catch-img

中途社員向けのオンボーディングとは?実施する効果を最大化するポイント!


中途社員は既に社会経験があることから、入社後の即戦力として期待されるケースも少なくありません。

しかし、不足している知識やスキルを把握しないまま画一的な全体研修を行っていては、本来のパフォーマンスを発揮できない恐れがあります。

中途社員にいち早く組織や職場に適応してもらい、即戦力化を目指すのであればオンボーディングがおすすめです。

この記事では、オンボーディングの概要や中途社員に実施するメリット、オンボーディングに有効な学習プラットフォームについて詳しく解説します。

▼オンボーディングプログラムの全体像については下記で解説しています。
⇒オンボーディングプログラムとは?構築のポイントやメリットなど解説!

  オンボーディングプログラムとは?構築のポイントやメリットなど解説! オンボーディングプログラムとは、新入社員や中途社員など企業に入社した人が、新しく仕事を覚えたり、組織になじみやすくしたり、即戦力化して活躍できるようになるための人材育成施策です。オンボーディングの意味やポイントやメリットを解説します。 株式会社LDcube

▼オンボーディングについてまとめた資料は下記からダウンロードできます。

オンボーディング資料

▼中途採用も重要ですが、人材の流出を防ぐ離職防止策の展開も重要です。

離職防止資料

▼OJTのばらつきを軽減することも大切です。

OJTばらつき資料

目次[非表示]

  1. 1.中途社員向けオンボーディングの要素
    1. 1.1.これまでのスキルを生かす
    2. 1.2.新たなスキルを磨く
    3. 1.3.組織に馴染む
  2. 2.中途社員オンボーディングのメリット
    1. 2.1.①即戦力になるための成長機会を与えられる
    2. 2.2.②成長目標を明確化して離職を防止できる
    3. 2.3.③組織の生産性を底上げできる
  3. 3.中途社員オンボーディングの流れ
  4. 4.中途社員オンボーディングの留意点
    1. 4.1.既存社員との兼ね合い
    2. 4.2.入社のタイミング
    3. 4.3.同期とのネットワーク作り
  5. 5.中途社員オンボーディングには「UMU」
    1. 5.1.①多彩なコンテンツを組み合わせた知識のインプット
    2. 5.2.②インプットした知識を使える知識に変えるケーススタディ
    3. 5.3.③AI技術を活用した課題実践
    4. 5.4.④修了試験の実施で学習度合いを可視化
  6. 6.まとめ

中途社員向けオンボーディングの要素

ここでは、中途社員に必要なオンボーディングの要素について解説します。

中途社員は新たな組織に入社する際には不安もあります。慣れるまでにあまり時間をかけずに働き始められるようにすることがポイントです。

これまでのスキルを生かす

中途社員は前職でそれぞれに異なるスキルや知識を磨いてきました。

オンボーディングの初期段階では、新たに加わった社員が前職で磨いたスキルや知識を最大限に生かせる場を提供することが大切です

例えば、既存のプロジェクトに参加させる、前職での経験を活かす役職や業務を与えるなどが考えられます。

また、こうしたスキルを自己紹介の一環として他の社員に共有することで、組織全体のスキルセットを豊かにするとともに、中途社員が自身の価値を認識し、自信を持つ機会を提供することができます。

新たなスキルを磨く

新たに中途社員として入社した人には、覚えておかなければならない新しいスキルや知識があります。

それは新しい組織の文化、ツール、仕事の進め方などが含まれます。これらを理解し、実践することは、中途社員が日々の業務に必要な自信を持つために不可欠なステップです

オンボーディングには、上記のような新たなスキルを磨くコンテンツや習得の機会を提供するべきです。

組織に馴染む

これは、中途社員が会社の文化、価値観、ビジョンに馴染み、自身を企業の一員と感じることを促進する要素です。

中途社員が他の社員と良好な人間関係を築けるように、チームビルディングの活動や社内イベントへの参加を促すなどを考えることがポイントです

この過程を通じて、中途社員は会社の目標を理解し、それに向かって働く動機付けを得るでしょう。

これは、社員が自分の仕事に満足感を感じ、組織にとって価値ある貢献をするために重要な要素となります。

▼営業職のオンボーディングについては下記で解説しています。
⇒営業メンバーの早期戦力化! 成果が出るオンボーディングプログラムとは?

  営業メンバーの早期戦力化! 成果が出るオンボーディングプログラムとは? 営業力向上に必要な考え方と指標について掘り下げ、営業の早期戦力化、オンボーディングがどのように重要な役割を果たすのかについて解説します。オンボーディングのKPIや、満足度指標など、具体的な事例を紹介し、オンボーディングのステップについても紹介します。 株式会社LDcube

オンボーディング資料


中途社員オンボーディングのメリット

ここでは、中途社員にオンボーディングを実施するメリットを3つ紹介します。

①即戦力になるための成長機会を与えられる

新卒社員に比べて、中途社員は即戦力としての活躍が期待されるケースが多いです。

中途社員は既に一定の知識やスキルを習得している場合もあるため、画一的な全体研修ではなく、今必要な知識・スキルがピンポイントで学べる機会をオンボーディングで実施することが重要です

早期に組織や現場に馴染むことができる研修プログラムや学習機会を提供することで、中途社員が即戦力になるための成長機会を与えられます。

既存社員とのコミュニケーションの機会を設けたり必要なスキルを補える学びの場を提供したりすることで、早期に最大限のパフォーマンスが発揮できるようになるはずです。

②成長目標を明確化して離職を防止できる

中途社員が本来のパフォーマンスを発揮せぬまま離職してしまうと、採用・人事・教育コストの増加に加え、人材不足に陥るリスクがあります。

オンボーディングは中途社員がパフォーマンスを発揮するまでに何を学び、何を身に付ける必要があるのかをロードマップとして示してくれます。

それにより、中途社員は自分の成長に向けた目標を明確にすることができ、着実にスキルアップしてくことが可能となります

自分が成長する姿が明確になることで、離職防止につなげることが可能です。中途社員が離職するリスクを軽減することで、企業の安定経営と今後の成長が期待できます。

③組織の生産性を底上げできる

画一的な全体研修ではなく、中途社員のオンボーディングに上司・同僚を含めたコミュニケーションの機会をふんだんに取り入れることで、組織・チームになじみやすい環境を整えることができます。

オンライン入社式やリモートワークが普及している現代では、いかにコミュニケーションの機会を設けるかが重要です

既存社員とのコミュニケーションを活性化させて関係性の構築ができれば、業務の円滑化や効率化につながり、組織全体の生産性の底上げができます。

▼モチベーション低下による離職を防ぐポイントについては下記で解説しています。
⇒【人事担当者必見】モチベーション低下による退職を防止する5つの取り組み

  【人事担当者必見】モチベーション低下による退職を防止する5つの取り組み 近年、社員の退職の増加が企業の課題になっています。モチベーション低下や退職を防止するためには、原因をしっかり理解して防止するための取り組みを行うことが重要です。この記事では、やる気低下の原因と対策、高めるためのポイントについて解説します。 株式会社LDcube

離職防止資料


中途社員オンボーディングの流れ

中途社員にオンボーディングを実施する際の基本的な流れは以下のとおりです。

  • 組織と従業員の課題分析
  • 研修の目標設定
  • 研修の実施方法、学習コンテンツ、コースの選定
  • 研修の効果測定とフィードバック
  • フォローアップ研修の実施

オンボーディングは単に実施すればよいというものではなく、まずは組織や従業員が抱える課題の分析と明確化が必要です。

どれだけの範囲をオンボーディングでカバーする必要があるか明確になれば、目標の設定がしやすくなります。

目指す目標が決まれば、その目標を達成できる研修方法(OJT、eラーニング、集合研修など)を選定して実際に実施します。

研修後はその効果の測定を行い、必要に応じてフィードバックやフォローアップ研修を実施することで新たな課題や目標の発見と改善につなげることが可能です

中途社員にオンボーディングを実施する際は、オンボーディングの計画→実施→反省→改善のようにPDCAサイクルを意識することが大切です。

▼オンボーディングプログラムの構築については下記で解説しています。
⇒オンボーディングプログラムとは?構築のポイントやメリットなど解説!

  オンボーディングプログラムとは?構築のポイントやメリットなど解説! オンボーディングプログラムとは、新入社員や中途社員など企業に入社した人が、新しく仕事を覚えたり、組織になじみやすくしたり、即戦力化して活躍できるようになるための人材育成施策です。オンボーディングの意味やポイントやメリットを解説します。 株式会社LDcube

オンボーディング資料


中途社員オンボーディングの留意点

既存社員との兼ね合い

組織にはすでに社員が在籍しています。

そこに中途採用者が加入する場合、既存社員との兼ね合いは、中途採用の成功において重要になります。

中途採用者が早期に成果を上げるためには、自身の役割を理解し、担当業務に専念できる環境作りが重要です。

そこで有効なのが、オンボーディングプログラムの利用です。同時に、既存の階層別研修に中途採用者をどの階層で参加させるかも検討すべきです。

中途採用者の前職での経験や年数によりますが、大まかに言えば、同じ年代の社員と同等に扱うことが望ましいでしょう。

さらに、中途採用者とは定期的に1on1ミーティングを設けて感じていることをヒアリングし、深い関係性を築いて定着を促すことが大切です。

入社のタイミング

中途採用では、自社の業績や人材ニーズ、担当部署の状況を考慮した上で採用活動を行います。

近年では、年間を通じて中途採用を行っている企業も多く、毎月中途採用者の入社があることが珍しくありません。

理想的なタイミングは、新たに採用された人材がスムーズに適切な配属先につくことができストレスなく業務に取り組むことです。

これにより、中途社員が早期に具体的な成果を上げ、自身のキャリア形成の基盤を作ることが可能になります。

同期とのネットワーク作り

新卒の一括採用では自然と「同期」というネットワークが形成されます.。

中途採用者にとっても「同期」は新たなネットワーク形成の重要な手段となります。

転職は大きな変化をもたらしますが、同じ時期に入社した仲間と一緒に新環境に適応することで、そのストレスを軽減することが可能です。

このような同期間のネットワークを支援する施策を導入することで、中途社員の定着や成長に寄与します。

強い絆を持つ「同期」という関係性は、自社でのキャリア形成に実り多い結果をもたらすことでしょう。

▼オンボーディングとOJTの違いについては下記で解説しています。
⇒オンボーディングとOJTの違いとは?異なる目的や取り組みを理解しよう!

  オンボーディングとOJTの違いとは?異なる目的や取り組みを理解しよう! 社員教育の一環として、オンボーディングやOJTなどの取り組みが企業で行われています。自社の方針やニーズにあった手法を選ぶためには、まずそれぞれの違いを把握しておくことが重要です。この記事では、それぞれの概要、従来の集合研修との相違点など含めて、オンボーディングに役立つ要素について詳しく解説します。 株式会社LDcube

離職防止資料


中途社員オンボーディングには「UMU」

中途社員に向けたオンボーディングをより効果的に行うのであれば、学習プラットフォームの導入がおすすめです。

ここでは、オンボーディングの効果を最大化する学習プラットフォーム『UMU(ユーム)』の特徴を4つ紹介します。

①多彩なコンテンツを組み合わせた知識のインプット

UMUを活用することで多彩な学習コンテンツを組み合わせて、中途社員が必要な知識を提供できるようになります。

企業の基礎知識や仕事内容の紹介、社内システムの使い方など幅広い情報の共有が可能であり、仕事のイメージが早期につかみやすくなります

また、UMUで部署やメンバーの紹介をすることで不安感や孤独感などが軽減され、入社に対する安心感を作ることも可能です。

②インプットした知識を使える知識に変えるケーススタディ

UMUは業務シーンを想定したケーススタディで、知識やスキルの応用を効率よく学ばせることが可能です。

インプットした知識を「使える知識」にするために、可能な限り現実に近いシーンを想定したケーススタディを実施することで、中途社員も仕事のイメージがつかみやすくなります

仕事のイメージを早期につかめれば即戦力化につながり、企業の業績にもいち早く貢献できるようになります。

③AI技術を活用した課題実践

AIコーチング実演画像

UMUのAIコーチングを活用することで、接客や営業で必要になる「伝える力」を効果的に習得できます。

AIコーチングはカメラに向かって話している様子をAIが分析して、表情や話すスピードなどの観点から分析とフィードバックを行う機能です

現場が忙しく、ロールプレイングが思うように実施できない場合に有用であり、1人でも効果的にトークの練習ができる場を構築できます。

AIコーチングはセールストレーニングに限らず、さまざまなポジションやシーンで活用可能です。

④修了試験の実施で学習度合いを可視化

UMUでは修了試験を実施することが可能であり、企業理念や組織体制、社内システムやビジネスマナーなど幅広いジャンルの学習度合いを可視化できます。

中途社員の学習度合いや知識・スキルの習得度を数字で把握できるため、不足している知識や今後必要な学習の選定に役立ちます

全体の平均点や項目ごとの正答率、選択肢の傾向などの確認ができるため、アフターフォローやオンボーディングプログラムのブラッシュアップにデータを活用することが可能です。

▼オンボーディングをシステムで効率化するポイントについては下記で解説しています。
⇒オンボーディングをシステムで効率化!現場教育と全社教育の違いを解説!

  オンボーディングをシステムで効率化!現場教育と全社教育の違いを解説! オンボーディングは人材育成のプロセスであり、新しく採用されたメンバー(新卒・中途)の離職防止や定着率の向上などの効果やメリットが期待できます。ただし、現場の実務教育と全社の共通教育では事情が異なります。その点を踏まえ、オンボーディングを効率化するおすすめのシステムやサービスの利用についても解説します。 株式会社LDcube


まとめ

この記事では、中途社員向けのオンボーディングについて以下の内容で解説しました。

  • 中途社員に必要なオンボーディングの要素
  • 中途社員にオンボーディングを実施するメリット
  • 中途社員にオンボーディングを実施する流れ
  • 中途社員オンボーディングの留意点
  • 中途社員向けオンボーディングの効果を最大化するUMU

中途社員に対して新卒社員向けの研修や一般的な全体研修を実施するだけでは、組織や職場への適応が促せない可能性があります。そこで注目されているのがオンボーディングです。

オンボーディングを実施することで組織と職場への適応と現在不足している知識・スキルをピンポイントで補うことが可能です。

既存社員とのコミュニケーションの場を設けることで、組織の一員としての意識が生まれ、自分が期待されていることの理解が深まります。

オンボーディングの効果を最大化するのであれば、学習プラットフォームの導入も一つの選択肢です。

LDcubeは『UMU』の戦略パートナーであり、企業の課題に応じた効率的な運用や学習モデルのデザインに関するサポートをしています。

中途社員の学習状況の確認や不足している知識・スキルの把握ができるため、研修の効率化やコスト削減が実現できます。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

▼関連資料はこちらからダウンロードできます。

UMU資料

オンボーディング資料

離職防止資料

OJTばらつき資料

  お問い合わせ| LDcube(エルディーキューブ) LDcube(エルディーキューブ)に関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。組織変革・人材育成を50年以上支援するビジネスコンサルタントが持つ集合研修の豊富な知見と、最先端の学習ツールをかけ合わせ、個人と組織に最適な「学び」をデザインし、企業様の競争力強化に貢献します。 株式会社LDcube

▼関連記事はこちらから。

  オンボーディングプログラムとは?構築のポイントやメリットなど解説! オンボーディングプログラムとは、新入社員や中途社員など企業に入社した人が、新しく仕事を覚えたり、組織になじみやすくしたり、即戦力化して活躍できるようになるための人材育成施策です。オンボーディングの意味やポイントやメリットを解説します。 株式会社LDcube
  オンボーディングとOJTの違いとは?異なる目的や取り組みを理解しよう! 社員教育の一環として、オンボーディングやOJTなどの取り組みが企業で行われています。自社の方針やニーズにあった手法を選ぶためには、まずそれぞれの違いを把握しておくことが重要です。この記事では、それぞれの概要、従来の集合研修との相違点など含めて、オンボーディングに役立つ要素について詳しく解説します。 株式会社LDcube
  オンボーディング(新人研修)とは?重要な取り組みと導入ステップ オンボーディングは新入社員研修における方法のひとつで、社員の定着率向上や早期戦力化などが期待できることから、企業で取り入れられています。しかし、実施したいと思っていても概要や目的が分からず、実行に移せないという担当者もいるのではないでしょうか。本記事ではその概要やメリット、目的や具体的な取り組み、導入ステップについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  営業メンバーの早期戦力化! 成果が出るオンボーディングプログラムとは? 営業力向上に必要な考え方と指標について掘り下げ、営業の早期戦力化、オンボーディングがどのように重要な役割を果たすのかについて解説します。オンボーディングのKPIや、満足度指標など、具体的な事例を紹介し、オンボーディングのステップについても紹介します。 株式会社LDcube
  効果的なOJTとは?意味と目的、新時代の学習環境の作り方を解説 OJTは、企業内で具体的な仕事を通じて、社員を育成する社員教育法の1つです。本記事では、その意味や目的、効果、そしてOJTの活用方法について詳しく解説します。そして、これからの時代に合わせたOJTのあり方や新時代に合わせてバージョンアップすることで享受できるメリットについても紹介します。 株式会社LDcube
  デジタル時代のOJTマニュアルとは?社員教育のポイントを紹介! 新入社員教育の効率化と効果向上を図るために、OJTが活用されており、鍵となるのがマニュアルです。OJTマニュアルの重要性、作り方、運用手順について詳しく解説します。また、新時代に適応したデジタルツールを活用した作成・運用方法についても紹介します。 株式会社LDcube
  OJTで教える社員の役割とは?デジタル時代に必要なポイントを解説! OJTの効果最大化のカギは、教える側の育成や教育にあります。効果的なOJTを実現するためにOJT担当者が理解しておくべきポイントやメリットについて掘り下げます。またデジタル時代の実務や業務の特徴やデジタル時代に必要なスキル、デジタルツールを使った教える側の生産性を向上する秘訣まで解説します。 株式会社LDcube
  若手社員の離職防止をするには?効果的な取り組みや定着を支援するツールも紹介! 若手社員の離職が頻繁に発生すると、未来を担う人材の育成が進まず、将来的に企業が成長できない可能性があります。若手社員の離職を防止するためには、理由の把握と改善のための施策が必要です。退職理由、離職を防止するための取り組みなどについて解説します。 株式会社LDcube
  レジリエンス研修とは?実施で得られる効果と代表的な5つの要素 ストレスや逆境に直面しやすい現代のビジネスシーンでは、困難な状況でも立ち向かって前に進む力、つまり、高いレジリエンスを持った人材が必要です。そんな人材育成のためにはレジリエンス研修が有用です。研修の概要や得られる効果、代表的な要素について詳しく解説します。 株式会社LDcube
  UMUを活用したオンボーディング オンボーディングプログラムとは、新入社員や中途社員など企業に入社した人が、新しく仕事を覚えたり、組織になじみやすくしたり、即戦力化して活躍できるようになるための人材育成プログラムです。UMUを活用することで、効果的・効率的に運用することができます。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事