【人事担当者必見】従業員エンゲージメントとは?向上につながる5つの施策


従業員エンゲージメントは、個人のモチベーションやパフォーマンス、組織の労働生産性などに影響する重要なものです。

組織の持続的な成長に従業員エンゲージメントは欠かせない要素であるため、さまざまな施策を通じて向上させる必要性があります。

この記事では、従業員エンゲージメントの向上につながる5つの施策を詳しく紹介します。


目次[非表示]

  1. 1.従業員エンゲージメントとは
  2. 2.従業員エンゲージメントを構成する3要素
    1. 2.1.①企業理念やビジョンへの理解度
    2. 2.2.②企業理念やビジョンへの共感度
    3. 2.3.③企業の業績向上に対する行動意欲
  3. 3.従業員エンゲージメントが高い組織と従業員の特徴
  4. 4.企業が従業員エンゲージメント向上に努めるべき理由
    1. 4.1.①離職率の抑制
    2. 4.2.②組織全体の労働生産性の向上
    3. 4.3.③顧客満足度アップにつながる
    4. 4.4.④従業員個々のモチベーション向上
  5. 5.従業員のエンゲージメント向上につながる5つの施策
    1. 5.1.①サーベイツールを活用したエンゲージメントの見える化
    2. 5.2.②ワークライフバランスの促進
    3. 5.3.③上司からの適切なフィードバックとフォロー
    4. 5.4.④公平性のある人事評価制度の運用
    5. 5.5.⑤承認・感謝・称賛の文化を浸透させる
  6. 6.エンゲージメント向上と学習管理ならCK-Connect
  7. 7.まとめ


従業員エンゲージメントとは

従業員エンゲージメントとは、従業員が企業理念や経営方針に共感し、組織の業績向上に自発的に貢献したいと思う意欲のことです

エンゲージメントには『誓約・約束・契約』といった意味があり、企業に対する従業員の信頼度や愛着度、つながりの強さを示す言葉でもあります。

従業員エンゲージメントを高めると仕事や成長に対するモチベーションが向上するため、組織の活性化や労働生産性の向上が期待できます。

組織の業績アップにも影響する要素のため、企業では従業員エンゲージメントを適切に管理することが求められます。


従業員エンゲージメントを構成する3要素

従業員エンゲージメントは、主に理解度・帰属意識・行動意欲という3つの要素で構成されます。
ここでは、3つの要素が従業員のどのような姿勢や行動を示すのか解説します。

①企業理念やビジョンへの理解度

企業理念とビジョンは、企業の目指す方向性や核となる価値観を表すものです。

従業員が企業理念とビジョンを理解している場合、自身の仕事や役割に対する目的感や方針を把握しやすくなります

また、企業と従業員で共通の価値観や行動基準がある場合、仕事に対する納得感と満足感が生まれ、結果としてエンゲージメントが向上します。

②企業理念やビジョンへの共感度

企業理念やビジョンを理解するとともに共感していることが重要です。

企業理念とビジョンへの共感度が高い従業員は、仕事に対するやりがいや意義を感じており、高いモチベーションがあります

また、企業に対して強い帰属意識を抱くようになり、信頼性と愛着感が高まります。

③企業の業績向上に対する行動意欲

エンゲージメントが高い従業員は、自らの仕事に責任感を持っており、「組織の業績向上に貢献したい」という意欲があります。

組織の成功に対する行動意欲が高い従業員は、自己成長や問題解決にも積極的に取り組むため、生産性が向上します

また、上司や同僚と協力する姿勢があり、チーム全体で目標を達成するために一層の努力するのもエンゲージメントが高い従業員の特徴です。


従業員エンゲージメントが高い組織と従業員の特徴

従業員エンゲージメントが高い組織や従業員には、いくつかの共通の特徴がみられます。

例えば、組織内で以下のような風潮や従業員の姿勢がみられる場合、高いエンゲージメントが築かれています。

  • 従業員が組織の目標達成に貢献したいと思っている
  • 従業員が現状の配置や業務に納得している
  • 役職や階級を問わず、良好なコミュニケーションが取れている
  • 部下が上司に何でも相談しやすい環境が整備されている
  • 労働時間や残業や休暇に対する不満が少ない
  • 福利厚生に対して高い満足度がある など

従業員エンゲージメントが高いほど、仕事に対する働きやすさややりがいを感じており、経営方針にも納得しています

また、組織全体で活動やコミュニケーションが活性化しており、目標達成に向けて一貫した意欲や姿勢がみられます。


企業が従業員エンゲージメント向上に努めるべき理由

ここからは、企業が従業員エンゲージメントを適切に管理して、向上に努めるべき理由を紹介します。

①離職率の抑制

エンゲージメント向上にアプローチする取り組みは、従業員の組織に対する忠誠心と帰属意識を高めます。

エンゲージメントが高い従業員は、仕事に対して高いモチベーションがあり、長期間にわたって働く意欲が生まれるため離職するリスクが低くなります

近年、日本では少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少が深刻化しており、業界・業種を問わず、離職率を抑制する取り組みが急務とされているのが現状です。

離職率を効果的に抑制するには、エンゲージメントの低下によって離職するリスクの高い従業員を特定することが非常に重要です。

そのため、従業員エンゲージメントをツールで可視化して、適切に管理する重要性が高まっています。

②組織全体の労働生産性の向上

従業員エンゲージメントは、組織・個人の労働生産性と密接な関係にあります。

エンゲージメントが高い従業員は、自発的な行動で組織の労働生産性を向上に取り組むため、業績向上に貢献する重要な人材となります

また、積極的なコミュニケーションが周りの従業員との連携や信頼を生み出すため、組織全体が活性化するのも大きなメリットです。

チーム単位でエンゲージメント向上に努めた場合、小さなことでも意見を気兼ねなく交換できる環境が構築されます。

これにより、チーム内の人間関係によるストレスが溜まりづらく、常に高いパフォーマンスが発揮されるようになります。

③顧客満足度アップにつながる

エンゲージメントが高い従業員は、積極的に商品・サービスの品質向上に努めるため、顧客満足度アップにつながります

例えば、顧客とのやり取りで問題が発生した場合でも、企業のイメージを損ねないように適切に対応したり、周りと連携してスムーズに解決しようとしたり努力します。

組織全体でエンゲージメント向上に取り組むことで、顧客のニーズや期待により敏感なチームとなり、競合との差別化や利益改善にもつながります。

④従業員個々のモチベーション向上

従業員エンゲージメントを高めることで、従業員は「組織に対して何をすれば貢献できるか」「自分の成長のために何をすべきか」と自発的に考えて行動するようになります

従業員は明確な目標を持って日々の仕事に取り組めるようになるため、モチベーションを維持しやすくなります。

例えば、専門的なスキルの習得を目指す際、エンゲージメントの高い従業員ほど目標達成のために自発的に学習するため、より良い成果が期待できます。

また、仕事に対してポジティブな意識が芽生えるため、組織内でのコミュニケーション不足や孤独感などの解消にも効果的です。


従業員のエンゲージメント向上につながる5つの施策

従業員エンゲージメントを高めるため、企業によって多種多様な取り組みが行われています。ここでは、代表的な5つの施策を紹介します。

①サーベイツールを活用したエンゲージメントの見える化

エンゲージメントの低い従業員に対して適切なアプローチをしたい場合、エンゲージメントを可視化するサーベイツールが役立ちます。

エンゲージメントサーベイツールでは、事前に質問を設定して従業員に回答してもらい、その結果に基づいてエンゲージメントを測定できます。

組織と従業員の現状のエンゲージメントを見える化するとともに、数値化・グラフ化・過去との比較などで、改善点の抽出が可能です

エンゲージメント向上において重要なのは、調査するだけではなく、分析データを人事施策に生かすことです。

エンゲージメントを定量的に可視化・分析できるサーベイツールであれば、根拠に基づいて人事施策を計画・改善できるため、より高い効果に期待できます。

②ワークライフバランスの促進

ワークライフバランスとは、仕事と生活のバランスが取れた状態を指し、従業員エンゲージメントにも影響します。

ワークライフバランスの推進に向けた具体的な施策は以下のとおりです。

  • フレックスタイムやコアタイム制度の導入
  • リモートワーク、テレワークへの柔軟な対応
  • 有給休暇の奨励と休暇制度の整備
  • 育児休暇や介護休業の取得サポート
  • メンタルヘルスケアに向けたカウンセリングの実施
  • ストレス発散につながる社内イベントやレクリエーションの実施
  • 福利厚生の満足度調査と改善
  • 社内コミュニケーションの活性化 など

これらの取り組みは、アンケート調査の結果に基づいて優先順位を決めることが望ましいです。

③上司からの適切なフィードバックとフォロー

従業員に「この組織で長く貢献していきたい」と思わせるためには、上司からのフィードバックの質を高める取り組みが重要です。

例えば、成長に対するフィードバックでは、従業員の成長度合いやスキルの習熟度を適切に評価して、明確な成長目標を提示するのが望ましいです

フィードバックの質が低い場合、従業員が課題をどのように解決していけばよいかわからなくなり、モチベーション低下につながります。

そのため、上司のフィードバック能力を高めるための研修実施も検討しましょう。

④公平性のある人事評価制度の運用

現行の人事評価制度の実態を調査して、より公平性のある制度の運用を検討することが大事です。

なぜなら、従業員が「適正な評価を受けていない」と感じている場合、エンゲージメントが低下する可能性が高いからです。

公平性のある人事評価基準を設けて透明化することで、従業員には明確な目標をもって成長しようとする意欲が生まれます

人事評価の精度を高めたい場合には、管理職が評価者研修などを通じて、人事制度について適切に理解し、評価するスキルを身に付ける必要があります。

また、従業員が自らの活動を適切にアピールする被評価者研修なども必要です。

そのような全従業員に関わる学習環境の構築や進捗状況・成果、成長を可視化するためには、学習管理システム(LMS)の導入が推奨されます。

⑤承認・感謝・称賛の文化を浸透させる

従業員の階級や役職、立場を問わず、承認・感謝・称賛の文化をつくることもエンゲージメント向上につながります。

例えば、従業員の努力や成果を称賛する制度を新たに設けた場合、自尊心が高まり「もっと組織に貢献しよう」という意欲が生まれます

承認・感謝・称賛の文化を浸透させるためにも、従業員の良い行動や成果に対して、マネジメント層が率先して積極的なフィードバックを行うことが重要です。

フィードバックの際には、肯定的な要素に重点を置いて、従業員が達成したことや成長した点を強調します。

その際、失敗に焦点を当てるのではなく、成功に焦点を当てて成果を称賛することで従業員のエンゲージメントを高められます。


エンゲージメント向上と学習管理ならCK-Connect

LDcubeが提供する学習管理システム『CrossKnowledge CK-Connect』なら、従業員の成長目標や課題に即したパーソナライズ学習で自発的な学びを促進できます。

パーソナリティタイプ診断で従業員が自分自身を知るきっかけをつくり、診断結果に基づいて強みを伸ばし、課題を補うための推奨コースを提案します。
また、管理者に対する評価者研修や従業員に対する被評価者研修などのコースを作成して配信することも可能です。

明確な学習目標とパーソナライズ化された学習コースの提供で、従業員の仕事のパフォーマンスとエンゲージメント向上のサポートが可能です。


まとめ

この記事では、従業員エンゲージメントについて以下の内容で詳しく解説しました。

  • 従業員エンゲージメントを構成する3要素
  • 企業が従業員エンゲージメント向上に努めるべき理由
  • 従業員のエンゲージメント向上につながる5つの施策

従業員エンゲージメントは、企業理念やビジョンに対する理解度・共感度や、業績向上に対する行動意欲などを指すものです。

エンゲージメントが高い従業員は、組織と個人のために成長しようとする意欲が高く、組織の活性化や労働生産性向上などのメリットをもたらします。

CrossKnowledge CK-Connect』は、パーソナライズ診断と従業員一人一人に最適な学習コースの提供で、効率よくパフォーマンスとエンゲージメントを向上させる学習管理システム(LMS)です。

従業員が自身の強みや課題を知るきっかけをつくり、チームメンバーと良好な人間関係を築くためのアドバイスも提供します。

また、管理者に対する評価者研修や従業員に対する被評価者研修などのコースを作成して配信することも可能です。

従業員の成長支援とエンゲージメントの向上を戦略的に実行したい場合は、ぜひこの機会に魅力がわかる資料を無料でダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

  CK-Connect資料ダウンロード 自律型学習を加速し、スキル開発を最大化するCK-Connectのご紹介します。一人一人の診断結果に基づいて、各個人に推奨される学習コース「スキルパス」を通じて自発的な学習を促すことが可能です。 株式会社LDcube
  お問い合わせ| LDcube(エルディーキューブ) LDcube(エルディーキューブ)に関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。組織変革・人材育成を50年以上支援するビジネスコンサルタントが持つ集合研修の豊富な知見と、最先端の学習ツールをかけ合わせ、個人と組織に最適な「学び」をデザインし、企業様の競争力強化に貢献します。 株式会社LDcube




LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事