catch-img

新時代の経営ノウハウとは?経営者がビジネスの未来を築くためのポイントなど解説!

コンビニにATMはあるけれど、現金輸送車を見たことがない!?と言われてどう感じるでしょうか?確かに!ほんとかな?などいろいろあるかも知れません。

ここに経営ノウハウを学ぶべき理由が隠されています。一般的にはATMには現金を補充するため現金輸送車が定期的にメンテナンスに向かいます。しかしコンビニはそのやり方を見事に変革しました。コンビニのその日の売り上げを入金する場所としてATMが活用されています。従来は銀行の夜間金庫でしたが、今はそれが自店内のATMで可能です。また、コンビニの周囲にある小売店や飲食店も同様です。従来はその日の売り上げを銀行の夜間金庫に入金していましたが、それが身近なコンビニでできるようになったのです。

その裏には、コンビニサイドで上記のようなビジネスモデルを作り上げた人たちがいます。経営戦略、財務会計、ビジネスモデル、オペレーション、法務などについて学び、その上で自社の経営ノウハウを構築していったのです。

本記事では会社経営のノウハウや企業の業績向上のために必要な戦略策定、ファイナンシャルマネジメント、マーケティング、リーダーシップなどのさまざまな視点から説明します。さらに、各専門知識や情報を効率的に学ぶ方法や業績向上に必要なことなど、経営者および経営者を目指す人にとって重要なポイントを解説します。

▼ 自己啓発でマネジメントを学び、スキルアップ、キャリアアップするポイントについては下記で解説しています。合わせてご覧ください。

  自己啓発でマネジメントを学び、生かすポイントとは?キャリアアップに生かすコツも紹介 本記事では、自己啓発でマネジメントスキルを向上させるヒントとその実践方法を解説します。能力向上のための知識習得から、マネジメントスキルを生かしたキャリアアップまで、リーダーとしての力を伸ばすための具体的なステップや活用できるeラーニングコース紹介します。 株式会社LDcube

▼ 世界の著名なMBA教授から経営ノウハウを学ぶマイクロラーニングについては下記資料をご覧ください。

目次[非表示]

  1. 1.経営に必要なノウハウとは
  2. 2.業績向上に必要な4つのこと
    1. 2.1.効果的な戦略策定
    2. 2.2.ビジネスモデルに最適なマーケティング施策
    3. 2.3.ファイナンシャルマネジメント
    4. 2.4.経営チームのリーダーシップ
  3. 3.競争優位性を保つのに必要な4つの視点
    1. 3.1.不断のイノベーション
    2. 3.2.ハイレベルな顧客対応力
    3. 3.3.データ分析
    4. 3.4.継続的な学習と成長
  4. 4.経営ノウハウを学ぶ5つの方法
    1. 4.1.各種webサイトから学ぶ
    2. 4.2.書籍から学ぶ
    3. 4.3.研修や講座に参加して学ぶ
    4. 4.4.eラーニングから学ぶ
    5. 4.5.経営コンサルタントに聞く
  5. 5.経営ノウハウはビジネスモデルにより異なる 
  6. 6.異業種にヒントがある
  7. 7.経営ノウハウを学ぶには体験が一番
  8. 8.経営シミュレーションならBiz-Ex
  9. 9.まとめ

経営に必要なノウハウとは

経営ノウハウとは、ビジネスを成功させるために必要な経験や知識、技術などのことを指します。これには、マーケティング、戦略、財務管理、人事管理、製品開発、顧客サービスなど、ビジネスにおける各部門での業務や独自のノウハウなどが含まれます。

経営ノウハウは、一般的には長年の経験や実践を通じて蓄積されるものですが、書籍や教育プログラム、セミナーなどを通じて学ぶことも可能です。また、経営ノウハウはその事業や業界特有のものもあれば、あらゆる種類のビジネスに共通する基本的なものもあります。

いずれにしても業績を意図したように上げていく際には経営ノウハウをきちんと学び実践していくことが求められます。

業績向上に必要な4つのこと

たまたま業績が良いということではなく、狙って業績を上げていくことが、持続的な成長に必要です。狙って業績を上げるためには下記のようなポイントを押さえて、活動していくことが必要です。

効果的な戦略策定

業績向上のためには、企業の目標・ゴールを明確化し、その達成に向けて必要な計画と行動を踏まえた戦略を策定することが重要です。これには、業界の深い理解、ビジネスの成長機会の識別、脅威への対応策の準備などが求められます。戦略策定では、現状分析から未来予測まで、幅広い視野が必要となります。

ビジネスモデルに最適なマーケティング施策

自社で展開するビジネスモデルに合わせた最適なマーケティング施策が必要です。BtoBやBtoC、扱っている商材の単価などビジネスにより最適な施策は異なります。市場理解と顧客ニーズの把握し、製品やサービスを正しくポジショニングし、それをマーケットに訴求していくことが、売上を増加させるために不可欠です。効果的なマーケティング戦略を構築するためには、潜在顧客の調査、競合他社の分析、適切なプロモーションチャネルの選択などが必要となります。

ファイナンシャルマネジメント

企業が持続的な成長を遂げるためには、適切な財務管理、ファイナンシャルマネジメントが不可欠です。戦略やマーケティング施策の展開、組織づくりには資金が必要です。事業活動は資金を調達し、事業活動に投資し、収益を得て、利益を分配します。ファイナンシャルマネジメントには、資金調達、収益と費用の把握やキャッシュフロー管理、投資と収益のバランスなどが含まれます。また、将来的な財務リスクに先んじて備え、適切な財務戦略を策定する能力も求められます。

経営チームのリーダーシップ

経営者としての重要な役割は、経営チーム全体を一つの目標に向かって導くことです。目標を明確に示し、それに合わせて各経営メンバーの役割を定め、効果的なコミュニケーションによって経営メンバーのモチベーションと積極性を維持するスキルが必要となります。

業績向上のためには、これらのことを正しく理解し、実践していくことが必要です。そして持続的な業績向上を成し遂げるためには、競争優位性を保っていくことが求められます。次章ではそのポイントを解説します。

競争優位性を保つのに必要な4つの視点

一度競争優位性を築けたからと言って未来永劫(えいごう)そのままで業績を上げ続けられるわけではありません。常に競合は出現し、新たなテクノロジーなども登場してきます。環境変化の中で、競争優位性を維持していくためには下記のようなポイントを押さえる必要があります。

不断のイノベーション

企業は常に創造的で革新的なアイデアを提供し続ける必要があります。それは市場や顧客のニーズは絶えず変わっているからです。その変化に合わせて自社のビジネスも不断のイノベーションを行い、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデル、新しい業務プロセスなど、あらゆる可能性を模索していくことが重要です。

ハイレベルな顧客対応力

顧客満足度は、企業が競争力を保つ上で重要な要素です。なぜなら、顧客が満足するサービス提供できてはじめて顧客から選択され続けることができるからです。高品質な製品やサービスを提供するだけでなく、顧客の問題を解決し、その期待を超える体験を提供するための戦略と対応能力が必要となります。

データ分析

データを活用した意思決定は、企業が自社のパフォーマンスを評価し、改善策を特定する上で欠かせません。情報があふれる現代では、経営の意思決定に必要なマーケティング結果、顧客行動、業績指標などのデータを可視化して分析し、傾向を押さえます。それにより環境変化をとらえた効果的な事業展開が可能になります。

継続的な学習と成長

ビジネス環境は常に進化しています。そのため、経営者は新たな情報を常に取り入れ、学び続ける必要があります。これは業界のトレンドや最新の技術、市場動向に対する深い理解を持つだけでなく、新たなスキルの習得も含みます。経営者自らが新たな技術や情報、新たなスキルに実際に触れることで、環境変化を直に感じ取り、それをスピーディーに事業活動に生かしていくことができ、企業が競争力を維持していくことができます。

経営ノウハウを学ぶ5つの方法

経営ノウハウはさまざまな方法で学ぶことができます。常にアンテナを張り、下記の方法を組み合わせ、効果的、継続的に学んでいくことが重要です。

各種webサイトから学ぶ

インターネット上には経営についての本格的な資料や記事が無数に存在します。中でも一部のビジネス関連サイトやブログでは経営についての最新情報や新しい視点を提供しています。また、実際の企業の経営者や経営コンサルタントが自身の経験や考えを発信しているサイトもあります。それらを読むことで、各企業の戦略や成功の要因、失敗の要因など、経営に必要な知識を手に入れることができます。

書籍から学ぶ

経営ノウハウを学ぶためには、実際に経営に成功した人々が書いた著書や経営について研究している学者の著書を読むのが一番です。経営者がどのようにして困難を乗り越え、会社を成長させたのかについて詳しく説明している本は多いです。またビジネス書だけでなく、一般的な自己啓発書や心理学の本などからも、経営における人間理解について学ぶことができます。理論だけでなく、具体的な事例や実践的なアドバイスが書かれている書籍は、自身のビジネスに直接生かすことができます。

研修や講座に参加して学ぶ

商工会議所をはじめ各種専門機関で開催されている経営者研修や講座に参加することも有益です。専門家が直接教えてくれるため、自社の経営状況に合わせた具体的なアドバイスを受けることが可能です。また、他の経営者との交流もあり、他者の成功事例や失敗事例から学ぶこともできます。

eラーニングから学ぶ

自宅や職場で学べるeラーニングは大変便利です。パソコンやスマートフォンさえあれば、時間や場所を問わずに学ぶことができます。特に経営ノウハウに関連したコースは数多くあり、マネジメントやマーケティング、財務、人材管理などさまざまな観点から企業運営について深く学ぶことができます。

経営コンサルタントに聞く

経営コンサルタントは、一人で課題を抱えてしまったとき、新たな視点からのアドバイスを与えてくれます。また、過去の経験から学んだ実践的なノウハウを共有してくれます。経営に困ったとき、新しい事業を立ち上げるとき、組織改革を考えているときなど、さまざまなシーンにおいてコンサルタントのアドバイスは役立ちます。質の高い経営コンサルタントは時に手厳しいアドバイスをくれることもありますが、それが具体的な行動変革につながることも多いです。

一点注意が必要なことは、経営コンサルタントの実績や経歴です。経営コンサルタントを名乗る人の中には経営をしたことがない人も少なくありません。その場合、経営についての知識は豊富な可能性がありますが、最終局面での意思決定やその後の結果に対する責任という観点ではノウハウが不足していることもあります。その場合にはその人の経験がある分野でのアドバイスを聞くことにとどめておいた方がよいかも知れません。

経営ノウハウはビジネスモデルにより異なる 

経営ノウハウは、ビジネスモデルが異なると全く違う特性を持つことが多々あります。ビジネスモデルとは、会社がどのように価値を生み出し、それをどのように収益化するかを示すフレームワークのことです。つまり、異なるビジネスモデルが採用する経営手法や運用策略は、そのビジネスモデル自体の特性に大きく影響されます。

例えば、製造業のビジネスモデルでは、効率的な製造プロセス、在庫管理、物流管理などの技術的なノウハウが求められます。一方で、サービス業のビジネスモデルでは、顧客サービスの質、顧客のエンゲージメント、リピートビジネスの促進など、人間関係や対話に重点を置いたノウハウが必要となります。

また、オンラインベースのビジネスモデルでは、デジタルマーケティング、データ分析、ユーザーエクスペリエンスの最適化など、テクノロジーの活用に関連したノウハウが重要になります。一方で、実店舗を運営するビジネスモデルでは、店舗運用、視覚ディスプレー、地元でのリレーションシップ構築などのノウハウが必要です。

さらに、サブスクリプションモデルやフリーミアムモデルのような新たなビジネスモデルでは、どのように定額制の価格設定を行い、顧客を維持し、追加の収益を得るかといった独自のノウハウも必要となります。

これらの例からもわかるように、ビジネスモデルごとに経営ノウハウは大きく異なるため、適切なビジネス戦略を構築するためには、自社のビジネスモデルに合わせた経営ノウハウを習得し適用することが不可欠です。

異業種にヒントがある

一般的に経営ノウハウとは、企業が持つ事業運営のスキルや知識、戦略、体制などを指します。しかし、これらは単一の業種や業界だけから得られるものではありません。むしろ、異業種から学ぶことで、新たな視点やアイデア、解決策を得られることも多いです。

異業種の経営ノウハウを参考にする理由はいくつかあります。まず一つは、異業種から得られるノウハウや発想は、自社の業界ではなかなか見つけることができない新鮮な視点をもたらす可能性があることです。そして、そうした新たな視点から得られるアイデアは時に革新的な取り組みとなり、事業成長の突破口を見つけるきっかけになることもあるでしょう。

また、異業種の経営ノウハウを学ぶことで、自社の弱点や課題を客観的に見つめ直す良い機会にもなります。それは、異業種の企業がどのように顧客のニーズを捉え、そのためにどのような商品開発や販売戦略を展開しているのかを考えることで、自社の問題点を明確にすることができます。

以上のように、異業種の経営ノウハウには自社の成長や革新につながるさまざまなヒントが隠されているため、業界にとらわれず広く深く学ぶことが重要です。

経営ノウハウを学ぶには体験が一番

一般的に、実際の経験は最も効果的な学習方法とされています。これは、経営ノウハウについても同様です。しかし、ビジネスの世界では失敗が許されない場面もあり、特に経営に関しては失敗が企業全体に大きな影響を及ぼす可能性があります。そこで経営シミュレーションが役立ちます。

経営シミュレーションは、現実世界のビジネス環境を再現した仮想的なプラットフォームであり、具体的な経営の状況や問題を体験し、それに対処するための戦略を試すことができます。シミュレーションによって提供される仮想の環境では、経営戦略や意思決定プロセスを実験し、それによる結果を確認することができます。そして、その結果から現実のビジネス環境に適用するための洞察を得ることができます。

また、このような経営シミュレーションは、チームビルディングやリーダーシップの訓練、意思決定能力の向上など、経営ノウハウを身に付けるための非常に効果的な学習ツールとなります。その適用範囲は予算計画からマーケティング戦略、人事管理まで及びます。

経営シミュレーションはあくまで仮想的な経験であり、実際の経営の場面とは一部異なる点も存在しますが、理論的知識だけでなく、現実の経営状況を想定した対策を考えるための「体験学習」を提供します。その結果、問題解決の方法を学び、自信を持って実際のビジネスの世界に飛び込むことができます。

経営シミュレーションならBiz-Ex

Biz-Exは、企業経営のシミュレーションプログラムで、実際の経営状況を体験しながら学ぶことができる教育プログラムの一つです。マネジメント、リーダーシップ、組織運営、財務管理などの実践を通じて学習することができます。

Biz-Exの特徴的な点は、リアルタイムで変動する市場環境の中で一つの企業を経営し、社長の立場でさまざまな意思決定を行うという点です。製品の構成、製造、品質管理、人材管理、投資、財務、マーケティング戦略など、実際の企業経営に関連するさまざまな事項を自分で考え、自分で意思決定します。具体的な経営戦略を練り、実行し、結果を見て振り返るという経験を通じて、経営のノウハウを磨くことができます。

また、ビジネスの全体像をつかむことができるため、各部門の役割や企業全体と部門ごとの戦略の関連性において、意思決定の結果が業績にどのように影響を与えるのかを理解することができます。これは、経営を学ぶためだけでなく、部門間の協働やサイロ化の解消にもつながるため、組織全体の成長に寄与すると言えます。

Biz-Exは、経営者だけでなく、経営層を目指す人々や経営のプロセスを理解したい一般のビジネスパーソンにとって有益なツールであると評価されています。

また、Biz-Exはある程度のビジネスリテラシーがある方を対象としています。まだまだ基礎から学習しなければならないという方については自己啓発に使えるマイクロラーニングコースも用意しています。

▼ 自己啓発でマネジメントを学ぶには下記を参照ください。

  自己啓発でマネジメントを学び、生かすポイントとは?キャリアアップに生かすコツも紹介 本記事では、自己啓発でマネジメントスキルを向上させるヒントとその実践方法を解説します。能力向上のための知識習得から、マネジメントスキルを生かしたキャリアアップまで、リーダーとしての力を伸ばすための具体的なステップや活用できるeラーニングコース紹介します。 株式会社LDcube

▼ Biz-Ex資料


まとめ

新時代の経営ノウハウとは?経営者がビジネスの未来を築くためのポイントなど解説!について紹介してきました。

  • 経営に必要なノウハウとは
  • 業績向上に必要な4つのこと
  • 競争優位性を保つのに必要な4つの視点
  • 経営ノウハウを学ぶ5つの方法
  • 経営ノウハウはビジネスモデルにより異なる 
  • 異業種にヒントがある
  • 経営ノウハウを学ぶには体験が一番
  • 経営シミュレーションならBiz-Ex

経営ノウハウを学び、短期的長期的な業績向上につなげるには、日ごろからの情報収集や学習が欠かせません。環境変化の激しい現代においては、常に最新の情報を学び続けなければなりません。また、展開しているビジネスにより業績向上に必要なポイントなどは異なってきます。そこには異業種のビジネスモデルや経営ノウハウがヒントになることも少なくありません。さまざまなところにアンテナを張り学習していくことがポイントです。

また、経営ノウハウを体系的に学び、理解を深めるには経営シミュレーションが役立ちます。生きたシミュレーションの中で経営活動の全体的な要素を試すことで、自身の癖や傾向に気付くことができます。自分の弱い点などを認識し、その点を重点的に学習すると効果的です。

株式会社LDcubeでは、経営シミュレーションや経営シミュレーションを活用した研修会の提供を行っています。また、経営シミュレーションに取り組むにはある程度の経営リテラシーが必要ですが、そこが危ういという方向けに、ビジネスリテラシーを高めるためのマイクロラーニングコースなども用意しています。世界レベルの著名なMBA教授陣が登壇するマイクロラーニングでは、世界レベルの学びが自宅にいながら可能です。無料でデモIDの発行や体験会なども行っています。お気軽にご相談ください。

▼ マイクロラーニングについては下記で詳しく解説しています。

  マイクロラーニングとは?メリットや効果的な活用など一気に解説! 企業の教育訓練はスピーディーかつ効率的な学習方法を必要としています。注目されているのが、eラーニングの1つである「マイクロラーニング」です。本ブログでは、定義からその背景、メリット・デメリット、実践的な利用方法、世界レベルのコンテンツまで、企業がマイクロラーニングを導入するためのポイントを解説します。 株式会社LDcube

▼ 関連資料はこちらからダウンロードできます。

▼ 関連記事はこちらから。

  次世代の経営者を育成する!新時代の人材教育ソリューション! 急速な環境変化に対応するために、次世代の経営者を育成するニーズが高まっています。デジタルスキルへの対応などこれまでの幹部研修や人材育成プログラムでは対応できなくなっています。これからの時代に必要なポイントを提供します。 株式会社LDcube
  サクセッションプランの作り方と効果的な次世代の経営者人材の育成とは? サクセッションプランの概要と必要性、検討の流れ、テクノロジーの活用まで解説します。企業が長期的に存続していくには後継者育成が重要です。後継者に当たる次世代リーダー層の育成を効果的に行えるツールとして注目されている経営シミュレーションなどについても紹介します。 株式会社LDcube
  新任部長研修とは?内容やポイント、部長になる人の特徴を紹介! 成功する部長になるために具体的に何を学び、それをどう生かすべきなのか。新任部長研修の内容から役割、部長と課長の違い、部長として成功するために経営視点をどう高めていくのかについて解説します。また、経営視点を効果的に育成するための経営シミュレーションについてもご紹介します。 株式会社LDcube
  次世代リーダー育成の【最重要ポイント】とは!? その鍵はタスクアサイン! 次世代リーダー育成は事業の将来を担う重要な課題となっています。効果的なリーダー育成に必要な要素とはどのようなものでしょうか?本記事では、その鍵と具体的なポイントから注意すべき課題、そして組織の成長と連動したリーダー育成の重要性や具体的な能力開発方法ついて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  育てるべきは誰?次世代リーダー選抜の新たな視点 今後のビジネス発展のカギを握るのは「次世代リーダー」ですが、その育成や選抜は容易なことではありません。 本記事では、次世代リーダーに求められる要素や選抜の手法、育成の方法について具体的に解説します。 これからの時代をけん引するリーダーはどのようなスキルやマインドを持つべきなのか、次世代リーダー選抜・育成の最新トレンドを知りたい人材育成担当者の方は必見です。 株式会社LDcube
  “新”実践型選抜研修とは!?人材育成の現代ソリューションについて解説! 企業の成長をけん引する優秀な人材育成が急務となっています。そのためには、選抜研修という手法が有効です。この記事では、選抜研修の目的、実施のメリット・デメリット、具体的な運用方法等を詳しく解説し、実施のための参考になる情報を提供します。 株式会社LDcube
  経営シミュレーションとは?人材育成の新手法・研修について解説! 今回は経営シミュレーション研修の意義や具体的な内容、対象者、必要なスキル、進め方について解説します。ビジネススキルや戦略思考、意思決定力を高め、経営力を育てる研修として、企業の成長を支える人材育成に役立つでしょう。 株式会社LDcube



LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事