catch-img

新入社員研修で動画を活用するメリット!コンテンツ・教材の形式や特徴を解説


近年の新入社員研修は従来の集合研修をはじめ、オンライン研修やeラーニングなどさまざまな学習方法が取り入れられています。

新入社員研修で動画が使用されるケースは珍しくなく、適切に取り入れることで学習の質が向上する可能性があります。

研修に動画を取り入れるのであれば、コンテンツの内容や導入するメリットを知っておくことが大切です。

この記事は、新入社員研修における動画コンテンツの概要や形式、動画を活用して研修の質を高めた事例、動画を活用するメリットやおすすめのツールについて詳しく解説します。

▼動画の活用も含めた新入社員研修の効果的なカリキュラムについては下記で解説しています。
⇒新入社員研修のカリキュラム作成!効果を最大化するポイントを紹介

  すぐに分かる新入社員研修のカリキュラム作成!効果を最大化するポイントを紹介 新入社員研修は、新入社員の定着と即戦力化させるための重要なプロセスです。研修の効果を最大化には、これまでのやり方をゼロベースで見直し、企業と新人のニーズや目標に沿ったカリキュラムの作成が必要です。1カ月間の教育内容・カリキュラムの事例を取り上げ、作成の流れ、重要ポイントなどについて解説します。 株式会社LDcube

▼新入社員を即戦力化するポイントについては下記で解説しています。
⇒成果を出す新入社員の育て方とは?即戦力化の前提・ポイントを解説!

  成果を出す新入社員の育て方とは?即戦力化の前提・ポイントを解説! 企業の発展のためには、新入社員を即戦力として育成することが必須です。本コラムでは、新人育成のための前提や具体的な教育手法やポイント、事例まで含めた概要を紹介します。特にZ世代と呼ばれる20代前半以下の、現代の新人向けの研修のあり方などについて深い洞察を提供します。 株式会社LDcube

▼せっかく入った新入社員が辞めない施策も重要です。

離職防止資料

目次[非表示]

  1. 1.動画活用で新入社員研修の質を高める
  2. 2.動画を使って新入社員研修の質を高めた事例
  3. 3.新入社員研修における動画の形式
    1. 3.1.マニュアル形式
    2. 3.2.セミナー形式
    3. 3.3.インタビュー形式
  4. 4.動画を新入社員研修に活用するメリット
  5. 5.新入社員研修で活用する動画の作り方
  6. 6.新入社員研修で活用できる動画コンテンツ
    1. 6.1.コミュニケーション力啓発コース(LIFO)
    2. 6.2.enfac ベーシックコース
    3. 6.3.enfac Office 365コース
    4. 6.4.enfac Z世代・新人若手の育成コース
    5. 6.5.無料でも使える動画コンテンツはある!
  7. 7.動画を活用した新入社員研修ならLDcubeにお任せ!
  8. 8.まとめ


動画活用で新入社員研修の質を高める

動画を活用すれば、音声やストーリー性を加えることができるため、受講者がより直感的に内容を理解できるようになります。

なぜなら、新入社員研修における学習では、テキストや画像、口頭で説明するより、動画のほうがわかりやすく内容を伝えられる場合があるからです。

新入社員研修で実施されるビジネスマナーや社会人としての常識などのコースに動画コンテンツは有用であり、実際に動きや言葉遣いを見て、聞いて学べるためイメージがつかみやすいです

事前に作成した動画コンテンツがあれば、オンライン研修やeラーニングなどでも使用できるため、幅広いシーンで役立ちます。


動画を使って新入社員研修の質を高めた事例

建設コンサルタント業 新入社員研修のケース

【背景】
Withコロナ時代の中で、単にオンラインで研修を行うだけでなく、学び方のイノベーションを図りたい。


 【新たな取り組み】

  • 動画コンテンツを作成してオンライン自己学習の充実化を図る
  • 確認テストを実施して理解度を都度チェックする
  • 質問BOXを設け、随時質問があれば入力してもらう
  • オンライン協調学習のセッションで演習や質問BOXに入力された質疑応答を行う


【結果】
受講の満足度は? 理解度は?   2019年度までは集合研修をベースに新入社員研修を実施していましたが、コロナ禍に突入した2020年度は新入社員研修を実施できませんでした。

2021年度はオンラインで新入社員研修が実施できるように準備を進めました。

オンラインで行った新入社員研修の効果について、受講者の満足度と理解度の観点から効果測定しています。

動画を使った新入社員研修の満足度アンケート結果

2019年度と2021年度の研修の満足度のアンケートデータの比較における満足度を見てみましょう。

研修のテーマごとに受講者のアンケートを取っています。

2019年度までの研修アンケートと2021年度の研修アンケート結果を比べると、大きな差が出ています。 (2020年度は研修未実施のためデータなし)

2019年度までは研修の満足度に関して、5段階中で4をつける人がボリュームゾーンでしたが、2021年度は5をつける方がボリュームゾーンとなりました。

受講者の研修満足度が大きく高まった結果となりました。 また理解度については、毎年テーマごとに試験を実施しています。

動画を使った新入社員研修における理解度試験の結果比較①


新入社員の中には、ある分野について大学時代に学習したことがある履修者と、学習したことがない初学者が混在しています。

例年の傾向として、初学者は得点が低く、履修者は得点が高い傾向にありました。  

2021年度の試験は下記のような結果になりました。

動画を使った新入社員研修における理解度試験の結果比較②

初学者の得点が低く、履修者の得点が高いという傾向は存在しますが、その差はあまりなく、初学者が履修者に追いついてきているという結果になりました。

オンラインで効果的な学習環境を構築してきたことで、受講者の満足度も理解度もどちらも高めることに成功しました。

今回のケースの場合、カリキュラム作成に当たり下記に取り組みました。

【新たな取り組み】

  • 動画コンテンツを作成してオンライン自己学習の充実化を図る
  • 確認テストを実施して理解度を都度チェックする
  • 質問BOXを設け、随時質問があれば入力してもらう
  • オンライン協調学習のセッションで演習や質問BOXに入力された質疑応答を行う


※上記について、ラーニングプラットフォームUMU(ユーム)を活用して展開。カリキュラムの効果測定をしたところ、受講者の満足度、理解度ともに良い結果を得ることができ、動画を活用した新たなカリキュラムが効果的であるということを証明することができました。

研修用動画の作り方資料

新入社員研修における動画の形式

ここでは、新入社員研修における動画コンテンツの主な形式を3つ紹介します。

  • マニュアル形式・・・文字で読むより直感的にイメージがつかめる
  • セミナー形式・・・業務に関することを座学で学べる
  • インタビュー形式・・・・企業理念や社風、実際に働く人の考えなどが伝えられる

マニュアル形式

マニュアル形式の動画とは、これまで紙やテキストで使用してきたマニュアルを動画化したものです。

営業や接客、販売時の対応方法などに有用であり、文字で読むより直感的にイメージがつかめるようになります

また、機械やツールの操作方法を学んでもらう手段としてもマニュアル形式の動画は便利であり、必要な知識やスキルの早期習得が期待できます。

マニュアル形式の動画は仕事の様子や対応を視覚的、聴覚的に学べるため効率的に学習することが可能です。

セミナー形式

セミナー形式の動画とは、講師1人が複数の受講者に向かって講義を行う形式の動画コンテンツです。

ビジネスマナーや社内ルールの定着などに適しており、業務に関することを座学で学べる特徴があります

講師1人を単体で撮影もしくは実際の会場で行われたセミナーを撮影して、動画コンテンツとして使用することが可能であり、動画コンテンツのなかでも比較的作成しやすいです。

インタビュー形式

インタビュー形式とは、実際の上司・先輩が働く様子や仕事に対する思いなどを語ってもらう動画コンテンツです。

インタビュー形式の動画は企業理念や社風、実際に働く人の考えなどが伝えられるため、組織をより身近なものとして認識してもらえます。

また、配属先の雰囲気や社員の様子などを知ることができるため、組織・部門になじみやすい環境をつくることができます。

研修用動画の作り方資料

動画を新入社員研修に活用するメリット

新入社員研修に動画コンテンツを活用することで、以下のようなメリットが生まれます。

  • 新入社員の学習満足度向上につながる
  • 新入社員の理解度向上につながる
  • 高品質で再現性のある研修ができるようになる
  • 事務局の負担を軽減して効率を向上させる
  • 配属後の継続的な学習・復習に活用できる

動画コンテンツは受講者それぞれのペースで学習できるため、研修でありがちな「やらされている感」が生まれにくいです。

必要に応じて何度も見返すことも可能なため、学習内容の理解度向上も期待できます。

動画コンテンツであれば講師のコンディションやスキルに研修が左右されないため、毎回高品質で再現性のある研修が実施可能です

また、研修のおける事務局の負担が軽減されるため、業務の全体的な効率の向上が期待できます。

動画コンテンツにいつでもアクセスできる環境が整っていれば、配属後も継続的な学習や復習ができるため、自律的な学びにつながります。

▼新入社員研修では動画の活用のみならず、グループワークも重要です。グループワークについては下記で解説しています。⇒新入社員研修でおすすめグループワーク・ゲームを紹介!満足度と理解度向上!

  新入社員研修でおすすめグループワーク・ゲームを紹介!満足度と理解度向上! グループワークは通常の講義形式の研修とは異なり、社員が楽しみながら学習したり会話したりすることができるため、自然なコミュニケーションが図れます。新入社員研修にゲームを取り入れ、コミュニケーションを活性化させることで研修に対するモチベーションや人間関係の構築を促すことが可能です。今回は新入社員研修にグループワークを活用するメリットやおすすめのワークについて解説します。 株式会社LDcube

新入社員研修で活用する動画の作り方

新入社員研修で活用する動画の作り方について一般的なフローを紹介します。

下記のように進めることで動画を作成することができます。

ただし、スマホ1つで動画撮影ができる時代であること、社内利用であることなどを踏まえるともっと簡略化してもよいと思います。


【動画作成の流れ】


目的の設定:何を伝えたいか、動画を通じて新入社員がどのような学びや理解を得て欲しいのかを明確に定めます。これが全体の枠組み作成の原点となります。


シナリオ・ストーリーボード作成:実際にどのようなシーンをどの順番で見せるか、あるいは何を話すかを詳細に設計します。動画の流れを大まかに図示すれば、より具体的にイメージができます。


コンテンツ収集:必要となる情報、画像、映像、音声などの素材を集めます。使用する素材には著作権に留意する必要があります。


撮影・録音:自社でオリジナルの映像や音声を使いたい場合は、撮影・録音を行います。スタジオを借りたり、プロに依頼したりすることもあります。


編集:まずは集めた素材を基に一次編集を行います。全体の流れが出来上がったら、細かな編集・調整を加え、最終的な完成形に近づきます。


レビュー・フィードバック:完成した動画を関係者に見てもらい、フィードバックを得ます。その意見をもとに修正・改善を行います。


ファイナルチェック:全ての編集が完了したら、最終的な確認をします。ここで漏れやエラーなどがないかしっかりと確認しましょう。


公開・利用:完成した動画を研修で活用します。具体的な利用方法は、研修の進行や新入社員の反応を見ながら調整することもあります。

※動画を使って効果的な学習につなげるためには、効果的な学習につなげることのできるプラットフォームに載せて運用することが重要です。動画を配信しただけでは効果的な学習にならないので注意が必要です。

動画制作は専門的なスキルが必要ですが、基本的なプロセスを把握しておくと、計画的に作業を進めることができます。

効果的な研修動画にするためには、どの部分を重視して伝えるか、メッセージが伝わりやすい表現方法は何か等、事前によく考えることが必要です。

研修用動画の作り方資料

新入社員研修で活用できる動画コンテンツ

新入社員研修で活用できる動画コンテンツを紹介します。下記動画コンテンツコースはLDcubeから提供することが可能です(有料)。興味ある方はこちらからお問い合わせください。

  • コミュニケーション力啓発コース(LIFO)
  • enfac ベーシックコース
  • enfac Office 365
  • enfac Z世代・新人若手育成コース
  • 無料でも使える動画コンテンツはある!(YouTube動画を2つ紹介)


コミュニケーション力啓発コース(LIFO)

LIFOコース

人間の4つの行動スタイルと「強み」を理解し、オンラインサーベイで自分自身の行動スタイルと「強み」を把握し、「強み」を生かす方法を学習することで、対人コミュニケーションの質を高め、職場の問題解決に役立ちます。

Chapter 1. LIFOとは
・LIFOとは ・対人関係の社会的能力 ・自己理解を行う方法 ・LIFOサーベイ 
・LIFOスコアの共有 ・サーベイ結果の見方 ・LIFOの基本コンセプト

Chapter 2. 強みの確認

・LIFOにおける4つのスタイル  ・4つのスタイルの特徴 ・自分のスタイルを知る 
・自身の強みをまとめる ・お互いの違いを認め合う ・強みを生かせる環境 ・最善の環境を探る

Chapter 3. 強みの過剰使用を緩和する
・強みの使用状況とパフォーマンス ・強みの過剰使用を緩和する ・平常時とストレス時における過剰使用緩和の違い ・緩和のための行動指針 ・緩和の実践に向けて

Chapter 4. 未使用の強みを拡張する
・未使用の強みを伸ばす ・アプローチ① 新しい窓からの見方を探す ・アプローチ② 嫌いな強みの良さを見直す ・アプローチ③ 他者の強みを活用する ・拡張の実践に向けて

Chapter 5. 対人コミュニケーションに応用する
・コミュニケーションのギャップを埋める ・効果的なコミュニケーションにつながる2ステップ 
・相手のスタイルを知る手掛かり ・相手に合わせたアプローチ ・コミュニケーショントレーニング

▼コミュニケーション(LIFO)コースのサンプルはこちらからご覧いただけます。

enfac ベーシックコース

受講対象

•        基本スキルのバラつきを解消する必要がある入社前の内定者
•        ビジネスパーソンとしての基本スキルを獲得が必要な新卒・若手社員
•        社内外に説得力を伴った判断・表現が必要な中堅社員

学習効果

•        ビジネスパーソンに必要な知識を体系的に効率よく学習可能
•        各分野の専門家による要点をまとめた密度の高い内容

コースラインナップ

コースラインナップ •	プレゼンテーション •	ロジカルシンキング •	モチベーション基礎  •	マナー基礎・接遇1 •	マナー基礎・接遇2 •	アカウンティング •	ストレスマネジメント •	法務・コンプライアンス  •	マーケティング

(出展:株式会社アントレプレナーファクトリー

enfac Office 365コース

enfac Office365コース

(出展:株式会社アントレプレナーファクトリー

『enfac Office 365』は、全てのビジネスパーソンに必要不可欠なWord,Excel,PowerPointに加えて、Windowsの活用方法やコミュニケーションツールTeamsについても経験豊富な専門家によるレクチャーで学習できます。1本あたり3~8分程度の短い動画で、スキマ時間に手軽に効率よく学習し、業務のスピードを上げることができます。

受講対象

  • 内定者、新人のスキルを標準化させたい方
  • 若手・中堅の業務スピードを向上させたい方

学習効果

  • 内定者・新人・中途入社の知識のバラつきを防げます
  • ビジネスで頻出のケースを学習できます
  • 効率の良い社内教育を実現できます

コンテンツ内容

  • Word基礎
  • Word応用
  • Excel基礎
  • Excel応用
  • PowerPoint基礎
  • PowerPoint応用
  • Teamsの基本
  • Windowsの活用

enfac Z世代・新人若手の育成コース

Z世代・新人若手の育成コース

(出展:株式会社アントレプレナーファクトリー

Z世代と、それ以前とでは考え方や価値観が大きく異なることから、仕事への取り組み方や、信頼の築き方まで変わってきます。

そのため、従来と同じ育成やマネジメントをしていては、エンゲージメントの低下や離職に直結することになります。

このコンテンツでは、Z世代と仕事を進める上で知っておくべき関わり方や、違いを許容するリーダーシップについて解説します。

これからの時代を担う世代のニューノーマルを理解し、日々のマネジメントや人材開発に活かしていきましょう。
 
この学習で期待される効果・特徴

  • Z世代の価値観を理解する
  • 若手と健全な職場コミュニケーションをとる
  • コーチングとフィードバックを使い分け、内省を支援する

対象者

  • 新入社員の育成担当者・OJTリーダーなど
  • 新入社員が配属される職場の中堅社員
  • 管理職・新入社員の直属上長

リアルから読み解くZ世代(6本)

講師紹介・研修目的、イマドキ新人若手の世代区分、Z世代の歩み、Z世代を捉える5つの特徴①、Z世代を捉える5つの特徴②、今求められるニューノーマルな育成

「信頼」を築く関係性のデザイン(5本)

関係の質から始める 成功循環モデル、Z世代が関係性に求めること、Z世代と信頼を作る共感型コミュニケーション①、Z世代と信頼を作る共感型コミュニケーション②、Z世代と信頼を作る共感型コミュニケーション③

「自律」を促す経験のデザイン(8本)

経験学習モデルとは、経験機会を渡す-効果的な経験機会の創出、経験機会を渡す-成長を促す3要素、内省・持論化とは、内省を促す-効果的な内省方法(コーチング)、内省を促す-効果的な内省方法(フィードバック)、職場ぐるみの経験学習共創モデル、まとめ

無料でも使える動画コンテンツはある!

現代ではYouTubeなどで無料で視聴できる動画がたくさんあります。示唆に富んだ動画を2つ紹介します。(クリックするとYouTubeに遷移します)

●Test Your Awareness: Do The Test
​​​​​​​https://youtu.be/Ahg6qcgoay4?si=H-aYST9OMzK5qXm6

⇒物事に集中していると他のことが見えなくなることに気付かせてくれる動画です。

●日本が変わるスイッチが入っている映像 - 裸の男とリーダーシップ
https://youtu.be/OVfSaoT9mEM?si=ZqOMD1njHiLoD5sJ

⇒リーダーシップとフォロアーシップについて直感的に理解できる動画です。

YouTubeなどを見て、会社として伝えたいメッセージをいろんな形で表現している動画を日ごろから探しておくと、新入社員研修のバリエーションを広げられるでしょう。

動画を活用した新入社員研修ならLDcubeにお任せ!

動画を活用した新入社員研修を運用するのであれば、集合研修もオンライン研修もeラーニングも提供している弊社LDcube(エルディーキューブ)にお任せください。学習プラットフォーム『UMU』や学習管理システム『CrossKnowledge-LMS』などを活用した新時代の新入社員研修を展開するサポートをしています。

UMUなら、動画、音声スライド、生放送、図説などの多彩な要素を組み合わせた学習コンテンツが作成可能であり、より効果的な新入社員研修を企画できます。

最新AI技術を搭載したUMUの「AI動画課題」なら実際の業務シナリオに合わせたテーマを設定し、動画で課題を提出させることが可能です。

動画提出後はAIによるフィードバックと受講者や講師の相互フィードバックにより、より的確かつ効率的な業務適応を目指せます。

CrossKnowledge-LMSなら、コミュニケーション、プレゼンテーション、リモートワークなどについての汎用的なコンテンツが揃っており、コンテンツ作成の手間を省きながら、効果的な新入社員研修を企画できます。

もちろん、自社独自のコンテンツも搭載することができ、理解度クイズやチャット形式でのディスカッションなどを組み合わせた学習設計を行うことができます。

また、新入社員研修期間が終わってからも豊富なコンテンツを活用して学習を進めて行くことも可能です。

UMUやCrossKnowledge-LMSなど、どのようなプラットフォームを活用すべきかは、どのような新入社員研修を実現したかによって変わってきます。LDcubeでは複数のプラットフォームを取り扱っている特徴・強みを生かし、お客さまの目指す新入社員研修の実現に向け貢献したいと考えております。


まとめ

この記事では、新入社員研修について以下の内容で解説しました。

  • 動画活用で新入社員研修の質を高める
  • 動画を使って新入社員研修の質を高めた事例
  • 新入社員研修における動画の形式
  • 動画を新入社員研修に活用するメリット
  • 新入社員研修で活用する動画の作り方
  • 新入社員研修で活用できる動画コンテンツ
  • 動画を活用した新入社員研修ならLDcubeにお任せ!

新入社員研修において、動画コンテンツは直感的に理解できるため学習内容の理解とスキルの習得がしやすくなります。

また、学習内容に応じて形式を変更できるため、より効果的な学びの提供が可能です。

動画コンテンツを作成することで受講者の満足度の向上や事務局の負担軽減、研修の再現性の実現など、さまざまなメリットがあるため新入社員研修に限らず、あらゆる研修で役立ちます。

LDcubeでは、オンライン・集合研修・個別学習など、幅広い研修シーンで活用できる学習プラットフォーム『UMU』を提供しています。

また、汎用的なコンテンツを取りそろえた『CrossKnowledge-LMS』も提供しています。

研修プログラムの設計や学習状況の可視化も可能であり、最先端のツールを駆使して学習成果の見える化と教育・研修業務の効率化を徹底的に支援します。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

▼関連資料はこちらからダウンロードできます。

離職防止資料

研修用動画の作り方資料

OJTばらつき軽減策資料

UMU資料

  お問い合わせ| LDcube(エルディーキューブ) LDcube(エルディーキューブ)に関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。組織変革・人材育成を50年以上支援するビジネスコンサルタントが持つ集合研修の豊富な知見と、最先端の学習ツールをかけ合わせ、個人と組織に最適な「学び」をデザインし、企業様の競争力強化に貢献します。 株式会社LDcube

▼関連記事はこちらから。

  すぐに分かる新入社員研修のカリキュラム作成!効果を最大化するポイントを紹介 新入社員研修は、新入社員の定着と即戦力化させるための重要なプロセスです。研修の効果を最大化には、これまでのやり方をゼロベースで見直し、企業と新人のニーズや目標に沿ったカリキュラムの作成が必要です。1カ月間の教育内容・カリキュラムの事例を取り上げ、作成の流れ、重要ポイントなどについて解説します。 株式会社LDcube
  新入社員研修でおすすめグループワーク・ゲームを紹介!満足度と理解度向上! グループワークは通常の講義形式の研修とは異なり、社員が楽しみながら学習したり会話したりすることができるため、自然なコミュニケーションが図れます。新入社員研修にゲームを取り入れ、コミュニケーションを活性化させることで研修に対するモチベーションや人間関係の構築を促すことが可能です。今回は新入社員研修にグループワークを活用するメリットやおすすめのワークについて解説します。 株式会社LDcube
  新入社員研修のオンライン化を成功させる秘訣!詳細事例と合わせてポイントを解説! 新入社員研修は単にオンライン化するだけでは期待するような効果・成果につながらない可能性があるため、成功させるポイントをおさえておくことが大切です。オンライン化の背景、概要、テーマ、成功させる秘訣や詳細のカリキュラム事例、便利な学習プラットフォームについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  新入社員フォローアップ研修のあるべき姿とは?Z世代の定着化・戦力化に向けてポイントを徹底解説! 今回は新入社員フォローアップ研修の目的や効果、内容、日数、タイミング、その他施策について解説しながら、導入研修時から意識して取り組んだ方が良いことなどを徹底解説していきます。また、フォローアップ研修は社内講師でやるか外部講師に依頼すべきかについても紹介していきます。 株式会社LDcube
  成果を出す新入社員の育て方とは?即戦力化の前提・ポイントを解説! 企業の発展のためには、新入社員を即戦力として育成することが必須です。本コラムでは、新人育成のための前提や具体的な教育手法やポイント、事例まで含めた概要を紹介します。特にZ世代と呼ばれる20代前半以下の、現代の新人向けの研修のあり方などについて深い洞察を提供します。 株式会社LDcube
  効果的なOJTとは?意味と目的、新時代の学習環境の作り方を解説 OJTは、企業内で具体的な仕事を通じて、社員を育成する社員教育法の1つです。本記事では、その意味や目的、効果、そしてOJTの活用方法について詳しく解説します。そして、これからの時代に合わせたOJTのあり方や新時代に合わせてバージョンアップすることで享受できるメリットについても紹介します。 株式会社LDcube
  デジタル時代のOJTマニュアルとは?社員教育のポイントを紹介! 新入社員教育の効率化と効果向上を図るために、OJTが活用されており、鍵となるのがマニュアルです。OJTマニュアルの重要性、作り方、運用手順について詳しく解説します。また、新時代に適応したデジタルツールを活用した作成・運用方法についても紹介します。 株式会社LDcube
  OJT放置のリスクと対処法!新人の退職を防ぎ効果的に育成するコツ! 新入社員教育のOJTがうまく機能しないと企業の業績に影響が出ることをご存じですか?本記事では、新入社員のOJTが放置されがちな理由と、そのリスク、そしてその改善策について詳しく解説します。最適な新入社員教育システムの構築に役立ちます! 株式会社LDcube
  レジリエンス研修とは?実施で得られる効果と代表的な5つの要素 ストレスや逆境に直面しやすい現代のビジネスシーンでは、困難な状況でも立ち向かって前に進む力、つまり、高いレジリエンスを持った人材が必要です。そんな人材育成のためにはレジリエンス研修が有用です。研修の概要や得られる効果、代表的な要素について詳しく解説します。 株式会社LDcube
  レジリエンスが高い人は業績を上げられる!?理由や方法(研修)を解説 レジリエンスとは、逆境に打ち勝つ力、回復力です。レジリエンスが高い人は業績を上げることができます。現代社会で注目されているポイント、レジリエントな人の特徴や行動特性、企業内での育成方法、ビジネスへの影響について詳しく解説いたします。 株式会社LDcube
  ロープレ動画・UMUの有益な活用ポイントを解説!営業スキルを格段にアップ 「ロープレ動画」を活用すると、営業スキルが格段にアップします。今回はロールプレイングの企画と活用方法、評価方法、最適な学習プラットフォーム「UMU」など役に立つ情報を発信します。スキル向上のための活用法とメリットについても案内します。 株式会社LDcube
  研修用動画コンテンツの作り方!効果的に作成するポイントやコツなどを解説! 研修用の動画コンテンツをどのように作成したらよいか?という悩みをよく耳にします。本記事ではコストをかけずに、既にある研修の機会などを活用し、教育しながら動画コンテンツの作成を進めていくポイントを解説し、得られるメリットも紹介します。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事