catch-img

営業研修のロープレの意味がない理由3選!原因と対策など解説!

本記事では、営業研修におけるロールプレイングの意味がない理由として、「何となくやっている」「フィードバックがない」「練習量が足りない」の3つを挙げ、解決策を詳細に解説します。

さらに、DX時代において、実際のAI活用やマイクロラーニング、UMUを用いたロープレトレーニングの効果と可能性について深掘りします。

株式会社LDcubeはこれまで集合研修スタイルで営業や接客のロープレトレーニングなどの支援を行ってきました。ここ数年はその取り組みを進化させ、DXを取り入れてより効果の高いものにしています。

ロープレは演じる役になり切って、最初から最後までしっかりと準備し、真剣に、緊張感を持って、取り組めば本当に効果の高い営業スキルアップ手法です。

しかし、運営が中途半端になってしまうと、無駄な取り組みとなってしまいます。

これまでの多くの支援経験を踏まえて、意味がないロープレを卒業し、業績アップにつなげるポイントなどを解説していきます。

▼営業強化の観点について、全体像からテーマを絞った内容まで下記で解説しています。合わせてご覧ください。

▼営業研修についておすすめを整理しておきました。施策検討にお役立てください。
⇒営業研修おすすめ27選!新人・中堅・ベテランの階層別に深掘り紹介

  営業研修おすすめ27選!新人・中堅・ベテランの階層別に深掘り紹介 自社が行ってきた営業研修について現状のままでいいのか、新たな要素をとりいれたらいいのか、悩んでいませんか?新時代の人材育成支援サービスを提供するLDcubeが、おすすめを紹介します。営業研修会社9社×各社3つプログラムの、計27選の営業研修を解説します。 株式会社LDcube

▼ ロープレトレーニングについてまとめた資料は下記よりダウンロードできます。

ロープレトレーニング資料


目次[非表示]

  1. 1.ロープレの意味がない理由
  2. 2.意味ない理由①何となくやっている
    1. 2.1.目的の不明確さ
    2. 2.2.モチベーションの欠如
  3. 3.意味ない理由②フィードバック不足
    1. 3.1.学習の評価と改善が難しい
    2. 3.2.現実的なシミュレーション効果が失われる
    3. 3.3.個々の学習の場が失われる
  4. 4.意味ない理由③練習量が足りない
    1. 4.1.スキル習得の不足
    2. 4.2.問題解決能力の欠如
    3. 4.3.自己成長感の減少
  5. 5.ロープレを意味あるものにするには
    1. 5.1.意図した練習を行う
    2. 5.2.適切なフィードバックを行う
    3. 5.3.スキル化するまで練習量をこなす
  6. 6.ロープレを今の時代に適応させる
    1. 6.1.AIと人のフィードバックの融合
    2. 6.2.マイクロラーニング、マイクロプラクティスの実践
  7. 7.ロープレトレーニングはUMUが最適
  8. 8.まとめ

ロープレの意味がない理由

ロープレ意味がない①

ロープレが効果を発揮しない場合、これまで弊社が行ってきたロープレトレーニングの支援経験から、以下に当てはまることが多いです。

  1. 何となくやっている
  2. フィードバックがない
  3. 練習量が足りない

ロープレはお客様へ説明するスキル、提案するスキルを身に付けるトレーニングとして最適です。

しっかりと取り組めば、とても高いトレーニング効果が得られる手法です。

ところが、全体の企画や進め方などが不十分な場合、上記のような状態に陥り、効果を発揮できなくなります。

上記に当てはまる場合、企画や進め方を見直すことをおすすめします。

また、効果を発揮できない状態でロープレトレーニングを続けることは、学習者にとって苦痛となりますので、注意が必要です。

以下で、理由について詳しく解説していきます。

意味ない理由①何となくやっている

ロープレ意味がない②

ロープレ(ロールプレイング)は役割を演じて行動やコミュニケーションを行う訓練で、一般的には、その役割の理解を深めたり、役割発揮に向けたスキルを身につけたり、新しい視点や考え方を獲得したりするための有用な学習手法とされています。

ところが、それが「何となくやっている」場合、ロープレの効果は大いに減少してしまいます。これには主に以下のような理由があります。

(何となくやっている理由)

  • 目的の不明確さ
  • モチベーションの欠如

目的の不明確さ

ロープレは基本的に具体的な目的を持って実施されます。

例えば、特定の状況や具体的な商談のシーンをシミュレートして対処法を学んだり、他者の視点を理解しようとしたりします。

ところが、「何となくやっている」ロープレは、その目的が明確ではないため、成果や結果が出にくいです。

モチベーションの欠如

明確な目的がないと、参加者のモチベーションも低下しやすいです。

その状態ではロープレに参加しながらも本気で取り組まず、半ば形式的に過ごしてしまう可能性があります。

その結果、参加者は新たな学びを得る機会を逃す可能性があります。

したがって、「何となくやっている」ロープレは、意義や効果を発揮できず、結果的に時間の浪費や意味のない活動となりがちです。

どんな活動もそうですが、ロープレを行う際は、目的や目標を明確に設定し、振り返りやフィードバックの時間を設け、参加者のモチベーションを維持することが重要です。

ロープレトレーニング資料

意味ない理由②フィードバック不足

ロープレ意味がない③

2つ目の理由はロープレに「フィードバックがない」です。

フィードバックがない場合、その有効性や意味が大いに失われると言えます。

(フィードバックがない場合のロープレ)

  • 学習の評価と改善が難しい
  • 現実的なシミュレーション効果が失われる
  • 個々の学習の場が失われる

学習の評価と改善が難しい

ロープレの本質的な目的の一つは参加者が新たな知識やスキルを獲得することです。

そのため、行動や反応が適切であったかどうか、何を改善すべきかを知るためにはフィードバックが不可欠です。

フィードバックがない場合、自分の行動や理解が適切であったのか、何を改善するべきかを判断するのが難しくなります。

現実的なシミュレーション効果が失われる

ロープレは企業や職場のさまざまな状況を模倣するために用いられますが、フィードバックがないと現実に近い経験をすることが難しくなります。

現実の状況では、人間関係や行動に対しては、たとえば上司からの評価や同僚からの意見といった具体的なフィードバックが存在します。

個々の学習の場が失われる

フィードバックは、自分自身の行動や思考パターンについて深く考えるきっかけを提供します。

参加者はフィードバックから何がうまく行ったのか、何が改善点であったのかを学び、自身の行動や思考を改善するための戦略を立てることができます。

以上のように、フィードバックがないロープレはその効果を十分に発揮できず、その意義が失われると言えます。

ロープレは、成果を評価し、改善点を見つけ出し、それに基づいて行動を修正していくためのフィードバックが必要不可欠であり、ロープレの本来の目的である効果的な学習や理解のためには欠かせません。

▼ ロープレのフィードバックについては下記で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。
⇒ロープレの成功のポイントとは!?フィードバックとテクノロジーの活用方法を解説!

  ロープレの成功のポイントとは!?フィードバックとテクノロジーの活用方法を解説! 営業職の教育やトレーニングに役立つロープレのフィードバック方法について詳しく紹介します。そして、デジタル時代にトレーニングの質を向上させるテクノロジーの活用方法や、人間とAIが協働することで、多角的かつ深い理解へとつながる学習のあり方について解説します。 株式会社LDcube


意味ない理由③練習量が足りない

ロープレ意味がない④

3つ目の理由は「練習量が足りない」です。

練習量が足りないと、その意義と効果が大いに損なわれます。

(練習が足りない場合のロープレ)

  • スキル習得の不足
  • 問題解決能力の欠如
  • 自己成長感の減少

スキル習得の不足

新しいスキルや知識を習得するためには、コンセプトを理解するだけでなく、そのスキルや知識を具体的な状況で何度も使用して、自身の行動パターンに組み込むことが必要です。

営業スキルの場合、相手に合わせて話す方法やシナリオにそって自然な流れで自社サービスを紹介するやり方など訓練が必要です。

練習量が足りなければ、新たな行動パターンを習得し、それを実際の活動や作業に適用することが難しくなります。

問題解決能力の欠如

ロープレではさまざまな問題状況が提示され、それを解決するためのスキルや知識を養います。

しかし、そのためには、さまざまな角度から問題に取り組み、自身の解決策の有効性を試す機会が必要です。

練習量が足りなければ、効果的な解決策を見つける経験が得られず、問題解決能力の向上が難しくなります。

自己成長感の減少

ロープレを通じて学んだスキルや知識を巧みに使いこなすには、具体的な状況で何度も行動を試し、その結果を見て自己成長感を得ることが必要です。

しかし、その練習量が足りない場合、十分な経験を積むことが難しく、自分自身の能力に自信を持つことが難しくなります。

これがモチベーション低下やパフォーマンスの悪化につながる可能性があります。

具体的には、自身の能力を信じることができないと、積極的に新たな課題に取り組む意欲が失われてしまい、実践されないこともあります。

その結果としてパフォーマンスが低下する可能性があります。


これらの理由から、「練習量が足りない」ロープレは、目的達成の観点から意味が薄れ、投入されるリソースの対価として十分な効果を得ることが難しくなると言えます。

繰り返し、たくさん練習することは新たなスキルや知識の定着に重要であり、その不足はロープレの価値を大いに損なう要因となります。

▼ ロープレの練習については下記で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。
⇒営業ロープレのポイントとは!成功の秘訣は練習にあり!

  営業ロープレのポイントとは!成功の秘訣は練習にあり! 高業績営業パーソンの育成の鍵はロープレ(ロールプレイング)での練習にあります。営業活動の訓練としてロープレを活用した、問題解決力、折衝力・交渉力、プレゼンテーション力向上の手法を解説します。AIを用いて営業ロープレの質を上げ、効果的にする方法についても紹介します。 株式会社LDcube


ロープレを意味あるものにするには

ロープレ意味がない⑤

効果的なロールプレイにするにはロールプレイを意義深く効果的にするためには、十分な練習と振り返りが必要です。

以下、具体的なポイントを紹介していきます。

(ロープレを意味あるものにするために)

  • 意図した練習を行う
  • 適切なフィードバックを行う
  • スキル化するまで練習量をこなす

意図した練習を行う

効果的なロープレは、目的が具体的で明確でなければなりません。

これは、想定されたシチュエーションが要求するスキルや認識のレベルを満たしていることが必要です。

例えば、顧客サービスのスキル向上が目標なら、顧客対応の一連の動きをシミュレートするシナリオを設計します。

そしてシナリオに合わせ、トークスクリプトや台本などを用意し、それに基づいて練習します。

これにより、参加者は具体的な状況に照らして自身のトークやマナー、対応をどう改善できるかを学び、理解を深めます。

この「意図した練習」を行うことは、新たな能力習得への成功を大いに高めます。

適切なフィードバックを行う

フィードバックは非常に重要なステップです。

実施したロープレに対して適切なフィードバックや評価を提供することで、参加者は自身のパフォーマンスについての理解を深め、必要な改善点を見つけられます。

フィードバックは具体的かつ建設的であり、ネガティブな点ばかりではなく、ポジティブな行動も強調するべきです。

これは、参加者が必要な改善を理解し、自信を持つために有効です。

スキル化するまで練習量をこなす

1度や2度のロープレで完全に新しいスキルを習得するのは難しいものです。

新しいスキルや習慣を身につけるには、それを繰り返し練習し、身体に覚え込ませる必要があります。

はじめは意識しないとできませんが、「繰り返しの練習」によって、自然と身体に染み込み、状況に応じて適切に反応できるようになるでしょう。

意識しなくても出来る状態がスキル化された状態です。

十分な練習量を確保することで、参加者はより自信を持って新たなスキルを身に付けることができるようになります。

練習の中にゲーム感覚を取り入れる工夫など行い、楽しみながら練習できると良いです。

これらのステップを踏むことで、ロープレは単なる練習から、人々が新しいスキルを習得し、自身を成長させるための有益なツールへと進化します。

これは、学びの環境を創出し、長期的な成功につながるプロセスです。

また、現代においてはデジタル時代への対応という観点からも、質・量ともにロープレトレーニングをレベルアップさせていくことが重要です。

▼ AIを活用したロープレについては下記で解説しています。
⇒AIを活用した効果的なロープレとは? ポイントや営業研修の新たなステージを紹介

  AIを活用した効果的なロープレとは? 実施のポイントや営業研修の新たなステージを紹介! 営業スキルを磨くための効果的な手法「ロープレ」について解説し、その活用方法や注意点を共有します。即戦力となる新入社員や若手社員を育成したい企業担当者の方へ、高業績を実現するためのトレーニング法や、AIテクノロジーを駆使した練習方法まで詳しくご紹介しています。 株式会社LDcube


ロープレトレーニング資料

ロープレを今の時代に適応させる

ロープレ意味がない⑥

現代のデジタル時代において、AIの活用やマイクロラーニングの導入により、ロープレトレーニングの効果と効率がさらに高まっています。

(ロープレを今の時代に適応させるには)

  • AIと人のフィードバックの融合
  • マイクロラーニング、マイクロプラクティスの実践

AIと人のフィードバックの融合

AI(人工知能)が教育や研修に活用されるようになる中、ロープレトレーニングにおいてもAIは大量のデータを分析し、ユーザーのパフォーマンスを評価し、改善点を示すことでフィードバックの質を高めています。

AIによるフィードバックは、ロープレから得られるユーザーの表情、言葉づかい、ジェスチャーなどのデータを踏まえ、詳細な分析に基づいた情報を即時に提供します。

一方で、人間によるフィードバックは、まだAIでは捉えきれていない情感やニュアンスを具体的に評価することができます。

さらに、経験を通じて得た洞察力や共感力という、AIがまだ持つことのできない要素をフィードバックに付加することが可能です。

AIと人間によるフィードバックを組み合わせることにより、より詳細で網羅的な指導と深い理解が可能となります。

デジタル時代におけるロープレトレーニングは、AIの活用やマイクロラーニングの実践により、その効果と効率をさらに高めることができます。
 
▼ AIによるコーチングについては下記で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。
⇒AIコーチングで人材育成!その効果と成功のカギ

  AIコーチングで人材育成!その効果と成功のカギ 新たな人材育成策として注目されるAI活用について解説します。デジタルと人間のコーチングを組み合わせることで、効率を向上させパーソナライズされた成長支援が可能になります。さらに、AIによる指導のメリット・デメリットなど具体的に紹介していきます。 株式会社LDcube

マイクロラーニング、マイクロプラクティスの実践

マイクロラーニングとは、学習内容を小さな単元・テーマに分割し、それぞれを個別に学習する手法を指します。

参加者は自分のペースで学習を進め、場所や時間に束縛されずに、必要な知識を反復し練習することが可能になります。

マイクロプラクティスは、トレーニングを一度に長時間行うのではなく、小さなテーマを短時間で練習を積み重ねる方法を提供します。

これにより、ロープレトレーニングが柔軟かつ実践的なものとなり、限られた時間でも反復練習が可能となります。

例えば、営業スキルというと大きなテーマですが、アポイントトーク、会社案内、切り出しトーク、アテンショントーク、サービス紹介、事例紹介など小さなテーマで学習し、練習し、それぞれをスキル化していくことで、最終的に営業スキルを高めていくことにつながります。

これらの手用いることで、参加者は短時間で集中的に学習を行い、時間を有効活用し、新たなスキルや知識をより効率的に習得できるのです。

▼AIアプリを使ってトレーニングするポイントについては下記で詳しく解説しています。
⇒営業・接客スキルをAIロープレアプリで効果的にレベルアップする話題の方法!

  営業・接客スキルをAIロープレアプリで効果的にレベルアップする話題の方法! 営業・接客スキル向上のために、革新的なロープレツールの導入を検討している経営者および企業の教育・研修担当者へ、お役立ち情報を提供します。本記事では、ロープレアプリの活用方法とメリット、具体的な応用例、AIと人の融合、そして導入する前に留意すべき点について解説します。 株式会社LDcube


ロープレトレーニングはUMUが最適

ロープレ意味がない⑦

現代のデジタル環境下では、ロープレトレーニングはUMU(ユーム)というクラウドベースの学習プラットフォームを通じて、従来よりも効果的かつ意味深い教育手法へと進化させることができます。

UMUは多機能を持つプラットフォームで、あらゆる教育や研修ニーズに対応しています。

そのため、時間や場所に関係なく、必要な時に必要な内容を学習することが可能です。

また、全ての受講者がリアルタイムで情報を共有できる機能を持つため、個々の学びの経験を共有し、フィードバックを受けることも可能です。

LDcubeではこのUMUを用いたロープレトレーニングを通じて顧客とのコミュニケーションスキルを向上させるサービスを展開しています。

ある住宅関連企業では、営業スタッフが顧客との対話の中でより適切な提案を行えるようにするためのスキルを習得する環境を構築しています。

具体的には、顧客の要望を引き出すための問い掛けや、その反応に対して適切に対応する表現方法などを学んでいます。

ロープレでは、顧客との実際の会話シーンを再現し、それに対する営業スタッフの反応を練習します。その結果を基に、他の受講者やトレーナーからのフィードバックを活用し、自身のスキルを見直し、改善できる機会を設けています。さらに、他の受講者のロープレ動画を視聴することで、自身では気づきにくい新たな視点やアプローチを学ぶことが可能です。

UMUを通じたロープレトレーニングは、受講者が実践的なスキルを習得し、それを現場で活用するための強力なツールとなります。

そして、ロープレトレーニングは単なる練習から一歩進んで、具体的な成果を生む教育プログラムへと昇華します。

▼本記事ではロープレ全般について解説してきましたが、テーマを絞ったロープレについては下記をご覧ください。

▼ UMUを活用したロープレトレーニングの事例については下記で紹介しています。
⇒デジタルOJTとリアルOJTの 連動で業績向上へ【UMU活用事例】

  デジタルOJTとリアルOJTの 連動で業績向上へ【UMU活用事例】 働き方改革などの時代や環境の変化に伴い、従来の詰込み型教育に課題を感じていました。研修は事前学習→集合研修→職場実践サイクルによるOJTとの連動形式を取ることを方針に掲げ、個々の学習進捗状況と習得度を把握しながら持続的学習を促進していくため、UMUを導入いただきました。 株式会社LDcube


▼ UMUについての資料は下記よりダウンロードできます。UMU資料

まとめ

営業研修のロープレの意味がない理由3選!原因と対策など解説!について紹介してきました。

  • ロープレの意味がない理由
  • 意味ない理由①何となくやっている
  • 意味ない理由②フィードバック不足
  • 意味ない理由③練習量が足りない
  • ロープレを意味あるものにするには
  • ロープレを今の時代に適応させる
  • ロープレトレーニングはUMUが最適

現代の会社においてはキャリア採用も一般的になっており、特に新卒の営業若手社員のみならず、キャリア採用の社員も含めて早期のスキルアップが期待されています。

しかしながら、実践的な訓練手法であるロープレが意味ないものになってしまっていることも少なくありません。

今回は意味のないものになっている理由について解説し、解決策についても紹介してきました。

中にはロープレに苦手意識のある社員もいるかもしれませんが、セールストレーニングにおいてロープレはとても的を射たトレーニング方法です。

真剣に取り組む必要がありますが、時にはゲーム感覚をもって楽しみながら実施することもポイントです。

営業ロープレを通じてポイントを学習しましょう。業界によってもセールストークやセールススパンは異なりますので、自社の状況にフィットしたケースでの訓練が大切です。

さらに現代ではテクノロジーの活用も一般的になってきました。

とっつきにくいと思っていると競合他社に置いていかれる可能性が高まりますので、いち早く取り入れて競争優位性の構築につなげていきたいものです。

株式会社LDcubeでは、ラーニングプラットフォームUMUを活用したロープレトレーニングをはじめとした営業研修のDX、成果につなげるためのセールストレーニングの最適化のご支援をしています。

実際に大幅にパフォーマンスが向上した報告も寄せられています。

プラットフォーム活用でどのようなことができるのか、無料でのデモ体験会なども行っています。お気軽にご相談ください。

▼ 大幅にパフォーマンスが向上した事例はこちらから。
⇒3カ月で3倍の売上実績 営業職研修の工夫とは?【UMU活用事例】

  3カ月で 3倍の売上実績 営業職研修の工夫とは?【UMU活用事例】 営業現場で得られた成功事例や失敗事例が個人のものにしかなっておらず、ポケットノウハウ化してしまっていることに課題を感じていました。個人の学びを暗黙知から形式知に変えていくことで、受講生同士の学びを促進しながら、組織全体のナレッジとして好循環を生み出していきたいという思いがありました。そのような課題を解決するため、UMUの導入を決めた保険会社でUMU活用事例です。 株式会社LDcube


▼ 関連資料はこちらからダウンロードできます。

ロープレトレーニング資料

営業研修資料

離職防止資料

UMU資料

▼ 関連記事はこちらから。

  AIを活用した効果的なロープレとは? 実施のポイントや営業研修の新たなステージを紹介! 営業スキルを磨くための効果的な手法「ロープレ」について解説し、その活用方法や注意点を共有します。即戦力となる新入社員や若手社員を育成したい企業担当者の方へ、高業績を実現するためのトレーニング法や、AIテクノロジーを駆使した練習方法まで詳しくご紹介しています。 株式会社LDcube
  ロープレ動画・UMUの有益な活用ポイントを解説!営業スキルを格段にアップ 「ロープレ動画」を活用すると、営業スキルが格段にアップします。今回はロールプレイングの企画と活用方法、評価方法、最適な学習プラットフォーム「UMU」など役に立つ情報を発信します。スキル向上のための活用法とメリットについても案内します。 株式会社LDcube
  営業ロープレのポイントとは!成功の秘訣は練習にあり! 高業績営業パーソンの育成の鍵はロープレ(ロールプレイング)での練習にあります。営業活動の訓練としてロープレを活用した、問題解決力、折衝力・交渉力、プレゼンテーション力向上の手法を解説します。AIを用いて営業ロープレの質を上げ、効果的にする方法についても紹介します。 株式会社LDcube
  ロープレの成功のポイントとは!?フィードバックとテクノロジーの活用方法を解説! 営業職の教育やトレーニングに役立つロープレのフィードバック方法について詳しく紹介します。そして、デジタル時代にトレーニングの質を向上させるテクノロジーの活用方法や、人間とAIが協働することで、多角的かつ深い理解へとつながる学習のあり方について解説します。 株式会社LDcube
  不動産営業のロープレは業績を高める!最新テクノロジー活用方法についても解説! 不動産営業における業績向上のカギはロープレにあります。高い知識と人間性、そして独自性が求められる営業活動で、なぜロープレが重要で、どのように活用するべきなのか?具体的な事例を紹介しながら解説します。最新テクノロジーの活用やロープレ実施方法についても紹介します。 株式会社LDcube
  AIコーチングで人材育成!その効果と成功のカギ 新たな人材育成策として注目されるAI活用について解説します。デジタルと人間のコーチングを組み合わせることで、効率を向上させパーソナライズされた成長支援が可能になります。さらに、AIによる指導のメリット・デメリットなど具体的に紹介していきます。 株式会社LDcube
  DXで変わる!営業研修の最適な進め方・ポイントとは? 営業研修の有効性を最大化するための必要な要素とは何でしょうか? 本コラムでは、具体的な研修内容や効果的なカリキュラム構築方法、 営業スキル向上のためのポイント、そしてデジタル変革(DX)による オンライン活用の効果などについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  営業研修で個人の営業力を強化するポイントを紹介 会社では営業パーソンのスキルを高めるためにさまざまな営業研修が行われています。それぞれの営業力を高めるには個々人に最適化された学習環境を用意することが理想ですが、そこまでできていないのも現実です。今回は、個人の営業力を強化する学習環境のあり方についてご紹介します。 株式会社LDcube
  営業研修に資料作成は不要!研修で業績向上に必要なポイントを徹底解説! 本記事では業績向上を目指した時の、営業研修のやり方や資料のあり方、顧客に合わせたアプローチの習得方法、新たな時代の効果的かつ効率的な営業研修実施方法などについてご案内していきます。 株式会社LDcube
  営業研修の内容やネタはどうする? 検討するポイントや方法を解説 営業研修実施の際に出てくる悩みが、営業研修を行う必要性を感じているものの、その内容はどのようなものにするか、既にさまざまな研修を実施していてネタ切れになってしまっている、というものです。 今回は営業力強化に向け、営業研修の内容やネタについて検討する上でのポイントや効果的な検討方法を解説します。 株式会社LDcube
  営業研修のDX 成果につながるカリキュラムとは?ポイントを解説 営業研修の内容をオンラインに置き換えて実施するということが増えました。しかし、置き換えるだけでは効果が低下するケースもあります。学習トレンドを踏まえながら効果的に営業スキルを身につけるためのポイントやカリキュラムを組み立てる上での注意点などをご紹介します。 株式会社LDcube
  営業研修の費用対効果ってどれくらい?データ検証について解説! 営業パーソンの育成に向け多くの企業でさまざまな研修が行われています。特に営業部門はコストに対してシビアに見ていることもあります。営業研修の実施にかかる料金、相場はどれくらいでしょうか?費用対効果やデータ検証していくポイントまで含めて解説します。 株式会社LDcube
  営業研修における効果的で面白い施策とは?組織内での事例やコツを紹介! 営業研修では営業パーソン個人のスキルを高めることを主な目的としていますが、その先には、組織全体で成功事例を共有し業績向上につなげていきたいという思いがあります。今回は個人の学びを組織の学びにつなげていく、研修における効果的で面白い施策を紹介します。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事