、教え方、教育ツール、教育体系が変化していませんでした。環境が変化しているのに、社内が変化していない場合、そこにGAPが生まれます。

このGAPにいち早く気付き、変化に合わせた対応を実施することが急務です。すでに、コロナ禍を契機に、従来の学び方、教え方、教育ツール、教育体系を見直し、新たな取り組みを始める企業も増えています。

▼変化に合わせた学習環境を構築し若手社員の離職防止を図ることも重要です。下記で解説しています。⇒若手社員の離職防止をするには?効果的な取り組みや定着を支援するツールも紹介!

  若手社員の離職防止をするには?効果的な取り組みや定着を支援するツールも紹介! 若手社員の離職が頻繁に発生すると、未来を担う人材の育成が進まず、将来的に企業が成長できない可能性があります。若手社員の離職を防止するためには、理由の把握と改善のための施策が必要です。退職理由、離職を防止するための取り組みなどについて解説します。 株式会社LDcube


新入社員研修のこれまでとこれから

新入社員研修のこれまでとこれから画像

新入社員研修において、2019年度の研修が多くの組織で最も効果的なものであったと思われます。なぜなら、それまでの長い年月をかけてその効果を最大化するよう試行錯誤を重ねてきたからです。

しかしながら、2020年のコロナショックで状況が一変し、それ以降はまだ期間が短く、研修内容の最適化が進んでいない組織が多いのが現状です。
 
感染症の蔓延など、その時々の社会状況によって、新入社員が一堂に会することが可能かどうかを基準に、研修のカリキュラムが組まれてきたケースも多いのです。
 
これからの新入社員育成を考えた際には、集合することが可能かどうかという状況に委ねるのではなく、最適な学習方法を取り入れたカリキュラムを構成し、どんな状況下でも常に効果的な研修プログラムを提供できることが望ましいのです。

新入社員研修オンライン化のポイント

新入社員研修のオンライン化を図り最適化していく際には、学ぶ内容に合わせ、集合研修が好ましいのか、オンライン研修が好ましいのかについて検討し、組手立てていくことがポイントです。

集合研修が好ましい内容

  • 1人ではできない実技を伴うもの(参加者の熱量や会場の雰囲気など含む)
    名刺交換、チーム演習 など
  • 一定のスペースが必要な実技を伴うもの
    廊下でのすれ違い方、工作実習 など
  • 機械や装置など実機が必要なもの
    工場にある大型機械の使い方
    建設現場での道具の使い方 など
  • コミュニケーションなど対人関係に関わるもの

 

オンライン研修が好ましい内容

  • 新しい知識などのインプット学習
    自社の事業概要や制度、仕組み
    コンプライアンスやハラスメント
  • 一度で覚えらず繰り返し学習が必要なもの
    商品知識やセールストーク 
    ビジネススキル(アカウンティング基礎など) など
  • 1人で演習・練習できるもの
    PCセットアップやビジネス文書
    システムの使い方 など
  • 危険な場所での作業シミュレーションなど

▼新入社員研修のオンライン化にむけては動画を中心としたコンテンツ作成が課題とあります。研修用動画コンテンツ作成については下記にまとめています。合わせてご覧ください。

研修用動画コンテンツ資料

オンライン新入社員研修のテーマ

新入社員研修がオンライン化されるからといって、これまでの研修と学習内容が大きく異なることはありません。

従来の研修と同じように、オンライン新入社員研修では以下のテーマについて学習することをおすすめします。

  • ビジネスマナーの基本:言葉遣い、敬語/挨拶、お辞儀/ビジネス電話/名刺交換、接遇/ビジネス文書、メール など
  • 仕事の基本心得:チームワーク、コミュニケーション、報連相、PDCA など
  • 組織人としての心得:学生と社会人の違い/社会人としての心構え/私の会社の役割 など

新卒社員は学校を卒業したばかりであるため、ビジネスマナーの基本を学ぶことが重要です。

言葉遣いや電話の対応方法、名刺交換の正しい方法など、社会人として必要なビジネスマナーは欠かせません

また、仕事においてはチームワークやコミュニケーションが業務効率や生産性を左右するため、報連相やPDCAサイクルの基本知識を身に付けておくことが大切です。

学生と社会人では自分が担う役割や心構えが異なるため、組織人として心得ておくべきことも研修に組み込むことをおすすめします。

▼新入社員研修のカリキュラムについては下記で解説しています。合わせてご覧ください。
⇒新入社員研修のカリキュラム作成!効果を最大化するポイントを紹介

  すぐに分かる新入社員研修のカリキュラム作成!効果を最大化するポイントを紹介 新入社員研修は、新入社員の定着と即戦力化させるための重要なプロセスです。研修の効果を最大化には、これまでのやり方をゼロベースで見直し、企業と新人のニーズや目標に沿ったカリキュラムの作成が必要です。1カ月間の教育内容・カリキュラムの事例を取り上げ、作成の流れ、重要ポイントなどについて詳しく解説します。 株式会社LDcube


オンライン新入社員研修、成功の秘訣

ここでは、オンライン新入社員研修を成功させる秘訣を4つ紹介します。

①ブレンディッドラーニングの導入

新入社員研修のすべてがオンライン研修に向いているわけではありません。

対面での集合研修や個別学習など複数の学習方法を組み合わせたブレンディッドラーニングを取り入れることで、より効果的に新入社員研修が実施できます

ブレンディッドラーニングはさまざまな学びを組み合わせて新たな学びを構築することで、学習効果やパフォーマンスを最大化する学習方法です。

インプットだけでなくアウトプットさせることも意識して、研修の中でさまざまな経験をすることにより深い学びにつながります。

オンライン研修や集合研修、eラーニングや個別学習など、必要に応じて学習方法を変えることで、新入社員のニーズに合った学びが提供できるようになります。

②受講者同士のコミュニケーション促進

オンライン新入社員研修では、受講者同士のコミュニケーションを促進するための取り組みが必要です。

グループワークやディスカッション、ゲーミフィケーションなどを取り入れることで、受講者同士のコミュニケーションを活性化させられます

効果的に取り入れることで、出社後も円滑なコミュニケーションを図れるようになり、業務の効率化や生産性の向上が期待できます。

▼以下の記事で新入社員研修のグループワークについて解説しています。合わせてご覧ください。
⇒新入社員研修でおすすめグループワーク・ゲームを紹介!満足度と理解度向上!

  新入社員研修でおすすめグループワーク・ゲームを紹介!満足度と理解度向上! グループワークは通常の講義形式の研修とは異なり、社員が楽しみながら学習したり会話したりすることができるため、自然なコミュニケーションが図れます。新入社員研修にゲームを取り入れ、コミュニケーションを活性化させることで研修に対するモチベーションや人間関係の構築を促すことが可能です。今回は新入社員研修にグループワークを活用するメリットやおすすめのワークについて解説します。 株式会社LDcube


③研修講師によるフォローとフィードバックを強化する

オンライン新入社員研修はただ実施するだけではなく、研修終了後に研修講師による適切なフォローとフィードバックが必要です。

受講者一人一人に対して適切なフォロー、フィードバックをすることで、成長目標が明確になり、モチベーション向上につなげられます

学習プラットフォームを活用することで、受講者の学習度合いを可視化や分析、データ収集などができるため、オンライン新入社員研修の学習効果をより高められる可能性があります。

④受講しやすい環境を整える

オンライン新入社員研修を成功させるのであれば、受講しやすい環境を整えることが大切です。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどマルチデバイスに対応させることはもちろん、安定した通信環境の整備は欠かせません

しかし、受講者によっては安定した通信環境にアクセスできないケースも想定されます。事前に接続テストなどをして状況を把握し、研修に備えておくことが重要です。

在宅でも学べるeラーニングや教材のダウンロード、講座のアーカイブ配信に対応するなどして、いつでもどこでも受講できる体制を整えておくことでより受講しやすくなるはずです。

▼新入社員研修での動画活用については下記で解説しています。合わせてご覧ください。
⇒新入社員研修で動画を活用するメリット!コンテンツの形式や特徴を解説

  新入社員研修で動画を活用するメリット!コンテンツの形式や特徴を解説 近年の新入社員研修はさまざまな学習方法が取り入れられています。新入社員研修で動画が使用されるケースは珍しくなく、適切に取り入れることで学習の質が向上する可能性があります。この記事は、新入社員研修における動画コンテンツの概要や形式、活用するメリットやおすすめのツールについて詳しく解説します。 株式会社LDcube

離職防止資料

新入社員研修オンライン化 詳細事例

新入社員研修にオンラインを取り入れ、集合研修とオンライン研修を組み合わせて効果的な新入社員研修を展開している事例について、具体的なスケジュールも交えて紹介します。

食品メーカー 新人研修のケース(約15名)
 
【背景】
オンライン新人研修の質の向上(eラーニング等の一方的な配信からの脱却)を目指していた
 
【新たな取り組み】

  • 自己学習用のコンテンツ作成
  • 外部コンテンツ(eラーニング活用)
  • 社内集合研修、外部講師集合研修との組合せ
  • ラーニングプラットフォームで一元管理
  • オンラインならではの要素を取り入れる(AIコーチング)
  • 約一か月間のカリキュラムの見直し

【詳細事例】新入社員研修 1~5日目

新入社員研修オンライン化詳細1~5日目

本カリキュラムでは、内容ごとに色分けしています。

緑色の部分は自社の事柄について教えるために自社で作成した自社のデジタルコンテンツです。動画を中心に理解度クイズや意見投稿のコンテンツを用意しています。

薄紫色の部分はビジネスマナーなど社会人の基礎について一般的な内容を網羅した外部の研修機関が提供するデジタルコンテンツです。動画を中心に理解度クイズや意見投稿のコンテンツを用意しています。

灰色の部分は社内でファシリテートして行う、グループワークです。オンラインで行うものと集合研修で行うものと両方あります。

濃い紫色の部分は外部講師による研修です。今回、外部講師が必要な部分については、集合研修をメインに構成しました。集まることでより効果的と考えられる内容を厳選しています。

青色の部分は自己学習です。自分で練習することをベースにした学習時間として設定しています。自己紹介の練習やプレゼンテーションの練習など、オンラインツールを活用しながら自分自身でスキルを磨く時間です。

これらの要素を組み合わせて、オンラインを中心に、一部は集合研修も取り入れた14日間の研修カリキュラムを最適化しました。

【1日目(集合)】
午前中は、会社概要・グループ会社の概要などの自社の事柄についてデジタルコンテンツで学びます。続いて、PCやスマホの配布、ラーニングプラットフォームへのログインなどを行います。そして「仕事の理解」についてデジタルコンテンツで学びます。 午後は、ワークショップスタイルで新入社員研修全体のカリキュラムの説明や進め方の案内、全体を通じて行っていく「会社PRポスター作成」の課題について案内し、実際のワークに取り組みます。
 
【2日目(オンライン)】
午前中は、「ビジネスマナー」「電話応対」について外部のデジタルコンテンツで学んだ後、オンラインで学びの共有についてのグループワークに取り組みます。 午後は、自社の各部署や業務についてのコンテンツについて学びます。その後、グループワークとして「会社PRポスター作成」のワークに取り組みます。
 
【3日目(オンライン)】
午前中は「自己管理」「自己理解」「リーダーシップ入門」について外部のデジタルコンテンツで学んだあと、オンラインで学びの共有についてのグループワークに取り組みます。 午後は、自己紹介についてオンラインでロープレ練習に取り組み、自分の自己紹介動画の提出を行います。自分の自己紹介動画を提出した後、他の受講者の提出した自己紹介動画を視聴して、誰の自己紹介動画が印象に残ったかを投票します。 その後、「期待管理」について外部のデジタルコンテンツで学習します。そして、その前に行った自己紹介動画の投票について、結果発表を行い、表彰式を行います。このような自分が取り組んだことについて評価されるなどの結果がついて回るということを体験的に学びます。最後は「自社商品理解」についてデジタルコンテンツで学習します。

【4日目(集合)】
午前中は自社商品実習として、食品メーカーならではの調理実習に取り組みます。集まらなければできないことについては集まって実施します。
午後は「ビジネスの言葉遣い」について外部のデジタルコンテンツで学習した後、グループワークで「会社PRポスター作成」に取り組みます。最後に自社の社史についてデジタルコンテンツで学習します。集合スタイルであってもデジタルコンテンツを活用した研修進行は研修品質を維持することに貢献します。

【5日目(オンライン)】
午前中は「人間関係管理」「コミュニケーション入門」について外部コンテンツで学習します。その後、グループワーク「会社PRポスター作成」に取り組みます。
午後は、自己紹介のロープレの次のステップとして「地元紹介」をテーマにロープレの練習を行って、動画提出します。その後、他メンバーのロープレ動画を視聴し投票します。
最後に、最後に自社の社史についてデジタルコンテンツで学習します。

【詳細事例】新入社員研修 6~10日目

新入社員研修オンライン化詳細6~10日目

【6日目(オンライン)】
午前中は前日に取り組んだ地元紹介のロープレの投票についての結果発表を行います。その後、「プレゼンテーション」について外部コンテンツで学習します。
午後は、社史についてデジタルコンテンツで学んだあと、3日間かけて学んできた「社史」についてグループワークで整理して、発表する準備を進めて行きます。
 
【7日目(オンライン)】
午前中は「プレゼンテーション」についての外部コンテンツ学習の続きに取り組みます。その後、グループワーク「会社PRポスター作成」に取り組みます。
午後は、ロープレ第3弾として「おすすめの食べ物・料理紹介」をテーマにロープレの練習を行い、動画提出、他メンバーの動画視聴、投票、結果発表まで行います。最後にグループワークで社史学習のまとめとして、これまで学習してきた社史についてグループごとに発表を行います。
 
【8日目(集合)】
午前中はこれまで継続してグループワークで取り組んできた「会社PRポスター作成」の集大成としてグループごとに発表を行います。
午後はワークショップとして、これまで学習してきたビジネスマナー(名刺交換)やコミュニケーションなどについて集まってしかできないワークショップに取り組み、理解を深めながら実技スキルを学びます。
 
【9日目・10日目(オンライン)】
9日目・10日目は両日とも同じ構成で学習します。午前中は「法務・コンプライアンス」「ストレスマネジメント」について外部コンテンツで学習し学びを共有します。
午後は製造工程について自社のデジタルコンテンツで学習し学びを共有します。

【詳細事例】新入社員研修 11~14日目

新入社員研修オンライン化詳細11~14日目

【11日目(集合)】
午前中はこれまでの学習の振り返りを行いながら、新たな課題「自社の新規事業を考える」についての説明と、実際のグループワークに入っていきます。
午後も引き続き、新たな課題についてのグループワークに取り組みます。
 
【12日目(オンライン)】
終日通して、グループワーク「自社の新規事業を考える」に取り組みます。
 
【13日目(オンライン)】
午前中はこれまで学習してきた自社のオンラインコンテンツについての復習の時間に充てます。午後はグループワーク「自社の新規事業を考える」のグループごとの発表を行います。
 
【14日目(集合)】
午前中、辞令発表を行います。配属職場の発表です。その後各種手続き関係について説明をして研修は終了となります。午後から翌日にかけては、配属先への移動や引っ越しなど、実際の業務を開始します。

研修用動画コンテンツ資料

新入社員研修の質と効率を向上する

新入社員研修の質と管理効率を向上させたいのであれば、学習プラットフォームの『UMU』がおすすめです。

UMUは単なるeラーニングを配信するためのツールではなく、講師と受講者もしくは受講者同士がコミュニケーションを図りながら学べる学習プラットフォームです

通常のeラーニングや集合研修とは異なり、一方的な学習にならないため研修内容を理解しないまま終わってしまうリスクを軽減できます。

上記の事例にもあった、自己学習時のロープレトレーニングはUMUのAIコーチング機能とアンケート機能を活用して展開しています。

AIコーチングデモシーン

(AIコーチング実演シーン)

また、UMUでは受講者の進捗状況や出席状況などの管理ができ、データとして見える化できるため、研修後のフォローやフィードバックがしやすくなります。

研修業務における管理効率を向上させられるため、教育・研修担当者の負担を軽減することも可能です。

▼新入社員が営業職の場合、UMUを活用すると研修の効果性を高められます。下記で解説しています。⇒UMUを使った新時代の営業研修は新人からの導入がおススメな理由を徹底解説!

  UMUを使った新時代の営業研修は新人からの導入がおススメな理由を徹底解説! コロナ禍をきっかけに営業研修の在り方を見直している企業も多いことでしょう。オンライン研修を取り入れたり、ラーニングプラットフォームUMU(ユーム)を取り入たりする企業も増えました。ただ、新しい学習方法には社内での抵抗が出るのも現実です。 本記事では営業研修にUMUを取り入れる際のポイントを徹底解説します。 株式会社LDcube


まとめ

この記事では、新入社員研修のオンライン化について以下の内容で解説しました。

  • 新入社員研修はオンライン化できる!
  • オンライン新入社員研修のテーマ
  • オンライン新入社員研修を成功させる秘訣
  • 新入社員研修の質と管理効率を向上するUMU

あらゆる企業で実施されている新入社員研修はオンラインで実施することが可能です。

オンライン化することで従来の研修では得られなかったコミュニケーションの双方向性や適切なフィードバックなどができるようになり、研修の質を向上させ、効果的なスキル習得につなげられます。

しかし、オンライン研修は単に実施するだけでは期待するような効果が得られない可能性もあるため、環境の整備や方向性の決定を行ったうえで実施することが大切です。

LDcubeは『UMU』の戦略パートナーであり、ゴールドパートナーです。

実際にUMUを運用している経験値を踏まえ、企業における効果的な運用とパフォーマンス向上を徹底的にサポートします。

UMUの運営のみならず、講師派遣による研修会や新入社員を受け入れる管理職対象の研修や学習コンテンツの提供

効果的なコースのデザインや学習方法、起こり得るトラブルの解決策など、新入社員研修を円滑に進めるための提案を行うため、導入が初めての場合でも安心です。

無料でのデモ体験会や実績や事例の紹介なども行っています。詳しくは、お気軽にご相談ください。

▼関連資料はこちらからダウンロードできます。

UMU資料

離職防止資料

研修用動画コンテンツ資料

社員研修企画と実施資料

▼関連記事はこちらから。

  OJT放置のリスクと対処法!新人の退職を防ぎ効果的に育成するコツ! 新入社員教育のOJTがうまく機能しないと企業の業績に影響が出ることをご存じですか?本記事では、新入社員のOJTが放置されがちな理由と、放置されることのリスク、そしてその改善策について詳しく解説します。最適な新入社員教育システムの構築に役立ちます! 株式会社LDcube
  オンボーディング(新人研修)とは?重要な取り組みと導入ステップ オンボーディングは新入社員研修における方法のひとつで、社員の定着率向上や早期戦力化などが期待できることから、企業で取り入れられています。しかし、実施したいと思っていても概要や目的が分からず、実行に移せないという担当者もいるのではないでしょうか。本記事ではその概要やメリット、目的や具体的な取り組み、導入ステップについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  効果的なOJTとは?意味と目的、新時代の学習環境の作り方を解説 OJTは、企業内で具体的な仕事を通じて、社員を育成する社員教育法の1つです。本記事では、その意味や目的、効果、そしてOJTの活用方法について詳しく解説します。そして、これからの時代に合わせたOJTのあり方や新時代に合わせてバージョンアップすることで享受できるメリットについても紹介します。 株式会社LDcube
  オンボーディングプログラムとは?プログラム構築のポイントやメリットを解説! オンボーディングプログラムとは、新入社員や中途社員など企業に入社した人が、新しく仕事を覚えたり、組織になじみやすくしたり、即戦力化して活躍できるようになるための人材育成施策です。オンボーディングの意味やポイントやメリットを解説します。 株式会社LDcube
  オンボーディングとOJTの違いとは?異なる目的や取り組みを理解しよう! 社員教育の一環として、オンボーディングやOJTなどの取り組みが企業で行われています。自社の方針やニーズにあった手法を選ぶためには、まずそれぞれの違いを把握しておくことが重要です。この記事では、それぞれの概要、従来の集合研修との相違点など含めて、オンボーディングに役立つ要素について詳しく解説します。 株式会社LDcube
  レジリエンス研修とは?実施で得られる効果と代表的な5つの要素 さまざまなストレスや逆境に直面しやすい現代のビジネスシーンでは、困難な状況でも立ち向かって前に進む力、つまり、高いレジリエンスを持った人材が必要です。そんな人材育成のためにはレジリエンス研修が有用です。研修の概要や得られる効果、代表的な要素について詳しく解説します。 株式会社LDcube
  【人事担当者必見】モチベーション低下による退職を防止する5つの取り組み 近年、社員の退職の増加が企業の課題になっています。モチベーション低下や退職を防止するためには、原因をしっかり理解して防止するための取り組みを行うことが重要です。この記事では、やる気低下の原因と対策、高めるためのポイントについて解説します。 株式会社LDcube
  【人事担当者必見】離職防止に効果的な取り組み7選!おすすめツールも紹介! 企業では将来性のある人材の離職防止に向けた具体的な取り組みが求められています。離職防止に効果的な取り組みとしては、従業員のニーズを捉えた労働環境や人事評価制度の見直し、各種研修の整備による成長支援などが挙げられます。この記事では、離職防止に効果的な取り組み7選と離職防止におすすめのツールを紹介します。 株式会社LDcube
  エンゲージメント研修とは?おすすめのカリキュラムと成功させる秘訣 従業員の定着率向上や企業の成長につながるとして、エンゲージメントの重要性が認識されはじめています。エンゲージメントを向上させるためには、研修の実施がおすすめです。今回は、研修プログラムの概要と実施すべき企業や組織の特徴、おすすめのカリキュラムなどについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  【人事担当者必見】従業員エンゲージメントとは?向上につながる5つの施策 従業員エンゲージメントは、個人のモチベーションやパフォーマンス、組織の労働生産性などに影響する重要なものです。組織の持続的な成長に従業員エンゲージメントは欠かせない要素であるため、さまざまな施策を通じて向上させる必要性があります。この記事では、従業員エンゲージメントの向上につながる5つの施策を詳しく紹介します。 株式会社LDcube
  eラーニングを活用した効果的な社員研修とは?トレンドやポイントを紹介! eラーニングは従来の研修のように、学習者を一つの会場に集めたり決まった時間に実施したりする必要がないため、さまざまなシーンで活用されています。eラーニングを活用した効果的な社内研修のトレンドや展開方法、ポイント、おすすめのLMSについて解説します。 株式会社LDcube
  研修用動画コンテンツの作り方!効果的に作成するポイントやコツなどを解説! 研修用の動画コンテンツをどのように作成したらよいか?という悩みをよく耳にします。本記事ではコストをかけずに、既にある研修の機会などを活用し、教育しながら動画コンテンツの作成を進めていくポイントを解説し、得られるメリットも紹介します。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事