catch-img

効果的にオンライン化したマネジメント研修とは!


近年、企業で実施されているマネジメント研修がオンライン化しています。研修のオンライン化はスケジュール調整や会場の手配などの手間が軽減できるため、企業と社員双方にメリットがあります。

しかし、マネジメント研修は単にオンラインで実施すればよいというわけではなく、学習内容の質に注意して進めることが大切です。

この記事では、マネジメント研修がオンライン化した背景や実施方法、研修の質を高めるポイントについて詳しく解説します。


目次[非表示]

  1. 1.オンライン化が加速した背景
  2. 2.マネジメント研修2つの実施方法
    1. 2.1.①自社で企画する
    2. 2.2.②外部の社員研修サービスを利用する
  3. 3.研修の質を高めるポイント
    1. 3.1.①知識・スキルの習得度を見える化する
    2. 3.2.②ブレンディッドラーニングを実施する
    3. 3.3.③研修のPDCAサイクルを構築する
  4. 4.マネジメント研修のオンライン化例
    1. 4.1.プログラムのねらいと展開ステップ
    2. 4.2.オンライン研修の内容
    3. 4.3.eラーニングの学習内容
  5. 5.自社に最適なオンラインでのマネジメント研修を企画できるCrossKnowledge
  6. 6.まとめ


オンライン化が加速した背景

コロナ禍や近年の働き方改革の推進に伴い、テレワークや多様な労働体制を導入した企業が様々な研修をオンライン化しています。

マネジメント研修も例外ではなく、大手企業をはじめ幅広い業界や業種でオンライン化が進んでいます。

オンライン研修は離れた場所からでも参加できる、対面よりもスケジュール調整がしやすいなど、利便性に優れていることが特徴です

マネジメント研修をオンラインで実施するためには、インターネットを通じてeラーニングやオンライン講座を提供できる学習プラットフォームが必要です。

学習プラットフォームであれば研修の実施に加え、学習の進捗状況やテスト結果などが確認できるため研修に伴う業務を効率化できます。


マネジメント研修2つの実施方法

ここでは、オンラインでのマネジメント研修実施方法を2つ紹介します。

①自社で企画する

自社で学習プラットフォームを導入すれば、管理職が離れた場所にいてもマネジメント研修の学習コンテンツが提供できるようになります。

学習プラットフォーム『CrossKnowledge』であれば、研修の実施から受講履歴の管理、コンテンツの配信まで可能です。

既にある自社の教育プログラムをデジタル化することで、運用効率の向上が期待できます

さまざまな教材を組み合わせた講座や学習コースを設計でき、スマートフォンやパソコンがあれば場所を問わず学習機会を創出できるため、学習者にとっての利便性も向上します。

②外部の社員研修サービスを利用する

マネジメント研修をオンラインで実施する手段として、外部の社員研修サービスがあります。

マネジメント研修の企画・実施を外注して研修を委託することで、自社での研修運営や学習者管理などの業務負担を軽減できます

ただし、サービス事業者によってカリキュラムなどが異なるため、研修の自由度が制限されることが一つのデメリットです。


研修の質を高めるポイント

ここでは、オンラインマネジメント研修の質を高めるポイントを3つ紹介します。

①知識・スキルの習得度を見える化する

社員個々の知識・スキルの習熟度を見える化できるLMS(学習管理システム)を活用することで、オンラインマネジメント研修の質を高められます。

LMSの進捗管理や成績管理機能を利用すれば社員個々の課題が明確になるため、学習をパーソナライズ化することが可能です

学習をパーソナライズできれば、効率的な学習とモチベーションの維持・向上が期待できます。

②ブレンディッドラーニングを実施する

ブレンディッドラーニングとは、オンライン研修、集合研修、eラーニングなどの異なる学習方法を組み合わせた学習方法のことをいいます。

すべての研修がオンラインに向いているわけではないため、学習内容や対象者に応じて対面やオンライン研修を使い分けることが重要です

多種多様な社員のワークライフに合わせた学習機会を創出することで、学習効果の最大化が期待できます。

③研修のPDCAサイクルを構築する

オンラインマネジメント研修の質を高めるのであれば、研修のPDCAサイクルを構築する必要があります。

マネジメントスキル向上に最適な学習コンテンツ・研修コースを作成して提供するだけではなく、研修効果の測定と改善まで注力することで研修の質を高められます。

PDCAサイクルを適切に回していくためには、研修の目的と目標を明確にすることが大切です

研修の結果は定量的に評価し、改善できることは効果が高いと思われるものから順次実行していくことで研修をよりよいものにできます。

人材育成の効果測定について以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

  人材育成の効果測定とは?重要な観点や評価項目を網羅的に解説 人材育成の効果測定は、研修の費用対効果、社員の成長度合いを可視化するために重要です。効果測定にはさまざまなフレームワークや手法があり、社員の知識やスキルの取得を評価する方法や、研修後のパフォーマンス指標を比較する方法があります。重要な観点や具体的な評価項目などを解説します。 株式会社LDcube

マネジメント研修のオンライン化例

ブレンデッドラーニングでの社員研修プログラム例について紹介します。
具体的には、チームマネジメントプログラムを例に取り上げます。チームマネジメントやチームビルディング、エンゲージメントなどの知識習得のみであればeラーニング/マイクロラーニングで可能ですが、チームマネジメントの実践力を身に付けるためにはブレンデッドラーニングが最適です。

プログラムのねらいと展開ステップ

マネジャーがチームの枠組みを定め、メンバーを引き立て、パフォーマンスを最大化するためのポイント、スキル、実践行動について学びます。

チームマネジメント 展開ステップ

オンライン研修の内容

1回目 オリエンテーション
これまでのマネジメント活動を振り返り、現状を点検します。その上で、各自のマネジメント上の課題を確認します。また、パフォーマンスを上昇させるための目標設定についても説明します。
 
2回目 学習と活動の振り返り
前回までのオンライン研修やWEB学習を踏まえて、学んだことと職場での実践を振り返り整理します。また、効果的なマネジメントを行うためのスタイルについて、自己診断ツールを用いて学びます。
 
3回目 学習と活動の振り返り②
前回までのオンライン研修・WEB学習を踏まえ、学んだことと職場での実践を再度振り返り、整理を行います。さらに、チーム活動を効果的に進めるための重要なポイント(コンテントとプロセス)等について説明します。
 
4回目 学習のまとめと今後のアクションプラン
これまでの学習と活動全体を振り返り、自身のマネジメント上の課題がどの程度解決されたかを確認します。さらに、今後のマネジメント上の課題や自己啓発のテーマを整理し、それをもとにアクションプランを作成します。
 

eラーニングの学習内容

①    真のチームを運営しているか?
真のチームとは、進む方向を知り、ゴールを信じ、各人それぞれが務めを果たす。真のチームがもつ5つの要素とチームダイナミックスにおける4つの要因を理解する。
 
②    チームはどの発展段階にあるか?
良いチームは自然にはできない。チームの発展段階をよく観察し、段階にあった対処をする必要がある。チームの発展段階におけるマネジャーの役割と指導スタイルを理解する。
 
③    チームを形成する(形成段階)

チームの形成段階におけるマネジャーの役割と、議論を促す3つの方法を学ぶ。チームの結成時からメンバーの親密さを育て、信頼と自信につなげる。個人をチームに関わらせる上でマネジャーが取るべき役割や方法を理解する。
 
④    メンバー間の対立を克服する(混乱段階)
チーム内のネガティブパワーを防ぐ。チーム内の意見の不一致とメンバーの否定的な言動が引き起こす衝突。チーム内の人間関係の問題に効果的に対処する方法とチーム内で建設的なディスカッションを促進する方法を学ぶ。
 
⑤    調和を図る(統一段階)
混乱状況の中でもシンプルなルールがいくつかあれば秩序は自然と生まれる。チームの統一段階(メンバーが協働する方法を学ぶ段階)の特徴を明らかにし、この段階のチームをうまく管理する、チームワークを調和させる方法を学ぶ。
 
⑥    一体となってパフォーマンスを発揮する(機能段階)
生産性の高いチームに共通する特徴と成功するチームのマネジャーがもつ役割、さらに生産性の向上に役立つ実証された方法論を学ぶ。
 
 
オンライン研修とeラーニングを効果的にブレンドして研修プログラムを組み立てています。再度展開ステップをご案内します。

チームマネジメント 展開ステップ

このプログラムでは、一度にすべてを学ぶのではなく、3カ月間かけて段階的に学びます。そのため、一つ一つのオンライン研修後に、学んだことを職場で実際に実践してみることで実践力の向上に繋がります。


自社に最適なオンラインでのマネジメント研修を企画できるCrossKnowledge

オンラインでのマネジメント研修を企画・実施するのであれば、学習プラットフォーム・LMS(学習管理システム)『CrossKnowledge』がおすすめです。

『CrossKnowledge』は、自社で既に使用している教育プログラムや学習コンテンツをデジタル化することが可能であり、研修の運用効率を向上させられます

学習の進捗状況や各研修の一元管理ができるため、社員一人ひとりのニーズにあった学習を提供できるようになります。

また、eラーニング機能も備えているため、パソコンやスマートフォンがあれば社員はいつでもどこでも必要な学習を受講することが可能です。

さらに「CK-Connect」で、管理職や職場メンバーが自己診断を受講すると、診断結果に合わせた学習コンテンツをリコメンドすることができます。そして、チーム内メンバー同士の関係性における改善ポイントも提示します。

管理職からメンバーに学習コンテンツを割り当てることもでき、職場のマネジメントに生かせます。マネジメント研修で学んだことを職場実践する機会として活用することができます。


まとめ

この記事では、マネジメント研修について以下の内容で解説しました。

  • マネジメント研修のオンライン化が加速した背景
  • オンラインでのマネジメント研修の2つの実施方法
  • オンラインマネジメント研修の質を高めるポイント
  • 自社に最適なオンラインでのマネジメント研修を企画できるCrossKnowledge

オンラインマネジメント研修は時間や場所が問われず、スケジュール調整もしやすいことから、対面より利便性に優れる場合があります。

自社または外部に依頼することで実施でき、パソコンやスマートフォンがあれば学習者はいつでも受講可能です。

ただし、研修は単に実施すればよいというものではなく、研修の目的や目標を明確にしたうえでPDCAサイクルを回していく必要があります。

オンラインマネジメント研修を適切に実施するためには、LMS(学習管理システム)の導入がおすすめです。

LDcube』では、『CrossKnowledge』のLMS(学習管理システム)やeラーニング、マイクロラーニング を提供しています

マネジメント研修やマネジメントセミナーとして活用できるコンテンツはもちろん、学習進捗や各研修の管理を一元化・簡素化・整理が可能であり、より効率的な学習を実現できます。無料でのデモ体験会なども行っています。お気軽にお問い合わせください。

▼関連資料はこちらからダウンロードできます。

LMS資料

CKコネクト資料

  マイクロラーニングカタログダウンロード LDcubeのeラーニングコンテンツは、クロスナレッジ社(本社:フランス)が開発し、世界中に1200万以上のユーザーが存在する品質の高いコンテンツです。 世界有数のビジネススクール教授陣によるMBAレベルの講義を動画で学習することができます。 株式会社LDcube

▼関連記事はこちらから。

  eラーニングを活用した人材育成!導入メリットと最新トレンド 人材育成や社員教育を目的とした学習の一つの手法として、eラーニングを導入する企業は多く存在します。eラーニングは以前からある学習形態ですが、これまでの研修にかわり、充実してきています。概要や導入メリット、最新トレンドについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  社員研修に役立つeラーニングとは?効果を最大化する方法を紹介 企業の社員研修でeラーニングが活用されています。従来の研修のように、学習者を一つの会場に集めたり決まった時間に研修を実施したりする必要がないため、さまざまなシーンで活用されています。企業向けeラーニングの概要と効果的な理由、おすすめの学習管理システムについて解説します。 株式会社LDcube
  【研修担当者向け】eラーニングシステムのデメリットとは?課題を解決する方法 人材育成や社員教育の有用な手段として、eラーニングが企業で取り入れられています。eラーニングは、時間や場所に関係なく研修を実施できます。従来の集合研修に比べてさまざまなメリットがありますが、場合によってはデメリットとなることもあるため、注意が必要です。 株式会社LDcube
  エンゲージメント研修とは?おすすめのカリキュラムと成功させる秘訣 従業員の定着率向上や企業の成長につながるとして、エンゲージメントの重要性が認識されはじめています。エンゲージメントを向上させるためには、研修の実施がおすすめです。今回は、研修プログラムの概要と実施すべき企業や組織の特徴、おすすめのカリキュラムなどについて詳しく解説します。 株式会社LDcube
  レジリエンス研修とは?実施で得られる効果と代表的な5つの要素 さまざまなストレスや逆境に直面しやすい現代のビジネスシーンでは、困難な状況でも立ち向かって前に進む力、つまり、高いレジリエンスを持った人材が必要です。そんな人材育成のためにはレジリエンス研修が有用です。研修の概要や得られる効果、代表的な要素について詳しく解説します。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事