catch-img

LMS(学習管理システム)とは?最新トレンドなど解説!

企業の人材育成において、社員にパーソナライズした学習コンテンツの提供とより効率的な管理を実現するのがLMS(学習管理システム)です。

LMS(Learning Management System)なら、オンライン上での学習コンテンツの作成から配信、管理まで対応しており、学習者の進捗状況や成績の可視化も一元的に行なうことができます。

また、テクノロジーの発展によりLMSでできることも進化してきています。パーソナライズ学習の実現など、LMSの最新トレンドやLMS活用の目的の変化について解説します。

合わせて、LMSの主要機能や導入を成功させる秘訣を詳しく紹介します。

▼LMSの全体像については、下記で解説しています。合わせてご覧ください。
⇒LMSのすべて!機能から導入メリットまで網羅的に解説

  LMS(学習管理システム)のすべて!機能から導入メリットまで網羅的に解説 組織で働く従業員の知識とスキルの標準化や自律的な学習の定着を目指す際、有効な打ち手となるのがLMS(学習管理システム)です。学習の進捗状況やeラーニングの受講状況を可視化し、個人の学習課題の抽出と改善に向けたアプローチを手厚くサポートします。LMSの基本的な機能から導入メリット、自社に最適なサービスの選定ポイントまで詳しく紹介します。 株式会社LDcube

▼パーソナライズ学習を実現するLMS「CK-Connect」の資料はこちらからダウンロードできます。

CKコネクト資料

目次[非表示]

  1. 1.LMS(学習管理システム)最新トレンド
    1. 1.1.パーソナライズ学習の実現
    2. 1.2.AIの活用
    3. 1.3.マイクロラーニング
    4. 1.4.モバイル学習
  2. 2.LMS活用目的の変化
    1. 2.1.LMS導入初期段階
    2. 2.2.現代のLMS活用の目的
  3. 3.そもそも、LMSとは?
  4. 4.LMS(学習管理システム)の機能
    1. 4.1.①学習教材の作成
    2. 4.2.②学習教材の管理
    3. 4.3.③学習や受講状況の進捗管理
    4. 4.4.④チャット機能
    5. 4.5.⑤外部システム連携機能
  5. 5.LMSで配信するeラーニングの特徴
  6. 6.パーソナライズ学習を実現するLMS
  7. 7.LMS導入を成功させる秘訣
  8. 8.まとめ

LMS(学習管理システム)最新トレンド

パーソナライズ学習の実現

個別の学習者の特性を踏まえた、個別の学習内容を実現可能にします。個人サーベイなどの機能を備えたLMSは、学習者の強みと改善点を詳しく把握することができ、それらの情報を活用して個々の学習者に最も適した学習コンテンツをリコメンドすることができます。コンテンツを並べておくだけでは学習が促進されません。学習者個々人の強みや改善点に合わせた学習コンテンツを提供することで、受講率を高め、結果としてスキルアップにつながります。

AIの活用

学習者に合わせたカスタマイズ学習を実現します。AIを活用すると、学習者の学習状況や進度のデータを踏まえ、効果的な学習コンテンツを提供することができます。また、AIは学習者の理解度クイズの成績や進歩状況を追跡し、弱点分野に特化したコンテンツや課題を提示するなどの個別学習も可能にします。

マイクロラーニング

学習者の学習可能時間や学習スタイルに対応します。短時間で学べるコンテンツを提供するアプローチが広がっています。マイクロラーニングでは、5分程度の短いコンテンツで情報を提供するため、学習者は必要に応じて、隙間時間などを活用して、自分のペースで学ぶことができます。

モバイル学習

場所にとらわれずに学習が可能、というメリットを提供します。モバイル対応のLMSは、学習者がスマートフォンやタブレットからコースにアクセスし、通勤時間、自宅、待ち時間など、どこでも自分の都合の良い時間に学習を進められるようにします。

▼世界で調査されたL、MSについてのトレンドについて解説しています。合わせてご覧ください。
⇒クレイグ・ワイスによる調査① コロナ禍(2020年)のLMS(学習管理システム)市場を振り返る

  クレイグ・ワイスによる調査① コロナ禍(2020年)のLMS(学習管理システム)市場を振り返る クレイグ・ワイス氏はeラーニング業界のコンサルティングやアドバイザリーを提供する会社の、クレイグ・ワイスグループCEO兼主任アナリストです。20年以上にわたり、さまざまな規模の企業と関わっており、LMS市場についての独自の視点を持っています。彼は毎年「クレイグ・ワイスのLMSリストベスト50」を発表しており、CrossKnowledgeのLMSが5年連続でランクインしており、2020年には1位に選出されました! 株式会社LDcube


⇒クレイグ・ワイスによる調査② 2021年度のトレンド「パーソナライズ学習」について

  クレイグ・ワイスによる調査② 2021年度のトレンド「パーソナライズ学習」について クレイグ・ワイス氏はeラーニング業界のコンサルティングやアドバイザリーを提供する会社であるクレイグ・ワイスグループのCEOで、トップアナリストでもあります。20年以上にわたり、さまざまな規模の企業と関わっており、LMS市場についての見解を持っています。 クレイグ・ワイス氏が発表する、LMSトップ50のリストにて、CrossKnowledge LMSは2020年に1位になったことを含め、5年連続でランキング入りを果たしています。 株式会社LDcube


LMS活用目的の変化

学習管理システム(LMS)は、企業内で研修などの運営に活用されていますが、その活用の目的が変わってきています。

LMS導入初期段階

LMSが導入されはじめた段階では、LMS導入の主な目的は研修運営業務の効率化でした。

手作業で参加者の管理やコースの登録、受講完了の確認、成績の記録などを行うのは時間がかかりますし、ヒューマンエラーも発生しやすいです。

LMSの導入によりこれらの業務が自動化され、運営コストが大いに削減されるのです。また、学習状況をモニタリングすることで、企業はどのコースが学習者の学習にとって効果的であるかをより簡単に把握できるようになりました。

現代のLMS活用の目的

最近では、LMS活用の目的から従来から変わってきて、パーソナライズ学習の実現による人的資本の充実化にシフトしてきています。

元々、LMSは多くの学習者を一括管理するためのツールであったため、全員一律の教育・研修の配信や管理が主流でした。現在では、それぞれの学習者のニーズに応じたカスタマイズした学習を提供できるようになりました。

LMSの進化により、受講者の学習履歴や学習行動のデータを基にした学習コンテンツのパーソナライズが可能になりました。

そのおかげで各個人の学習効率や効果を最大化することが期待できるようになりました。このような取り組みにより、企業は人材育成の効果をさらに向上させることができ、その結果として企業全体の成長に貢献します。


LMSの導入目的は、単なる研修運営業務の効率化から、パーソナライズ学習の実現を通じた人的資本の充実化に大きくシフトしてきているのです。

現代の人材育成においては、一人ひとりの学習ニーズを満たし、個々の能力を最大限に引き出すことが求められています。LMSは、このような時代のニーズに応えるための進化を続けています。

▼人的資本経営についてこちらの資料で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。

人的資本経営資料


そもそも、LMSとは?

LMS(学習管理システム)は、eラーニングプラットフォームの一種であり、主に学習プログラムの設計や学習コンテンツの配信、学習者の進捗管理・評価などを実現するシステムです。

学習コースの作成・編集・管理をはじめ、教材のアップロードやコースのカリキュラム設計、進行状況の追跡、コースの可視化など、学習プログラム全体の管理を行うことができます。

学習の効率化と一貫性のある教育環境の提供を支援するツールであり、企業においては人材育成と組織の生産性向上に欠かせないものです。


LMS(学習管理システム)の機能

LMS(学習管理システム)は、さまざまなサービス提供会社からリリースされていますが、基本的に備わっている機能について詳しく解説します。

①学習教材の作成

LMSでは、テキスト・画像・動画・音声・その他インタラクティブな要素などを自由に組み合わせ、独自の学習コンテンツを簡単に作成できます。

また、学習コースやモジュールの作成、セクションの追加、コンテンツの並び替えなども容易に行えるため、学習者により適切な順序でコンテンツを提供できます。

LMSによっては、クイズ・演習問題・シミュレーション・ゲーミフィケーションなどのインタラクティブな要素を組み込んだ教材を作成することが可能です。

多様なメディアの活用やビジュアル、オーディオ要素を詰め込んだ学習教材の作成は、学習者の意欲を掻き立て、理解度を高めることができます。

②学習教材の管理

LMSには、学習教材の管理を効率化する多様な機能が備わっています。

例えば、学習教材のアップロードやコンテンツのカテゴリ分け、特定のトピック・スキルに関連する教材のグループ化で、より使いやすい学習環境を構築できます。

他にも、特定の学習教材やコースに対するアクセス制限、アカウントの権限管理、バージョン管理なども容易です。

既存の教材の修正も容易なため、学習者に最新かつ適切な教材を提供することができるのもLMSのメリットです。

③学習や受講状況の進捗管理

人材育成や評価の効率化で重要な学習者の進捗管理も、LMSに備わっていることが多いです。

管理者には、学習の進捗を可視化するためのダッシュボードやレポートが提供されます。学習者がアクセスしたコースや教材の種類、進捗状況をリアルタイムに把握できるため、個別サポートやフィードバックを提供しやすくなるのは大きなメリットです。

LMSによっては、クイズやテストの評価・成績の一覧表示およびデータ分析、学習課題や締切日のリマインダー機能なども搭載しています。

④チャット機能

LMSのチャット機能は、講師と学習者、または学習者同士がコミュニケーションを取るためのプラットフォームとして活用されます。

学習者がチャットを通じて送信した質問や疑問に対し、講師はリアルタイムに応答したり、フィードバックを提供したりすることが可能です。

学習者同士で意見の交換や情報共有、グループディスカッションも行えるため、より深い学習や講義へのアクティブな参加を促進できます。

⑤外部システム連携機能

外部システムとの連携により、LMSと他社システムがシームレスに統合され、学習プロセスの効率化や情報の一元化を図ることができます。

例えば、LMSと人事管理システムを連携させた場合、学習者のプロフィール情報や所属組織情報を自動的に同期できるため、データの二重管理や手動入力の手間を省けます。

外部の教材提供システムと連携できるLMSであれば、コース内容や教材を共有し、一元的に管理・配信することも可能です。

他にも、外部のタレントマネジメントシステムと連携することで、評価プロセスの効率化やより詳細な分析が実現します。

▼LMSを研修で活用するポイントについては下記で解説しています。合わせてご覧ください。
⇒LMSを企業の研修に導入する5つのメリットとは?

  LMS(学習管理システム)を企業の研修に導入する5つのメリットとは? LMSは企業における社員の学習を管理するシステムであり、教材の登録から研修の実施、学習者の管理まで1つのプラットフォームで対応可能です。LMSを導入することで教育業務を効率化するだけではなく、人材育成の質を高めることもできます。そのポイントを解説します。 株式会社LDcube


LMSで配信するeラーニングの特徴

eラーニングは、web上で提供される学習のツールの一つであり、いくつもの特徴があります。特徴の一つはセキュリティです。

一般的に、eラーニングコンテンツは個々のサイト上で配布されますが、これらのサイトはセキュリティをしっかりと保ち、学習者の個人情報を確実に保護します。

もう1つの特徴は、コンテンツがどこからでもアクセスできる点です。パソコンやスマホを使えば、どこからでも学習することが可能で、個々の仕事や学習ペースに合わせて進めることが可能です。
 

また、eラーニングでは、学習進捗に応じて試験を受けることができます。その結果、自分の理解度を確認することができます。問題は直感的な操作で解答でき、間違えた問題は後で見直し、再学習することもできます。

見て終わり、読んで終わりでは学習効果は高まりません。試験などを通じて学習内容をアウトプットすることが重要です。

さらに、eラーニング学習終了した際に、学習者からのフィードバックを得るためにアンケートを行うことがあります。これにより、コンテンツの改善や新しい学習材の開発に役立てることができます。
 
eラーニングの費用は、提供されるコンテンツの種類や規模によりますが、一般的には料金が設定されており、一定の期間内での利用が可能です。ただし、無料で提供されているeラーニングコンテンツも存在します。

▼eラーニングを配信するプラットフォームとしての側面については下記で解説しています。
⇒eラーニングプラットフォームとは?失敗しない5つの選定ポイント

  【企業向け】eラーニングプラットフォームとは?失敗しない5つの選定ポイント eラーニングは社員のスキル向上や専門知識の習得などを促進する役割を果たします。効率的な研修・学習と適切な管理・評価の実現にはシステム(LMS)が求められます。eラーニングプラットフォーム導入のメリットや失敗しない選定ポイント、これからの方向性などを解説します。 株式会社LDcube


パーソナライズ学習を実現するLMS

「CK-Connect」は、LMSとして全世界で広く認知されています。その「CK-Connect」の最大の特徴とも言えるのが、「パーソナライズ学習」の実現です。

「パーソナライズ学習」とは、個々の学習者の状況やニーズに合わせて最適化された学習経験を提供する方法です。

「CK-Connect」では、パーソナルサーベイを基に、その結果を踏まえて学習者個々人の強みや啓発点に合わせた学習コンテンツをリコメンドします。

また、学習者の学習進捗や理解度に合わせ、最適な学習内容や学習ペースを組み立てていくこともできます。

さらに、「CK-Connect」は、eLearningの専門家であり世界的権威でもあるクレイグワイスが実施した調査により、2020年にLMSとして世界No.1に選ばれました。

この栄誉は、「CK-Connect」がエンドユーザーの立場を最優先にした、個々のニーズに対応した最高品質のサービスの提供が評価された証です。

「CK-Connectによって推奨されるコースは、全てパーソナリティータイプ診断に基づいており、自分自身の強みと弱みについて詳しく説明してくれるところがとても気に入りました」 ワイスより

これらの特徴がユーザーの支持を得て、「CK-Connect」は世界中のさまざまな教育機関や企業に採用され、学習者に高品質な学習体験を提供しています。

CKコネクト資料

LMS導入を成功させる秘訣

企業でLMSを効果的に運用したい場合には、学習目標・対象者・コース内容・必要な機能などの要件をあらかじめ整理しておくことが重要です。

LMSを導入する際は、以下のポイントをおさえましょう。

  • 自社に必要なコンテンツの有無を確認する
  • 必要な言語に対応しているのかを確認する
  • 学習者ごとにパーソナライズされた学習環境が構築しやすいかを確認する
  • カスタマイズ性・拡張性・ユーザビリティなどを比較する
  • サービスの導入実績や顧客のフィードバックも参考にする
  • 自社ITリテラシーが高くない場合、ユーザビリティの高さも重視する
  • 人材育成の成果を可視化したい場合、データ分析機能の充実度を確認する
  • ベンダーによる導入・運用サポートの充実度を比較する
  • 必要に応じてベンダーによるコンサルタントやトレーニングの利用も検討する

社内で整理した要件に沿って適切なLMSを選定することが、効果的な学習環境の構築と学習成果の最大化につながります。



まとめ

この記事では、LMS(学習管理システム)について以下の内容で解説しました。

  • LMSの最新トレンド
  • LMS活用の目的の変化
  • LMSの基礎知識
  • LMSの主要機能
  • LMSで配信するeラーニングの特徴
  • パーソナライズ学習を実現するLMS
  • LMSの導入を成功させるポイント

企業で利用するLMSは、社員に必要な知識とスキルの習得を効率化するとともに、便利な管理機能によって適切な評価とフィードバックにつなげることができます。

LMSの種類によって提供されている機能や連携可能なシステムが異なるため、自社の課題と要件に沿って慎重に選定しなければなりません。

LDcube』が提供する『CrossKnowledge LMS』は、世界1200万人以上のユーザーがグローバルに活用しているビジネスeラーニングです。個人診断を基に、学習者の強みや啓発点に合わせて学習コンテンツをリコメンドする『CK-Connect』などの最新機能も兼ね備えています。

研修・eラーニング・自社学習などの教材の作成・配信・管理までを網羅しており、アウトプットとインプットを組み合わせた受講機能で、優れた学習効果をもたらします。

導入実績が豊富で、運用サポートも充実している『CrossKnowledge LMS』を、ぜひこの機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

▼関連資料は下記よりダウンロードできます。

CKコネクト資料

CK資料

マイクロラーニング資料

▼サービスサイトはこちら。

  CrossKnowledge LMS|LDcube(エルディーキューブ) LDcubeのCrossKnowledge LMSのご紹介ページです。LDcubeが提供するLMS/eラーニングはクロスナレッジ(CK)社(本社:フランス)が開発し、世界中に1200万以上のユーザーが存在し、高いクオリティになっています。eラーニングにおいては、ビジネスにおいて基礎となる内容から、専門性を磨くeラーニングまで幅広いジャンルに対応し、日本語・英語・中国語をはじめ多言語に対応している、グローバルに活用されるビジネスeラーニングです。 株式会社LDcube

▼関連記事はこちらから。

  【企業向け】eラーニングプラットフォームとは?失敗しない5つの選定ポイント eラーニングは、社員のスキル向上や専門知識の習得などを促進する役割を果たします。より効率的な学習と適切な評価を実現したい場合には、学習の進捗を可視化できるシステム(LMS)が求められます。eラーニングプラットフォームの基礎知識や導入の際に失敗しない5つの選定ポイントなどを解説します。 株式会社LDcube
  【研修担当者向け】eラーニングシステムのデメリットとは?課題を解決する方法 人材育成や社員教育の有用な手段として、eラーニングが企業で取り入れられています。eラーニングは、時間や場所に関係なく研修を実施できます。従来の集合研修に比べてさまざまなメリットがありますが、場合によってはデメリットとなることもあるため、注意が必要です。 株式会社LDcube
  多言語対応のLMS(学習管理システム)の必要性と選ぶ時のポイント グローバル化が進んでいる現代では、多言語に対応した教育・学習が企業に求められています。eラーニングの実施および管理ができるLMS(学習管理システム)は、多言語に対応しているものもあります。その活用の基本や必要性、メリットについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  人材育成の効果測定とは?重要な観点や評価項目を網羅的に解説 人材育成の効果測定は、研修の費用対効果、社員の成長度合いを可視化するために重要です。効果測定にはさまざまなフレームワークや手法があり、社員の知識やスキルの取得を評価する方法や、研修後のパフォーマンス指標を比較する方法があります。重要な観点や具体的な評価項目などを解説します。 株式会社LDcube
  LMSを人事評価や施策の改善に生かすポイント!失敗しない選び方 企業で実施させる研修を管理するツールとして、LMS(学習管理システム)が導入されています。 LMSでは、研修実施後の学習者の進捗状況やテスト結果などの一元管理が可能であり、蓄積されたデータは人事評価や施策に活用できます。 企業でLMSを適切に生かすためには、概要や機能を知っておくことが重要です。 この記事では、LMSの概要や機能、LMSを人事評価・人事施策に生かすためのポイントを詳しく紹介します。 株式会社LDcube
  【グローバル企業必見!】LMSの効果的な活用とは!? グローバル展開する企業の、人材育成上の課題を解決する学習管理システムの活用方法を解説します。多言語対応のLMS導入は情報共有、スキル向上、パフォーマンス管理を効率化できます。活用のポイントや世界中で活用されているCrossKnowledgeについて紹介します。 株式会社LDcube
  多言語対応eラーニングならCrossKnowledge!オンライン学習システムの新たな希望! 社員のスキル開発や学習に役立つeラーニングですが、多言語対応のものは選択肢が限られます。そこで高い品質と利便性を両立し、評価されているのがCrossKnowlege社のコンテンツです。今回はCrossKnowledge社が提供する、インターフェイスとコンテンツ両面で、さまざまな言語に対応が可能なeラーニングシステム・LMSについて紹介します。 株式会社LDcube
  現代に求められるLMSとは?世界NO.1学習管理システムの機能を解説! 現代の企業での教育・学習のために求められるLMS(Learning Management System:学習管理システム)について解説します。 eラーニングとの違いや世界NO.1LMSが強みとする最新機能、主要機能などの概要からメリットやデメリットなども紹介します。 株式会社LDcube



LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事