catch-img

マイクロラーニングとは?メリットや効果的な活用など一気に解説!

変化の激しい現代、企業の教育訓練はスピーディーかつ効率的な学習方法を必要としています。そこで注目されているのが、eラーニングの1つである「マイクロラーニング」です。

本コラムでは、マイクロラーニングの定義からその背景、メリット・デメリット、そして実践的な利用方法、世界レベルのコンテンツまで、企業がマイクロラーニングを導入するためのポイントを解説します。

▼マイクロラーニング活用については、汎用的なコンテンツの活用と自社でのコンテンツ作成の大きく2種類あります。自社での動画コンテンツの作り方については下記にまとめています。
動画コンテンツの作り方

▼マイクロラーニングなどを活用しながら能力開発を図ることは重要です。調査から能力開発に適した年齢が分かりました。タイミングを逃さず能力開発を行いましょう。気が付いたら能力開発に適した年齢が過ぎていたということは避けたいものです。

能力開発に適した年齢資料

▼汎用的な マイクロラーニングについての詳細は下記資料をご覧ください。

マイクロラーニングカタログ

目次[非表示]

  1. 1.そもそもマイクロラーニングとは
  2. 2.マイクロラーニングが求められる背景
  3. 3.マイクロラーニングのメリット
    1. 3.1.人間は忘れる生き物
    2. 3.2.隙間時間+モバイル端末の活用
    3. 3.3.後から確認がしやすい
    4. 3.4.コンテンツの差し替えが容易
  4. 4.マイクロラーニングのデメリット
    1. 4.1.知識の断片化
    2. 4.2.長期的なスキルの獲得に限界
    3. 4.3.自己管理能力の必要性
    4. 4.4.質のバラつき
  5. 5.マイクロラーニングにおける2分類
    1. 5.1.汎用的なコンテンツ
    2. 5.2.自社オリジナルコンテンツ
  6. 6.マイクロラーニングで世界レベル学習
  7. 7.マイクロラーニングの作り方について
    1. 7.1.学習目標を明確にする
    2. 7.2.テーマを絞り込んで最小化する
    3. 7.3.各テーマについてコンテンツ作成
    4. 7.4.レビューや問題を提供
    5. 7.5.フィードバックを集めて改善
  8. 8.マイクロラーニングを使った新学習法
  9. 9.マイクロラーニングコンテンツの紹介
  10. 10.マイクロラーニングについてのまとめ

そもそもマイクロラーニングとは

マイクロラーニングとは、eラーニングの1つで、短時間で行える学習のことを指します。

具体的には、個々の学習内容を5分~10分程度で完結するように設計し、その一連の学習によって全体の知識やスキルを習得する方法のことを言います。

単なるインプットのみならず、テストなどのアウトプットや学んだことを実践につなげるガイドなども含めて受講するのがマイクロラーニングです。

長時間にわたる学習よりも断片的な時間に分けて短時間で学ぶことで、集中力がなくなる前に効率的に知識を吸収することができます。

特に、スマホやタブレットなどのモバイルデバイスを利用して、移動時間や休憩時間などのスキマ時間に学習することが可能です。

動画やテキスト、クイズなど、さまざまな形式のコンテンツが利用できるため、学習者自分のペースで自己学習を進めることができ、企業は必要な時に必要な情報を取り出して、学習者の実践行動をサポートすること可能です。

また、ビジネス研修や教育プログラムの中で活用し、アクションラーニングとして導入されることも多いです。

▼マイクロラーニング以外の人材育成のキーワードについてはこちらを参照ください。
⇒【キーワード】人材育成担当者が知っておくべき学びのトレンド

  【キーワード】人材育成担当者が知っておくべき学びのトレンド 多くの企業がオンライン研修を取り入れていますが、集合研修をそのままオンラインに置き換えただけで終わっているケースも多く見受けられます。今回はそこから脱却し、学びの成果をあげるトレンドに関するキーワードを紹介します。 株式会社LDcube


マイクロラーニングが求められる背景

マイクロラーニングは時間と場所に縛られない新たな形の学習方法です。

これは、短時間で特定のトピックやスキルを学習し、即座にそれを活用することができます。

1時間単位でまとまった時間を確保して学習するものではなく、 これまでのeラーニングと比較して1つ1つの学習内容が小規模であるため、学習者は自分のペースで学習を進めることができます。

では、なぜ現代ではマイクロラーニングが求められているのでしょうか。それは主に以下の3つの背景によるものです。

情報の急激な増加

手に入る情報が増える一方で、その全てをきちんと理解し利用するのは非常に困難になっています。

特に専門的な知識を要する領域では、新しい情報や知識が日々更新され、その取捨選択が重要となります。

マイクロラーニングは忙しい現代の中で、必要な時に必要な知識を効率よくコンパクトに学ぶ手法として絶大な効果を発揮します。

時間の制約

現代は働き方改革が進む一方、多忙な生活を送る人が増え続けており、時間を大切にしたいというニーズが高まっています。

そうした中で、マイクロラーニングは短時間での勉強に対応するものであり、自分の生活リズムに合わせて柔軟に学習ができるようになっています。

これにより、仕事や生活への負担を少なく、空いた時間を有効活用してスキルアップを図ることが可能になります。

テクノロジーの進化

パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスや、インターネットの普及により、いつでもどこでも情報を取得・学習することが可能になりました。

人工知能(AI)やクラウド技術の発展により、学習者によってパーソナライズされた学習が可能となるなど、学習環境は大きく進化しています。

このような技術の進歩を最大限に活用し、効率的な学習が求められています。

これらの背景からマイクロラーニングは、学習環境にログインさえできれば、時間と場所に縛られず、必要な知識を効率よく吸収できるという特性から、現代社会で重要な位置を占めています。

マイクロラーニングカタログ

マイクロラーニングのメリット

マイクロラーニングには以下のようなメリットや特徴があります。

人間は忘れる生き物

人間の記憶力には限界があり、一度に大量の情報を学ぼうとすると、その情報が必要になるまでの間に、その大部分を忘れてしまうと言われています。

これに対してマイクロラーニングでは、小さな情報単位で学習を行うので理解しやすく、その情報を使うまで忘却されにくくなっています。

1回あたりの学習内容を小分けにすることで学びたい事柄が明確になり、継続的な学習が可能になります。

隙間時間+モバイル端末の活用

マイクロラーニングの強みは、その短時間で完結するコンテンツによって場所や時間を問わない学習が可能となる点にあります

具体的には、通勤中や昼休みといった、日常の隙間時間を使って学習することができます。

さらに、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末を使うことで、移動中や寝る前など、自分の好きな時間と場所で学べるのです。

つまり、マイクロラーニングは隙間時間とモバイル端末の活用を通じて、自分のライフスタイルに合った形で学習を進めることができます。

後から確認がしやすい

マイクロラーニングのコンテンツは小さな単位に分割されているため、必要な情報をすぐに確認することが可能です。

また、一度学んだ内容を思い出す際にも、特定の情報がどのコンテンツに含まれているかを効率良く探すことができます。

コンテンツの差し替えが容易

マイクロラーニングのコンテンツは小分けになっているため、一部の情報が更新された場合でもその部分だけを差し替えることが可能です。

これにより、最新の情報に手間をかけずに簡単に更新することができます。

また、ユーザーの反応やニーズに応じて短期間でコンテンツを最適化することも可能です。

これらのメリットにより、マイクロラーニングは従来の長時間にわたる一貫した学習方法とは異なり、短期間での集中学習と情報の即時性に重点を置いています。

▼ マイクロラーニングを活用したOJTのマニュアル化も有効です。
⇒デジタル時代のOJTマニュアルとは?社員教育のポイントを紹介!

  デジタル時代のOJTマニュアルとは?社員教育のポイントを紹介! 新入社員教育の効率化と効果向上を図るために、OJTが活用されており、鍵となるのがマニュアルです。OJTマニュアルの重要性、作り方、運用手順について詳しく解説します。また、新時代に適応したデジタルツールを活用した作成・運用方法についても紹介します。 株式会社LDcube


マイクロラーニングのデメリット

知識の断片化

マイクロラーニングは、1つ1つの学習ユニットが小さく、特定のテーマやスキルに集中しているため、深い学びや広範な視野を得ることが難しいという側面があります。

また、学びが断片的になると、それらを1つに結びつけて全体像を理解することに課題が出てくることがあります。

長期的なスキルの獲得に限界

必要に応じて短時間で学ぶマイクロラーニングは、短期的な情報習得や即時性のあるスキル獲得には有効ですが、長期的な知識の体系化や高度なスキル習得には限界があります。

複雑で深度のある学問領域やスキル習得には、時間をかけてじっくりと学ぶ必要があります。

自己管理能力の必要性

マイクロラーニングは自己学習が基本となるため、自己管理能力が求められます。

自分の学びを計画・管理し、一定のペースで進めていくためには自己規律が必要です。

これが欠けてしまうと、学習の効果を発揮できない場合もあります。

質のバラつき

マイクロラーニングとして活用できるコンテンツは、ウェブ上に数多く存在します。

そのため、コンテンツの質にバラつきがあったり、情報が古かったりすることもあります。

情報の信ぴょう性や質を見極める力が必要です。

以上がマイクロラーニングのデメリットです。これらに対応するためには、長時間の学びと組み合わせてバランスよく使うこと、自己管理能力を高めること、信頼できる情報源を見つけることなどが重要です。

▼ 下記も合わせてご覧ください。
⇒OJTの最大のデメリットとは?解決策と合わせて詳しく解説!

  OJTの最大のデメリットとは?解決策と合わせて詳しく解説! 社会人教育に有効なOJTのデメリットとその解決策について詳しく解説します。社員に現場のスキルを直接伝えるためのOJTは、効果性が認識されていますが、最大の課題は「ばらつき」です。ばらつきを放置すると失敗しかねません。それを克服するための手法としてOJTのデジタル化がありますので、ポイントなど紹介します。それによりばらつきを軽減し、効果と効率を向上させます。 株式会社LDcube

動画コンテンツ作成

マイクロラーニングにおける2分類

マイクロラーニングのコンテンツは、大別して2つの方法で作成されます。

汎用的なコンテンツを用いる方法と、自社オリジナルのコンテンツを作成する方法です。

汎用的なコンテンツ

これは、さまざまな場面や企業で用いられるように作成された一般的なコンテンツを指します。

既存の学習プラットフォームから提供されることが多く、広範にわたるテーマがカバーされています。

メリット

  • コンテンツの開発に時間とコストをかけることなくすぐに導入できる
  • どのような学習者であっても適応できるため、あらゆる場面で利用が可能
  • 多くのプラットフォームでは、コンテンツが定期的に更新され、最新の情報を学べる

デメリット

  • 自社特有のニーズや課題に対応するためのカスタマイズが難しい場合がある
  • 他社と同じ教材を使用するため、競争優位性を得ることが難しい


自社オリジナルコンテンツ

自社オリジナルのコンテンツとは、自社独自のニーズや課題に合わせて作成されたコンテンツを指します。社内のみでオープンにし、ノウハウを共有します。それをもとに、独自の教育プログラムを開発し、従業員のスキルアップを図ることができます

メリット

  • 自社のビジネスや文化に合わせてカスタマイズすることができ、従業員が自社の業務遂行や目標達成に必要なスキルを身に付けることができる
  • 自社の情報を保護しつつ、独自の教育内容で競争優位性を持つことが可能

デメリット

  • 自社でコンテンツを作成するため、時間とコストがかかる
  • そのコンテンツが常に最新の情報を反映しているわけではないため、定期的に更新するなどの運用が必要

これらの方法は、それぞれ一長一短があります。

現実的な対策としては、汎用的なテーマに関しては既存のコンテンツを活用し、自社独自の内容については社内で作成していくという組み合わせが考えられます。

マイクロラーニングで世界レベル学習

マイクロラーニングは現代の教育において世界中で急速に普及しています。

著名な大学や教育プロバイダーは、オンラインを通じて世界中の学習者に向けてマイクロラーニングのコースやプログラムを提供しています。

具体的には、ビジネス戦略、マーケティング、財務、リーダーシップなど、MBAプログラムで学ぶようなさまざまなテーマを扱いつつ、短期間で吸収できるように構成されたコースが用意されています。

例えば、ハーバード大学、スタンフォード大学、ウォートン・スクール(ペンシルベニア大学)などのトップのビジネススクールの教授陣が登壇しているビデオ講義なども存在しており、一部では資料やインタラクティブなクイズ形式の学習も含まれています。

また、これらの講義内容はいつでもアクセス可能で、学習内容の復習が行えるという利点も持ち合わせています。

世界的に有名な教授陣の豊富な知識と経験に基づくマイクロラーニングのコンテンツは、キャリアアップや特定の課題解決のための必須スキル、知識を効率良く習得する手段として大いに価値があります。

これらのコースは、多忙なビジネスパーソンでも自分の都合に合わせて学習を進めることができ、さらに最新のビジネストレンドを追いつつ、自己啓発に役立つでしょう。

さらに、世界的に有名な教授たちから直接的な指導を受けられるのも、これらのマイクロラーニングプログラムが提供する魅力の一つです。

マイクロラーニング資料

マイクロラーニングの作り方について

自社内で独自のマイクロラーニングを作る際の手順について紹介します。

学習目標を明確にする

何を学びたいのか、何を達成したいのかを明確に定義してください。

マイクロラーニングは、学習者が特定のスキルや知識を短時間で効果的に学ぶことを目標としており、それは具体的で測定可能であるべきです。

テーマを絞り込んで最小化する

全体的な内容を把握したら、それを分野ごとに分け、さらに小さなテーマや単位に細分化します。

自己完結型になるよう、1つの単位につき1つのポイント、または概念を扱うように設計します。また、1つの単位が5分~10分を超えないようにします。

各テーマについてコンテンツ作成

ここで多様な形式を使用することが重要です。ビデオ、テキスト、インタラクティブなクイズやゲーム、ディスカッションなど、学習スタイルや内容に最適な形式を選択します。

ただし、学習者が一度に消化できる情報量には限りがあるので、必要な情報だけを伝え、それを強調しやすい形式を選びます。

レビューや問題を提供

マイクロラーニングで得た知識を定着させるためには、それを使って何かをするように促すことが重要です。

そのため、各マイクロラーニングの終わりに反復問題やポイントを確認し、行動につなげるための短いクイズなどを設けると良いでしょう。

フィードバックを集めて改善

作成したマイクロラーニングのコンテンツは、学習者の反応に基づいて継続的に改良します。

どのセクションが役立ったか、どの部分が難しかったかなどの情報を収集し、それを基に内容を更新・改善します。

以上がマイクロラーニングのコンテンツ作りの基本的な流れです。この流れにのっとりながら、学習者のニーズや反応に応じて柔軟にアジャストしていくことが、効果的なマイクロラーニングの設計につながります。

▼ コンテンツ作成についてはこちらもご覧ください。

動画コンテンツ作成資料


マイクロラーニングを使った新学習法

マイクロラーニングは、コンテンツを小さな部分に分割して学習を促進する学習法ですが、これをさらに効果的に使用するためには、グループでの学習、すなわち「コホート型学習」を組み合わせることが有効です。

コホート型学習とは一定の期間(コースやプログラムの長さ)にわたり、同じグループの学習者が一緒に学びを進めていく学習スタイルのことです。

一緒に学び、議論し、コラボレーションを行うことで、深い理解を促進し、学習体験を豊かにすることができます。

これをマイクロラーニングと組み合わせると、以下のような新たな学習法が生まれます。

まず同じ目標を共有する学習者が集まり、マイクロラーニングのコンテンツを自分のペースで学習します。

その後、コホート(学習者グループ)は予定された時間に集まりワークショップに参加します(オンラインベース、集合でも可)。

ワークショップでは新たにマイクロラーニングで学んだ知識やスキルについて議論します。それは質問を投げかけたり、自分の理解を他人と共有したり、一緒に問題を解決したりする形を取ることができます。

これにより、学習者は独自の学習経験を深め、新たな視点を得ることができます。

また、共同で学習することで、学習者同士が互いに学ぶことを助け、複雑な問題に対する深い理解を促進します。

コホート型学習の終わりに、学習者は新たに得た知識やスキルを取り入れ、それを個々の学習目標と結びつけます。

この方式は、学習者が複数の観点から新たな知識を理解し、それを具体的な学習目標や日常の問題に応用できるよう支援します。

また、コミュニケーションの設定やグループワークの導入により、相互学習や学習者の参加を促進し、学習体験を一段と充実させることができます。

他の学習者とのワークショップが予定されていることで、学習のペースメーカーとすることができます。

このような方法で、マイクロラーニングとコホート型学習を組み合わせることで、学習者にとって魅力的で効果的な新たな学習法を導入することが可能となります。

能力開発に適した年齢資料

マイクロラーニングコンテンツの紹介

世界有数のビジネススクール教授陣によるMBAレベルの講義をマイクロラーニングで学習することができます。

講義・事例、コンサルティング活動の成果や最新の理論を学び、ヒントを得ることができます。

管理職として活躍している、管理職を目指している多くのビジネスパーソンに利用いただいています。

下記5つのカテゴリーでそれぞれ10コースずつ用意しています。

【カテゴリー一覧】

  1. 一流の仕事をするための自己理解・開発
  2. 新しい時代のリーダーシップと人材開発
  3. 働きがいのある職場づくりとエンゲージメント
  4. 社員のパフォーマンスを向上させる組織開発
  5. 企業価値向上への経営・マネジメント

 
【コース一覧(一部抜粋)】
実際に、いくつか人気のある代表的なコースを紹介します。(詳細概要はリンク先のコース紹介をご覧ください) 

※開発はフランスのCrossKnowledge社(https://www.crossknowledge.com/ )が手掛けており、株式会社LDcubeは日本国内のパートナーとしてローカライズ、マーケティング、サービス提供を行っています。提供するコンテンツは世界中で豊富な利用実績を有しています。

マイクロラーニングについてのまとめ

マイクロラーニングとは?メリットや効果的な活用法・コンテンツなど一気に解説!について紹介してきました。

環境変化の激しい現代においての学び方の主流がマイクロラーニングになってきています。テーマを絞り込んで構成し、5~10分程度で学習できる学習です。

スマートフォンなどの活用により、時間と場所を選ばず学習することができ、そのメリットは大きいです。

汎用的なテーマに関しては、世の中に既にあるコンテンツを活用し、自社独自の内容については社内で作成して運用していくことが効果的です。

汎用的なコンテンツの活用により、世界レベルのMBA教授陣の講義を日本にいながら効率的に学習することも可能です。

株式会社LDcubeでは、サービスの1つとして世界レベルのMBA教授陣のマイクロラーニングコンテンツを提供しています。

質の高いコンテンツを活用しながら、社内で一緒に学ぶコミュニティを形成して、オンラインセッションなど組み合わせながら展開していくことで学びを豊かにすることができます。

また、自社でマイクロラーニングを運用したい場合には、多機能で使いやすいラーニングプラットフォーム「UMU」などのシステムの提供も行っています。

さらに会社の状況や目的に合わせたラーニングポータルを活用して、効果的な学習環境を構築するご支援をしています。

無料のデモID発行やツールのデモ体験会、導入事例や料金プランの紹介なども行っていますので、お気軽にご相談ください。

▼参考・ 関連資料はこちらからダウンロードできます。

マイクロラーニングカタログ

動画コンテンツ作成資料

能力開発に適した年齢資料



▼ 関連記事はこちらから。

  "心理的安全性"がビジネスに必要な理由?エドモンドソン博士の視点を解説 現代の企業で最も重要な要素とは何でしょうか?革新的な製品?優れたビジネス戦略?それら全て重要ですが、最も重要なのは、「心理的安全性」です。本記事では、ハーバード大学の著名な教授である、エイミー・C・エドモンドソン博士の視点を通じて、なぜ心理的安全性が重要視されるのか、そしてそれを高める方法などを解説します。本人動画有。 株式会社LDcube
  ビジネスにおけるコーチングとは?マーシャル・ゴールドスミスの教えを紹介! 企業の業績向上戦略として注目を集めるコーチングについて取り上げます。企業成長と従業員の自己実現を目指す中での役割を明らかにします。ビジネスにおいて目標を達成する、人材を育成する上でコーチングは重要です。さらに、この分野で神様と称されるマーシャル・ゴールドスミス博士の教えを紹介し、彼が提唱する「フィードフォワード」などの具体的なアプローチも紹介します。 株式会社LDcube
  コンプライアンス研修を新鮮なアイデアで刷新!「ネタ切れ」を乗り越える方法とは | 株式会社LDcube コンプライアンス研修に、社内外の事例活用や社会的情勢の取り入れ、効果的な学びを生み出すためのアイデアを解説しています。不祥事を未然に防ぐという目的に向け心理的安全性を高めるアプローチなど、企業のコンプライアンス研修を一歩進ませる方法について紹介しています。 株式会社LDcube
  PMP®資格維持のために必要なPDUとは?おすすめeラーニングコースも紹介! PMP®資格維持には、3年間で60PDU以上の単位取得が必要です。そのため継続的な学習、コミュニティーや仕事での貢献などが求められ、プロジェクトマネジメントの資格としても信頼度の高い資格になっています。今回はPMP®資格更新のために必要なPDUとは何か、PDUを取得するためには何が必要なのか、一般に利用いただいているおすすめeラーニングコースも含めご紹介します。 株式会社LDcube
  LMS(学習管理システム)とは?最新トレンドや導入の目的について解説! 企業の人材育成において、社員にパーソナライズしたeラーニングの提供により効率的な管理を実現するのがLMS(Learning Management System:学習管理システム)です。テクノロジーの発展によるLMSの最新トレンドや導入目的の変化、主要機能や導入を成功させるポイントを詳しく解説します。 株式会社LDcube
  【キーワード】人材育成担当者が知っておくべき学びのトレンド 多くの企業がオンライン研修を取り入れていますが、集合研修をそのままオンラインに置き換えただけで終わっているケースも多く見受けられます。今回はそこから脱却し、学びの成果をあげるトレンドに関するキーワードを紹介します。 株式会社LDcube
  大注目の人材育成トレンドを紹介!企業の人事担当者必見! 人材育成の最新トレンドを捉えた人事施策は、組織の成長において欠かせないものです。人材育成担当者には、これまでの変化や近年における傾向を掴みながら、企業の将来を見据えた新たな人事施策の企画・実施が求められます。この記事では、現代で注目されているトレンドについて詳しく紹介します。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料

Article
おすすめ記事