catch-img

意味がないeラーニングから卒業する6つの秘訣!原因や対策を解説


現在、場所と時間に捉われない学習方法として、eラーニングが普及しさまざまな企業や業種で取り入れられています。

eラーニングは専用の会場や講師を必要とせず、学習者の任意のタイミングで学習できることが特徴です。

しかし、eラーニングのコンテンツ内容や実施方法によっては「意味がない」と従業員に思われるケースもあります。

単にeラーニングを用意しただけでは、受講率を高めることは難しいです。

このコラムでは、eラーニングの実施目的や意味がないeラーニングを実施している企業の特徴、意味がないeラーニングから卒業する秘訣を紹介します。


▼関連して、eラーニングの最新トレンドなどについて下記で解説しています。合わせてご覧ください。⇒eラーニングを活用した人材育成!導入メリットと最新トレンド

  eラーニングを活用した人材育成!導入メリットと最新トレンド 人材育成や社員教育を目的とした学習の一つの手法として、eラーニングを導入する企業は多く存在します。eラーニングは以前からある学習形態ですが、これまでの研修にかわり、充実してきています。概要や導入メリット、最新トレンドについて詳しく解説します。 株式会社LDcube

▼効果的なeラーニング環境を構築し、社員のエンゲージメントを高めることも重要です。

エンゲージメントCK資料

LMS資料


目次[非表示]

  1. 1.eラーニングは「意味ない」と感じる理由
    1. 1.1.学習者がeラーニングの内容に不満を持っている
    2. 1.2.学習の進捗管理ができていない
    3. 1.3.学びたいことと教材の内容が剥離している
    4. 1.4.学習者の成長や課題を可視化できていない
    5. 1.5.eラーニングの機能を使いこなせていない
  2. 2.意味ないeラーニングを卒業する秘訣6つ
    1. 2.1.①労働時間を配慮した受講ルールの策定
    2. 2.2.②隙間時間で効率よく学べるeラーニングの活用
    3. 2.3.③成果を見える化する学習プラットフォームの活用
    4. 2.4.④学習進捗・研修管理を一元化できるLMSの活用
    5. 2.5.⑤異なる研修とeラーニングを組み合わせる
    6. 2.6.⑥eラーニングでの成果を人事評価に反映する
  3. 3.eラーニングを実施する目的とは?
  4. 4.現代のeラーニングの意味合いとは
  5. 5.eラーニングの内容における2分類
    1. 5.1.一般的なビジネススキルなどのコンテンツ
    2. 5.2.自社特有のコンテンツ
  6. 6.これからの時代のeラーニングのあり方
    1. 6.1.パーソナライズ学習
    2. 6.2.インプットとアウトプットのデザイン
  7. 7.eラーニングをコホート型学習に活用
    1. 7.1.コホート型学習とは
    2. 7.2.今こそeラーニングの出番
  8. 8.まとめ

eラーニングは「意味ない」と感じる理由

近年では、幅広い企業や業種でeラーニングが実施されていますが、なかには意味がないeラーニングを実施してしまっているケースがあり、導入・実施するだけで満足していることも少なくありません。 eラーニングは「意味がない」と感じる理由を紹介します。

  • 学習者がeラーニングの内容に不満を持っている(長時間コンテンツ、労働外での実施、意味のない学習など)
  • 学習の進捗管理ができていない
  • 学びたいことと教材の内容が剥離している
  • 学習者の成長や課題を可視化できていない
  • eラーニングの機能を使いこなせていない

学習者がeラーニングの内容に不満を持っている

学習者がeラーニングの内容に不満を持っている場合、「意味ない」と感じます。

なぜなら、学習者は自分にとって有用でないと感じる可能性のある教材を学習することで、学習体験そのものに価値を見いだせないと感じるからです。

教材が古い、不適切な、または関連性のない情報を含んでいる場合、学習者はeラーニングの価値を疑うことにつながります。

学習の進捗管理ができていない

学習の進捗管理ができていないと、「意味ない」と感じてしまうことがあります。

なぜなら、学習者が学習の進捗を追跡管理することなく継続すると、学習者は自分がどれくらい効果的に学んでいるか、または自分の学習目標にどれくらい近づいているかを知ることができないからです。

進捗管理の欠如は、「やっても無駄ではないか」と学習することを無意味に感じてしまう恐れを生じさせます。

学びたいことと教材の内容が剥離している

学習者が学びたいことと教材の内容がかいりしている場合、「意味ない」と感じてしまいます。

なぜなら、学習者は有限である自分の時間を使って学習しており、学習者が特定の情報を求めていて、提供された教材がそのニーズを満たしていない場合、学習者は時間の浪費と感じてしまうからです。教材は学習者のニーズに合わせて調整されるべきです。
 

学習者の成長や課題を可視化できていない

学習者の成長や課題を可視化できない場合、「意味ない」と感じることがあります。

なぜなら、学習プロセスにおいて成果を確認できないと、学習者は進歩の兆しを見ることができず、自己効力感が減少してしまうからです。

学習を通じて自分の成長や課題をつかむことができれば、さらなる学習につながります。

eラーニングの機能を使いこなせていない

eラーニングの機能を使いこなせていない場合、「意味ない」と感じてしまいます。

eラーニングシステムは通常、学習経験を豊かにし、パーソナライズ化されたものにするための多くの機能を備えています。

これらの機能を最大限に活用できていないと、学習者は機能が過剰で自分たちには意味がないのではないかと価値を感じない可能性があります。


意味ない理由のまとめ

eラーニングの意味がないと思われる要因の一つとして、学習者のニーズに沿っていないことが挙げられます。 長時間コンテンツは細かい内容まで学習できるメリットはありますが、学習者にとっては時間拘束が長いことから負担になる可能性もあります。

また、企業側で学習者の管理が適切に行われていないことも課題です。 学習者に足りていないことや学習者が実際に学びたいと思っていることを把握できていない場合は、適切なコンテンツを提供できません。

そして、学習者が必要に応じて自分が学びたいコンテンツを選ぶことができるようにしておくこともポイントです。

導入・実施して終わりではなく、学習者が本当に必要としているものを把握したうえで、学びの場を提供することが重要です。

▼学習疲労を招いてしまう原因については下記で解説しています。 ⇒行き過ぎた学習の構造化は「学習疲労」を招く! その原因を解説!

  行き過ぎた学習の構造化は「学習疲労」を招く! その原因を解説! 本記事は、デジタルラーニングの実践に関して、CrossKnowledge社が文化背景の異なる4つの国で、調査した結果からまとめたものです。 この調査は、マーケティング調査や戦略を専門とするコンサルタント会社Spring Voice社によって実施されました。 株式会社LDcube

意味ないeラーニングを卒業する秘訣6つ

意味がないeラーニングから卒業する6つの秘訣を紹介します。

  1. 労働時間を配慮した受講ルールの策定
  2. 隙間時間で効率よく学べるeラーニングの活用
  3. 成果を見える化する学習プラットフォームの活用
  4. 学習進捗・研修管理を一元化できるLMSの活用
  5. 異なる研修とeラーニングを組み合わせる
  6. eラーニングでの成果を人事評価に反映する

①労働時間を配慮した受講ルールの策定

労働時間外にeラーニングを実施した場合や長時間コンテンツの研修を実施した場合、忙しい従業員から不満が出やすいです。

eラーニングを実施する前に、まずはeラーニングが任意もしくは義務なのか、労働時間としてカウントされるのかなど、明確な受講ルールの策定が必要になります。

労働時間外にeラーニングを実施した場合、給与計算や特別手当の有無などのルールを事前に伝えておくと従業員も安心して学習できます

また、任意とする場合でも労働時間内に学習が可能か決めておくと、従業員のモチベーション低下を防止することも可能です。

②隙間時間で効率よく学べるeラーニングの活用

隙間時間で効率よく学べるeラーニングを活用すれば、従業員もストレスなく学習できます。

長時間のコンテンツは集中力を保つことが難しく、時間拘束が長いことから従業員にとっても負担となる可能性があります。

10分以内のショートコンテンツであれば、隙間時間で手軽に学習できるうえに集中力を保った状態で学習することが可能です。

マイクロラーニングなら1セッション3分〜5分の短時間学習を可能とし、学習者が自分で考えて学べるように質問と回答を記載できるようなものもあります

パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなどさまざまなデバイスに対応しているため、場所に関係なく効果的な学習を実現できます。

③成果を見える化する学習プラットフォームの活用

学習成果を見える化できる学習プラットフォームを活用することで、より学習者のニーズに沿った学びを提供できます。

LMS(学習管理システム)を活用すれば、各学習者のテスト結果、アンケート結果など、さまざまな情報を見える化することが可能です

企業にとって必要な学習の選定・実施に情報を役立てられるため、学習者のニーズを満たせるようになります。

▼eラーニングのプラットフォーム選びについては下記で解説しています。
⇒eラーニングプラットフォームとは?失敗しない5つの選定ポイント

  【企業向け】eラーニングプラットフォームとは?失敗しない5つの選定ポイント eラーニングは社員のスキル向上や専門知識の習得などを促進する役割を果たします。効率的な研修・学習と適切な管理・評価の実現にはシステム(LMS)が求められます。eラーニングプラットフォーム導入のメリットや失敗しない選定ポイント、これからの方向性などを解説します。 株式会社LDcube

④学習進捗・研修管理を一元化できるLMSの活用

学習状況や研修状況を一元管理できるLMSを活用すれば、より効率的かつ的確な学習を提供できるようになります。

LMSの活用で、学習の進捗状況や各研修の管理を一元化・簡素化・整理することが可能です

また、コンテンツの作成や更新はもちろん、受講する順序の設定や月間総合アクティブレポートなどの確認・管理もできます。

どのようなコンテンツが人気でよく視聴されているのかなどの傾向をつかむこともできます。

そして、受講者ごとの学習管理ができるため、必要な学習や強化したいスキルなどが一目で把握することが可能です。

⑤異なる研修とeラーニングを組み合わせる

時間と場所に捉われないeラーニングは、従来の集合研修に比べて便利に見えます。

しかし、企業の研修をすべてeラーニングに切り替えることは難しく、実技や演習を伴う研修は集合研修で行う方が学習効果を期待できます。

従業員の学習を効率的に行うためには、集合研修とeラーニングを組み合わせることが重要です。

1人で学習できることはeラーニングで研修を実施し、実技やグループディスカッションが必要な学習は対面の集合研修で行うことをおすすめします

集合研修も織り交ぜることで学習者は他者とのコミュニケーションを図ることができ、モチベーションを維持しやすくなります。

▼研修との効果的な組み合わせなどについては下記で解説しています。
⇒オンライン研修での効果的なeラーニングの活用とは?

  オンライン研修での効果的なeラーニングの活用とは? eラーニングサービスを導入する企業も増えています。しかし導入しただけでは受講率が高まらないという課題もあります。現代では学習も様変わりしてきています。デジタルコンテンツを活用した効果的なオンライン研修について、通常の研修との違いなどを紹介します。 株式会社LDcube

⑥eラーニングでの成果を人事評価に反映する

eラーニングでの成果や個人の成長を可視化して人事評価に反映することで、学習者のモチベーションやエンゲージメント向上につながります。

LMSや学習プラットフォームを活用することで、学習者の進捗状況やテスト結果などが一元管理できるようになります。

学習者一人ひとりの学習状況が把握できるため、テストの結果や成長具合に応じて適切な評価をすることが可能です

ただし、マイナス評価は学習者のモチベーション低下の原因になる可能性があるため、あくまでプラス評価だけに留めておくことが大切です。

▼法人におすすめなeラーニングのポイントについては下記で解説しています。合わせてご覧ください。⇒法人におすすめのeラーニング選定ポイント!種類や特徴を徹底解説

  法人におすすめのeラーニング選定ポイント!種類や特徴を徹底解説 法人向けeラーニングは、さまざまな学習や研修をインターネット上で効率的に実施できる人材育成の一つの手法です。 eラーニングはシステムによって、教材のラインナップや学習領域が異なるため、自社ビジネスや組織の目標との相性を考えた選定が重要です。 この記事では、法人におすすめのeラーニングの概要や種類、失敗しないための選定ポイントを詳しく紹介します。 株式会社LDcube

エンゲージメントCK資料


eラーニングを実施する目的とは?

社員に移動などの負担をかけずに、スキルアップの機会を提供する

企業がeラーニングを導入する目的はさまざまであり、新入社員研修や既存従業員のスキルアップ・キャリアアップを目的とした研修など幅広いです。

膨大な従業員数を抱える企業や研修を実施するためのリソースが不足している企業などでは、研修一つ実施するだけでも大変です。

eラーニングは専用会場の用意や専門の講師を手配する必要がないため、場所に捉われず学習機会を設けられるメリットがあります。

いつでもどこでも学習ができるため、たとえ従業員が忙しい場合でも移動や時間の負担をかけることなく学習してもらえます

企業でeラーニングを実施するのであれば、LMS(Learning Management System)と呼ばれる学習管理システムの導入がおすすめです。

学習管理システムはeラーニングの実施だけではなく、コンテンツ作成や学習者管理、進捗状況や学習成果の管理など、さまざまな機能を備えています。

eラーニングを効率よく実施できるようになるため、従業員のスキルアップ・キャリアアップに役立てられます。


現代のeラーニングの意味合いとは

emergency learningとしてのeラーニング

  • 従来のeラーニングの「e」は「electric:電子的な」
  • 現代のeラーニングの「e」は「electric:電子的な」+「emergency:緊急な」
    ⇒“今”知りたいことを“今”知れる

コロナ禍を経てeラーニングの位置づけが変化したと言われています。

従来eラーニングのeは「electric:電子的な」という意味合いでずっと活用されてきました。

コロナ禍を経て、electricの意味合いはなくなりませんが、「emergency:緊急な」という意味に変わっているといわれています。

仕事を進める中で、“今”知りたいことを“今”知れるという学習環境としてのeラーニングが求められています。
 
つまり、学ぶことのベースが「講義」から「仕事を進めるためのサポート」や「仕事についての質疑応答」に変わってきたと言われています。

今までの一般的なeラーニングだけでなく、自社の現場で実務遂行上必要な事柄を学べる環境が求められるようになってきているのです。

LMS資料


eラーニングの内容における2分類

eラーニングと一口に言ってもさまざまなコンテンツが存在します。ここではeラーニングの内容面から2分類を紹介します。

  • 一般的なビジネススキルなどのコンテンツ ・・・ 人事・人材開発部門主導
  • 自社特有のコンテンツ ・・・現場の人材育成担当部署主導

一般的なビジネススキルなどのコンテンツ

一般的なビジネススキルへの理解を深めるためのもので、全ての業種や職種で共通して必要とされるスキルに焦点を当てています。

例えば、コミュニケーションスキル、マネジメントスキル、リーダーシップスキル、プレゼンテーションスキル、時間管理、エクセル操作といった基本的なビジネススキルが含まれます。

主に人事・人材開発部門が中心となって展開することが多い内容です。

これらの学習コースを通じて、従業員は業務を効率的に行うためのスキルを向上させることができます。

主にeラーニングベンダーが提供しているコンテンツから必要なものを選んで利用することが一般的です。

自社特有のコンテンツ

企業特有の製品やサービス、社内のポリシーや作業手順、企業文化などに関する知識を付与するための学習コースです。

こうしたコースは、新人教育や中途採用者の教育、新製品のローンチなど、特定の状況や目的に応じて設計・提供されることが多いです。

主に、現場で人材育成に携わる部門や担当者が中心となって展開することが多いです。

自社特有のコンテンツによる研修は、社員が自社のビジネスに対する深い理解を持つことで、より良いパフォーマンスを発揮できるようになるとともに、顧客へのサービスも向上します。

基本的には、外部で販売されていることの無い内容のため、自社オリジナルで作成してきます。

エンゲージメント資料


これからの時代のeラーニングのあり方

これからの時代のeラーニングは下記2点を意識して活用していくことが重要です。

  • パーソナライズ学習  ・・・ 一人一人に「意味ある」学びを提供
  • インプットとアウトプットのデザイン ・・・ 知識の定着と応用力を高める

パーソナライズ学習

パーソナライズ学習は、学習者一人ひとりのニーズや能力、学習速度に合わせてカスタマイズされた学習体験を提供します。それにより一人一人に「意味ある」学習を提供します。

eラーニングの発展により、パーソナライズ学習が可能となり、AIなどの技術を使用して学習者の理解度や進行具合に応じて学習の進行を調整できます。

また、従来の「一斉教育」ではカバーできなかった各個人の弱点や興味も考慮し、より効果的かつ効率的な学習を実現しています。

インプットとアウトプットのデザイン

eラーニングでは、情報のインプットだけでなく、その活用法、つまりアウトプットを重視することがポイントです。

理解度クイズや意見投稿、課題提出などについても、具体的な実践場面を想定したアウトプットを促し、知識の定着と応用力を高めます。

同時に、フィードバックシステムを導入し、アウトプットの結果を定量的・定性的に評価することで、学習者自身の反省・振り返りや次のステップへの機運を盛り上げる仕組みが重要です。


eラーニングをコホート型学習に活用

eラーニングを「意味ある」学習にしていくにはコホート型学習が効果的です。コホート型学習とeラーニングをどのように活用するかについて解説します。

  • コホート型学習とは ・・・一定期間同じグループのメンバーとともに学ぶ学習形式
  • 今こそeラーニングの出番 ・・・コホート型学習にはeラーニングが不可欠

コホート型学習とは

コホート型学習とは、一定期間同じグループのメンバーとともに学び続ける学習方式をさします。

この方式は、同じ目標を持った参加者が一緒に学ぶことで互いの学びを深めることが可能です。

まずは個人向けに学習コンテンツを配信します。その上で、共通のテーマについて学ぶ仲間と共に問題解決を行ったり、ディスカッションを行ったりすることで、深い理解を得ることが可能となります。

この方式は主にオンライン研修を活用して展開されます。

今こそeラーニングの出番

コホート型学習はeラーニングを活用することで実現が可能であり、さらにその効果を広範囲に及ぼすことができます。

eラーニングを活用すれば、参加者は地理的制約を受けずに自分自身のペースで学習することができます。

さらに、オンライン研修を活用することで、参加者間のコミュニケーションやフィードバック、ディスカッションをすぐに行うことが可能となります。

これにより、学習体験をよりよくするための学習の進捗の確認が可能となります。

eラーニングは、コホート型学習を豊かで活動的なものにする強力なツールであり、今後の学習体験の新たな標準となる可能性があります。

▼コンプライアンス研修を題材にコホート型学習の展開について解説しています。
⇒コンプライアンス研修を新鮮なアイデアで刷新!「ネタ切れ」を乗り越える方法

  コンプライアンス研修を新鮮なアイデアで刷新!「ネタ切れ」を乗り越える方法とは | 株式会社LDcube コンプライアンス研修に、社内外の事例活用や社会的情勢の取り入れ、効果的な学びを生み出すためのアイデアを解説しています。不祥事を未然に防ぐという目的に向け心理的安全性を高めるアプローチなど、企業のコンプライアンス研修を一歩進ませる方法について紹介しています。 株式会社LDcube

CKコネクト資料


まとめ

この記事では、eラーニングについて以下の内容で解説しました。

  • eラーニングは「意味ない」と感じる理由
  • 意味ないeラーニングを卒業する秘訣6つ
  • eラーニングを実施する目的とは?
  • 現代のeラーニングの意味合いとは
  • eラーニングの内容における2分類
  • これからの時代のeラーニングのあり方
  • eラーニングをコホート型学習に活用

eラーニングはインターネット環境にアクセスしてログインさえできれば、時間と場所が問われない利便性があります。しかし、配信するコンテンツや研修の実施方法によっては、従業員にとって意味がないものになってしまう可能性があります。

長時間のコンテンツや従業員のニーズに合っていない研修は、従業員からの不満や不信感につながりかねません。

どのようなeラーニングが合っているかは企業によって異なるため、自社の従業員の特性やニーズに合った学習方法や内容を選定することが大切です。

eラーニングは集合研修とは違い会場費や外部講師への委託費が不要とはいえ、少なからず費用がかかるため、さまざまな工夫をこらした運用で意味のある、自社に最適な学習環境を構築していきたいところです。

LDcube』では、学習プラットフォーム・LMS『CrossKnowledge』を提供しています

28ヶ国語に対応したLMSをはじめ、著名なMBA教授が監修した豊富な教育コンテンツからならeラーニング機能を備えており、充実した学習を実施することが可能です。

15年以上にわたりeラーニングを提供してきた経験から学習プラットフォームを活用した効果的な学習を促進するためのノウハウをご提供いたします。

無料のデモIDの発行や実績や導入事例の紹介なども行っています。詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

▼関連資料はこちらからダウンロードできます。

エンゲージメント資料

LMS資料

CKコネクト資料

マイクロラーニング資料

▼関連記事はこちらから。

  人材育成で大切なこととは?「新時代」の課題と成功のポイントなどを解説! 本記事では人材育成において、大前提として大切なことと、「新時代」に求められる人材育成の課題、ポイントや考え方について解説します。新時代には学習行動のデータの取得と活用が重要となります。合わせて担当者に必要なスキルなどについても徹底解説します! 株式会社LDcube
  多言語対応ならCrossKnowledge!eラーニングシステムの新たな希望! 社員のスキル開発や学習に役立つeラーニングですが、多言語対応のものは選択肢が限られます。そこで高い品質と利便性を両立し、評価されているのがCrossKnowlegeです。今回はCrossKnowledgeが提供する多言語対応が可能なeラーニングシステム・LMSについて紹介します。 株式会社LDcube
  階層別研修とは?達成すべき目標や習得させたい知識・スキルを徹底解説 階層別研修は等級や役職、年次等で社員をグループ分けし、それぞれのグループ・階層に合った研修を実施します。この記事では、階層別研修の概要や達成すべき目標、組み立て方、習得させたい知識・スキル例、効果的な展開方法について解説します。 株式会社LDcube
  若手社員の離職防止に効果的な取り組み5選!人材の定着を支援するツールも紹介 近年では、若手社員の離職が企業で問題になっています。若手社員の離職が頻繁に発生すると、未来を担う人材の育成が進まず、将来的に企業が行き詰ってしまう可能性があります。若手社員の離職を防止するためには、離職する理由の把握と改善するための取り組みが必要です。この記事では、若手社員離職の実態や理由、離職を防止するための効果的な取り組みなどについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  【人事担当者向け】エンゲージメント向上を推進する取り組みとおすすめツール 社員のエンゲージメント向上は企業全体のレベルや業績などに影響する可能性があることから、エンゲージメント向上施策を検討している企業もいるのではないでしょうか。この記事では、エンゲージメントの定義や企業にもたらすメリット、エンゲージメントを推進するための取り組みやおすすめのツールについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  eラーニングシステムのデメリットとは?課題を解決する方法 人材育成や社員教育の有用な手段として、eラーニングが企業で取り入れられています。eラーニングは、時間や場所に関係なく研修を実施できます。従来の集合研修に比べてさまざまなメリットがありますが、場合によってはデメリットとなることもあるため、注意が必要です。 株式会社LDcube
  コンプライアンス研修をeラーニングで行うメリットとは!?ポイントを解説! eラーニングを用いたコンプライアンス研修のメリット・デメリットについて解説し、具体的な研修内容からコンプライアンス教育設計のポイントまで詳しく説明します。また、コンプライアンス違反のリスクを低減するための対策や、これからの時代の研修実施方法についても紹介します。 株式会社LDcube
  多言語対応eラーニングならCrossKnowledge!オンライン学習システムの新たな希望! 社員のスキル開発や学習に役立つeラーニングですが、多言語対応のものは選択肢が限られます。そこで高い品質と利便性を両立し、評価されているのがCrossKnowlege社のコンテンツです。今回はCrossKnowledge社が提供する、インターフェイスとコンテンツ両面で、さまざまな言語に対応が可能なeラーニングシステム・LMSについて紹介します。 株式会社LDcube
  eラーニングを活用した効果的な社員研修とは?トレンドやポイントを紹介! eラーニングは従来の研修のように、学習者を一つの会場に集めたり決まった時間に実施したりする必要がないため、さまざまなシーンで活用されています。eラーニングを活用した効果的な社内研修のトレンドや展開方法、ポイント、おすすめのLMSについて解説します。 株式会社LDcube
  研修用動画コンテンツの作り方!効果的に作成するポイントやコツなどを解説! 研修用の動画コンテンツをどのように作成したらよいか?という悩みをよく耳にします。本記事ではコストをかけずに、既にある研修の機会などを活用し、教育しながら動画コンテンツの作成を進めていくポイントを解説し、得られるメリットも紹介します。 株式会社LDcube
  全社員向けeラーニングならCrossKnowledge(LMS)がおすすめ! スキルアップは全ての社員にとって重要ですが、個々人の求める情報やスキル、学習スタイルはさまざまです。そのため、全社員向けには多言語対応のeラーニングコースの導入が有効です。本記事ではパーソナライズ学習が実現可能なCrossKnowledgeのeラーニングについて解説します。 株式会社LDcube
  グローバル企業が人材育成で選ぶeラーニングのポイントとCrossKnowledgeの可能性 本記事では、グローバルにビジネスを展開する企業で教育研修施策を検討されている方に向けて、世界で活用されているeラーニングの特徴や選定ポイントなどについて解説します。また、世界NO.1LMSと称されたこともあるCrossKnowledgeについても紹介します。 株式会社LDcube
  eラーニング受け放題(定額制)ならCrossKnowledge(LMS)! 本コラムでは、世界中で利用されているeラーニングCrossKnowledge(LMS)について紹介します。世界的に著名なMBA教授によって監修された教材や学習コースを提供されています。企業内での受け放題プラン(定額制)もあります。プランの選び方や活用法、導入の流れについても詳しく解説します。 株式会社LDcube
  全社員研修会にはeラーニング・LMSの活用が効果的!? 企業内での人材育成の手段として、全社員研修があります。研修を効率的に運用し、各個人の理解度や進捗度を明確にする手法として、eラーニング・LMSの活用が注目されています。本コラムでは社員研修におけるeラーニング・LMSの活用方法を詳しく紹介します。 株式会社LDcube
  PDUとは?PMP®資格維持に必要なおすすめeラーニングも紹介 PMP®資格維持には、3年間で60以上の単位取得が必要です。今回はPMP®資格更新という状況に必要なPDUとは何か、PDUを取得するためには何が必要なのか、一般に利用いただいているおすすめeラーニングコースも含めご紹介します。 株式会社LDcube
  人事・評価制度の社員向け説明会にはeラーニング・LMSの活用が効果的!ポイントを解説 今回は、企業の人事制度や評価制度の社員向け説明会の手段として、eラーニングやLMSを活用する方法を解説します。時間と場所の自由度、コスト効率など、eラーニングやLMSを活用した運用教育のメリットを具体的にご紹介します。一般的な人事評価についての理解から自社の制度理解へと進む上でのポイントも解説します。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事