catch-img

従業員エンゲージメント調査とは?実施する重要な目的と期待できる効果


従業員が組織に対してどれほどの信頼や愛着があるのかを測定したい場合、サーベイツールを使った従業員エンゲージメント調査が有用です。

従業員エンゲージメント調査は、組織と個人の現状を定量的に評価して課題を抽出できるため、人事施策の企画に役立ちます。

この記事では、従業員エンゲージメント調査の重要な目的や期待できる効果などを詳しく解説します。


目次[非表示]

  1. 1.従業員エンゲージメント調査とは
  2. 2.従業員エンゲージメント調査の重要な目的
    1. 2.1.①組織の状態の可視化
    2. 2.2.②従業員の状態の可視化
    3. 2.3.③人事施策に分析データを活用できる
  3. 3.調査後のフォローで期待できる効果
  4. 4.従業員エンゲージメント調査の実施方法
    1. 4.1.①自社での実施
    2. 4.2.②外注での実施
  5. 5.従業員エンゲージメント調査の具体的な流れ
  6. 6.調査後のエンゲージメント向上施策
  7. 7.まとめ


従業員エンゲージメント調査とは

従業員エンゲージメント調査とは、従業員の企業理念やビジョンに対する理解度・共感度、業績向上に対する行動意欲、現在展開している各種人事施策の浸透度・納得度を調査することです

一般的には、サーベイツールを用いて従業員に向けてアンケートを行い、その結果からエンゲージメントを可視化します。

従業員エンゲージメント調査を通じて、部門単位や従業員一人一人の企業に対する愛着度や信頼度、仕事に対する熱意などが明らかになるため、改善点が見つかりやすくなります。


従業員エンゲージメント調査の重要な目的

ここでは、従業員エンゲージメント調査の目的である組織と従業員の状態の可視化、分析データの活用について詳しく解説します。

①組織の状態の可視化

従業員全体のエンゲージメント調査により、組織の現状と課題を可視化できます。

エンゲージメントサーベイツールでは、さまざまな指標を数値化したりグラフで表したりできるため、組織に足りない要素を容易に把握できます。

組織の状態をより鮮明に可視化する場合、組織文化や労働条件、人事評価制度、福利厚生などのさまざまな観点から多面的に評価することが望まれます

②従業員の状態の可視化

部門・職場のエンゲージメントを数値化することで、その部門・職場のメンバーと組織とのつながりの強さや、仕事に対する意欲などを見える化できます。

従業員の求めている理想と現状のギャップを洗い出す手段となるため、新入社員や中途社員に企業理念・ビジョンがどの程度浸透しているのか把握したい場合に役立ちます。

また、上司と部下、同僚同士などの人間関係や、現場での自己成長、キャリアパスなどに対する満足状況もエンゲージメント調査で測定可能です。

③人事施策に分析データを活用できる

従業員エンゲージメント調査は、組織と従業員の状態を可視化するだけではなく、調査結果の分析データを人事施策に生かすことができます

例えば、「組織から適正な評価を受けていない」と感じている従業員が多い場合、人事評価制度の見直しや、管理者の評価スキルの向上などを検討します。

現場でのコミュニケーションや人間関係の構築に悩んでいる従業員がいる場合は、上司と部下の1on1ミーティングを実施してフォローすることが可能です。

従業員エンゲージメント調査の分析データは、他にも組織開発や労働環境の整備など、多岐にわたる領域に活用できます。


調査後のフォローで期待できる効果

従業エンゲージメント調査と分析データに基づいた取り組みにより、従業員個人のモチベーションや組織全体の生産性向上など、さまざまな効果が期待できます。

▼期待できる効果

  • 従業員個人のモチベーション向上
  • 労働条件や人事評価制度に対する不満の解消
  • 良好な人間関係の構築
  • 組織全体の生産性向上
  • 組織全体のコミュニケーション活性化
  • 離職率の低下 など

エンゲージメントが低い従業員に対する適切なフォローは、組織内での人間関係や人事評価、成長支援に対する不満が解消され、仕事に対する熱意や行動意欲を呼び起こすため、離職防止につながります。


従業員エンゲージメント調査の実施方法

従業員エンゲージメント調査は、自社で行うか外注で行うかを選択する必要があります。自社での実施と外注での実施にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、わかりやすく解説します。

①自社での実施

自社でエンゲージメント調査を実施する場合、好きな調査方法(紙やWebツールなど)を選ぶことができ、従業員に対する質問項目も自由に設定可能です

さらに、調査の適用範囲も自社で選べるため、外注するよりもコストを抑えられます。

ただし、外部の専門業者にするよりも、エンゲージメントの調査・評価・分析に関して専門性に欠ける可能性があります。

また、計画から実施、分析までを自社で担うため、負担が大きくなることも想定しなければなりません。

②外注での実施

従業員エンゲージメント調査を外部の専門業者に依頼した場合、専門家による的確なアドバイスを受けられます。

専門家のノウハウが生かされた精度の高い調査と分析、その後のコンサルティングによって、従業員エンゲージメント調査の有用性が高まります

ただし、自社で実施するよりも、コストが高くなりやすいのがデメリットです。

また、利用するサービスによって設問のカスタマイズ性や調査範囲が制限されるため、自社の要件をすべて満たせない可能性があります。

外注で従業員エンゲージメント調査を実施する場合は、複数他社を比較して自社に最適なサービスを選定しましょう。


従業員エンゲージメント調査の具体的な流れ

従業員エンゲージメント調査は、一般的に以下のような流れで進行します。

  • 調査の目的を明確化して、従業員に共有する
  • 調査の実施方法を選定する(紙かWebか、自社か外注か)
  • エンゲージメントサーベイツールを選定する(Webの場合)
  • 設問の内容、回答期限、未回答者への対応などを決める
  • エンゲージメント調査を実施する
  • エンゲージメント調査の結果を数値化して分析する
  • 分析データに基づいて従業員にフィードバックする
  • 分析データを用いて部門・職場単位でグループディスカッションを行う
  • 分析データに基づいた人事施策を企画する
  • 人事施策の効果測定と改善をする

従業員エンゲージメント調査は、組織と従業員の課題を可視化するとともに、課題解決に向けた人事施策の企画・実施・効果測定・改善のPDCAを回すことが重要です

エンゲージメント向上を目的とした施策は多種多様ですが、サーベイツールを用いて現状の可視化と分析をすれば、何から着手すべきか明確になります。


調査後のエンゲージメント向上施策

従業員エンゲージメントの可視化と向上を目的とした調査では、調査をやって終わりではなく、結果を踏まえて部門・組織でディスカッションしていくことが重要です。

まずは、調査結果をトップマネジメント含む経営幹部にフィードバックし、ディスカッションを行います。

次に、各経営幹部が自分の部署に持ち帰り、自分の部署の管理職に対してフィードバックし、ディスカッションを行います。

そして、管理職が自分の職場に持ち帰り、職場メンバーに対してフィードバックし、ディスカッションを行います。

上記の事をインターロッキングチェインオブカンファレンスといいます

このような上司と部下がグループディスカッションという形式で議論を行った場合、プラスの変化がもたらされるとされています。

また、職場でのグループディスカッションに慣れていない場合、心理的安全性が確保されておらず、議論が進まないことがあります。

その際には、データを用いた議論に入る前に、職場メンバーでワークショップを行い、議論がしやすい土台をつくっておくことが大切です。

LDcubeではLIFOプログラムを活用した職場ワークショップ『MSS(マネジメント・スキル・シリーズ)』で職場単位の議論をするサポートをしています。

組織内外の『人』における問題解決力を有する人材を育成したい場合には、LDcubeの『MSS』もぜひご活用ください。


まとめ

この記事では、従業員エンゲージメント調査について以下の内容で詳しく解説しました。

  • 従業員エンゲージメント調査の重要な目的
  • 調査後のフォローで期待できる効果
  • 従業員エンゲージメント調査の実施方法
  • 従業員エンゲージメントの具体的な流れ
  • 調査後のエンゲージメント向上施策

従業員エンゲージメント調査では、さまざま設問を含めたアンケートの実施と結果の分析でエンゲージメントを数値化したりグラフ化したりできます。

エンゲージメントの可視化で組織と個人の現状を把握したあとは、分析データを活用して人事施策を改善することが重要とされます。

従業員エンゲージメント調査を行った後は、その結果を活用して、上司と部下という関係性において階層ごとにグループディスカッションをしていくことが重要です。それが、エンゲージメント向上には必要不可欠です。

グループディスカッションが不慣れな場合は、関係者でワークショップを行い、ディスカッションがしやすい環境の土台をつくることが大切です。

株式会社LDcubeでは職場ワークショップ「MSS」の提供で、職場単位のディスカッションをする環境づくりのサポートをしています。

関連資料を無料で公開していますので、ぜひこの機会にご覧になってみてはいかがでしょうか。

  お問い合わせ| LDcube(エルディーキューブ) LDcube(エルディーキューブ)に関するお問い合わせや、料金プランのご相談などは当ページより承ります。組織変革・人材育成を50年以上支援するビジネスコンサルタントが持つ集合研修の豊富な知見と、最先端の学習ツールをかけ合わせ、個人と組織に最適な「学び」をデザインし、企業様の競争力強化に貢献します。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料

Article
おすすめ記事