catch-img

管理職研修は3種類(上級・中間・新任)|研修テーマ・内容の選び方を解説!

「管理職研修にはどのような種類があるのか。」

社員研修を成果の出やすい内容にするためには、どのような種類の管理職研修にすべきか悩ましいですよね。

管理職研修は、階層別に上級管理職研修・中間管理職研修・新任管理職研修の3種類に分けられます。

管理職研修3種類

研修を実施する場合は、まず対象の管理職がどの種類(階層)にあてはまるかを確認しましょう。

決まっていない場合は、上の階層から実施していく方が、社内に浸透しやすくなります。

管理職研修の種類に応じて、実施すべき研修のテーマも変わってきます。種類別のおすすめ研修テーマは下記の通りです。

管理職研修テーマ一覧

研修テーマを決めるときは、必ず下記ステップで決めていくようにしてください。
 
【管理職研修のテーマの決め方4ステップ】

STEP1.理想の管理職像を設定する

STEP2.管理職の実像を分析し、課題を明確にする

STEP3.理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する

STEP4.研修のテーマを選ぶ

上記のステップをふまず、人気や流行りに合わせて選ぶと、研修内容を実務に応用できず、失敗に終わってしまうおそれがあります。

たとえば、なんとなく「コミュニケーション力」を研修テーマに選んだとしても、すでに円満な人間関係を構築できている場合は効果があまり感じられません。

研修の成果が反映されず、「意味のない研修だった」と当事者からも会社からも思われてしまうでしょう。

有意義な研修にするためには、会社の戦略や経営方針に従って、現状の管理職が不足している部分を正しく分析することが大切です。

【本記事で分かること】

  • 管理職研修3つの種類:上級管理職研修・中間管理職研修・新任管理職研修
  • それぞれの管理職に求められる役割・身に付けるべき能力
  • 種類別おすすめの研修テーマ
  • 研修テーマの決め方 

本記事を読めば、管理職研修にはどのような種類があるかを知り、どのような研修(種類・テーマ)を実施するか決められるようになります。

ぜひ最後まで読んで施策検討にお役立てください。

▼ 階層別研修については下記で解説しています。合わせてご覧ください。
⇒階層別研修とは?達成すべき目標や習得させたい知識・スキルを徹底解説

  階層別研修とは?達成すべき目標や習得させたい知識・スキルを徹底解説 企業では材育成施策として、等級や役職、年次等で社員をグループ分けし、新人・若手・中堅・管理職など、それぞれのグループ・階層に合った教育を実施します。この記事では、階層別研修の概要や達成すべき目標、組み立て方、習得させたい知識・スキル例、効果的な展開方法について解説します。 株式会社LDcube

▼ 経営についての勉強法については下記で解説しています。合わせてご覧ください。
⇒経営の勉強は何をすべきか?実践スキルを身に付ける効果的な方法

  経営の勉強は何をすべきか?実践スキルを身に付ける効果的な方法 これから経営について学ぶ方、および後継者や若手社員に学習させたい方にまずお伝えしたいのは、「経営の勉強の “方法” を、勉強してから進めるべき」ということです。本記事では、経営の勉強をどのように進めるべきか、方法論に焦点を当てて解説します。時代遅れのやり方で、競合他社に後れを取らないために本記事をお役立てください。 株式会社LDcube

▼ 管理職研修にはCrossKnowledgeのeラーニングがおすすめです。

LMS資料


目次[非表示]

  1. 1.管理職研修は3種類|上級・中間・新任管理職向けに分けられる
    1. 1.1.上級管理職研修
    2. 1.2.中間管理職研修
    3. 1.3.新任管理職研修
  2. 2.【種類別】実施したい管理職研修のテーマ一覧
  3. 3.成果が出やすい管理職研修のテーマの決め方4ステップ
    1. 3.1.STEP1.理想の管理職像を設定する
    2. 3.2.STEP2.管理職の実像を分析し、課題を明確にする
    3. 3.3.STEP3.理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する
    4. 3.4.STEP4.研修のテーマを選ぶ
  4. 4.【上級管理職】研修テーマの決め方
    1. 4.1.【例】上級管理職の研修テーマの決め方
    2. 4.2.身に付けたいスキル・能力別のおすすめ研修テーマ
      1. 4.2.1.経営資源のマネジメント力:組織運営
      2. 4.2.2.問題解決と戦略立案のスキル:戦略的思考
      3. 4.2.3.企業変革力:チェンジマネジメント
      4. 4.2.4.業績や財政状態の記録・管理法の知識:アカウンティング
      5. 4.2.5.資金調達・運用の知識:ファイナンス
      6. 4.2.6.経営シミュレーション:上記の総合演習
  5. 5.【中間管理職】研修テーマの決め方
    1. 5.1.【例】中間管理職の研修テーマの決め方
    2. 5.2.身に付けたいスキル・能力別のおすすめ研修テーマ
      1. 5.2.1.業務効率・生産性を高める力:業務管理
      2. 5.2.2.社員のスキル・能力を最大化する力:人材管理
  6. 6.【新任管理職】研修テーマの決め方
    1. 6.1.【例】新任管理職の研修テーマの決め方
    2. 6.2.身に付けたいスキル・能力別のおすすめ研修テーマ
      1. 6.2.1.部下を育てるスキル:コーチング
      2. 6.2.2.目標達成に向けてチームをまとめる力:リーダーシップ
      3. 6.2.3.危機管理力:コンプライアンス
  7. 7.まとめ

管理職研修は3種類|上級・中間・新任管理職向けに分けられる

管理職研修種類①

管理職研修は、階層別に上級管理職研修・中間管理職研修・新任管理職研修の3種類に分けられます。

【管理職研修の種類】


対象者の主な役職

研修で身に付けるべき力

上級管理職研修

部長

経営の能力・スキル

中間管理職研修

課長

部門マネジメントの能力・スキル

新任管理職研修

課長補佐・係長

チームを率いる能力・スキル

 どのような管理職研修を実施するかを決めるためには、まず今回はどの階層の管理職を対象に実施するのかを明確にする必要があります。

そして、効果的な研修を実施するためには、階層ごとに求められる役割や身に付けるべき能力を理解しなければいけません。

役割や必要な能力を正しく理解できていないと、実施したい研修のテーマがずれてしまうおそれがあるからです。

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

上級管理職研修

上級管理職研修は、目安として役職が部長クラスで、管理職歴約10年以上の管理職に実施します。

上級管理職の役割と身に付けるべき能力を下表にまとめました。

【上級管理職】

主な役職

部長など

キャリアの目安

管理職10年以上

役割

・部門の業績と目標達成の責任者
・部門の設計・運営
・戦略の立案と実施
・他部門との連携

身に付けるべき能力

・組織運営
・経営陣の思考
・会計の知識
・戦略思考
・意思決定能力

上級管理職は、部門の責任者として部門全体を運営・管理しながら、次期幹部候補として上層部と共に経営を推進していく立場です。

会社全体を俯瞰しながら、自部門の方針や目標を決定し、戦略を立案して部門に浸透させていきます。

時代の変化を読み取りながら、競合他社に負けないよう変革も推し進めていかなければいけません。

そのため、経営者としての視点や思考を身に付け、組織運営や戦略思考の能力を持つことが求められます。

経営には財務諸表を読み解くスキルも欠かせないので、会計の知識も必須です。

上級管理職研修では、これらの能力が身に付く内容のものを実施していきます。

中間管理職研修

中間管理職研修は、目安として役職が課長クラスで、管理職歴約5~10年の管理職に実施します。

中間管理職の役割と身に付けるべき能力を下表にまとめました。

【中間管理職】

主な役職
課長など
キャリアの目安
管理職5~10年
役割

・経営陣と社員の橋渡し役
・上級管理職と新任管理職のサポート
・業務管理
・人材管理、部下育成
・職場づくり
・労働環境の整備

身に付けるべき能力

・マネジメント能力
・問題解決能力
・危機管理能力

中間管理職は、現場に責任を負う新任管理職と、経営の視点を持つ上級管理職の間に立ち、社員と経営陣との橋渡しをする立場です。

多くの会社では、プレイヤーとして業務を担当することはなく、目標達成のために業務と部下を管理します。

業務管理では、業務の指示出しや進捗管理などを行い、業務効率化や生産性向上にも取り組みます。人材管理では、部下が最大限能力を発揮できるための仕組みづくりをしなければいけません。

そのため、多角的なマネジメント能力や、問題解決・危機管理能力など、幅広いスキルを身に付ける必要があります。

中間管理職研修では、これらの能力が身に付く内容のものを実施していきます。


新任管理職研修

新任管理職研修は、目安として役職が課長補佐・係長クラスで、管理職歴約5年未満の管理職に実施します。

新任管理職の役割と身に付けるべき能力を下表にまとめました。

【新任管理職】

主な役職
課長補佐・係長など
キャリアの目安
管理職5年目未満
役割

・チームの目標を達成
・部下の指導・育成
・業務の調整・分担
・職場づくり
・労働環境の整備

身に付けるべき能力

・リーダーシップ
・コミュニケーション能力
・部下を指導・育成するスキル

新任管理職は、チームのリーダーとして、目標達成に向けて社員をサポート&導いていく立場です。

一般的に、プレイヤーとしての業務も続けながら、新たにマネージャーとしての役割も担うことになります。部下を直接指導・育成する立場であるため、業務の調整やフォロー、キャリアサポートをしていかなければいけません。

そのため、リーダーシップや部下を指導・育成するスキル、コミュニケーション能力など、部下と信頼関係を築き、チームをまとめる力が求められます。

新任管理職研修では、これらの能力が身に付く内容のものを実施していきます。

POINT!

どの種類(階層)から研修を実施すべき? 上級 → 中間 → 新任管理職 が基本

研修実施の緊急度が高い階層がない場合、《上級→中間→新任》と、上の階層から順に研修を実施していくことがおすすめです。

知識やスキルの習得、意識改革は、上の階層から順に社内に浸透させていくべきです

下の階層が先に研修を受けて実務で行動を起こしたとしても、上の階層の理解を得られず、実現が難しくなってしまうおそれがあるからです。


【種類別】実施したい管理職研修のテーマ一覧

管理職研修種類②

 上級・中間・新任管理職の役割や身に付けるべき能力が分かったところで、各管理職研修で実施すべきテーマについて見てみましょう。

【上級・中間・新任管理職別・実施したいテーマ一覧】

種類

テーマ

学ぶ内容

上級管理職研修

組織運営

会社の経営資源(人・物・金・時間・情報)のマネジメント

戦略的思考

会社の競争力を高めるために、ビジネスの課題を解決に導くための思考法

チェンジマネジメント

組織の変革をスムーズに実行し、成功に導くためのマネジメント手法

アカウンティング

経営成績や財政状態の記録・管理法

ファイナンス

資金調達・運用

中間管理職研修

業務管理

業務を効率的に進めるための管理方法

人材管理

社員の能力を最大限活用するための管理方法

新任管理職研修

コーチング


自発的な行動を促す人材育成手法

リーダーシップ

目標達成に向けてチームを率いる方法

コンプライアンス

社会的ルールを守る意識を高めることのリスクマネジメント

 すべてのテーマは、各管理職研修において実施すべき重要な内容ですが、一度にすべてを盛り込むと、内容が薄く理解が浅くなってしまいます。

会社とって優先順位の高いテーマから、実施していくようにしましょう。

各テーマの内容については後述します。まずはテーマの決め方について、次章で解説していきます。

▼各研修の内容については下記で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。
⇒管理職研修におすすめの内容とは?|10選(プログラム・対象階層・効果)を紹介

  管理職研修におすすめの内容10選|プログラム・対象階層・効果を紹介 実りの多い管理職研修にするためには、各階層の管理職の役割や身に付けるべき力を正しく理解し、それに合った研修を実施することがポイントです。本記事では、おすすめの研修内容10選を紹介していきます。管理職研修はどのようなテーマがあるかを知り、実施したい研修が実現できるようになります。 株式会社LDcube


成果が出やすい管理職研修のテーマの決め方4ステップ

管理職研修種類③

研修テーマを決めるときは、研修の成果がきちんと出せるよう、下記ステップで決めていくようにしましょう。

【管理職研修のテーマの決め方4ステップ】

STEP1.理想の管理職像を設定する

STEP2.管理職の実像を分析し、課題を明確にする

STEP3.理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する

STEP4.研修のテーマを選ぶ

研修テーマは、上記のステップを踏むことが重要です。
 
STEP1~3の過程をとばしてテーマを選ぶと、研修の成果が出づらくなります。テーマを選んだ理由があいまいだと、プログラムの内容も受講者の選定も適切に行えません。

結果、研修内容が会社の成長や課題解決につながらず、受講者にも「意味のない研修だった」と思われてしまうおそれがあるでしょう。

研修の成功はテーマ決めにかかっているので、慎重に進めていくようにしてください。

STEP1.理想の管理職像を設定する

まずは、理想の管理職像を設定します。

理想の管理職像が明確でないと、管理職が身に付けるべき能力・スキルを絞れません。

理想の管理職像は、経営戦略や達成したい目標、解決したい課題に沿って決めていきます。「〇〇という目標を達成するためには、管理職はこうあってほしい」というように、人物像を具体的にイメージします。

STEP2.管理職の実像を分析し、課題を明確にする

次に、現在の管理職の実像を分析して、理想の管理職像に足りていない部分を洗い出し、課題を明確にしましょう。

本人や上長へのヒアリングや、これまでの業務実績、目標管理シート、人事評価などを通して、人物像を把握します。

実像が分かったら、STEP1で設定した理想の管理職像と比較して、どこにギャップがあるかを浮き彫りにします。

STEP3.理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する

続いて、理想と現状を埋めるために、身に付けるべきスキルや能力を設定しましょう。

STEP2で課題が複数上がった場合は、緊急度の高いものから優先順位をつけていきます。

STEP4.研修のテーマを選ぶ

身に付けるべきスキルや能力から、研修のテーマを選びます。

テーマを決めたら、研修の目標、プログラム内容の順に研修を設計していきます。

研修の目標とは、「学習目標(研修で理解・習得すべきこと)」と「行動目標(実務に応用していくべきこと)」の2つです。

設定した目標を達成できるように、研修時間や実施方法・場所を考慮しながら、プログラム内容を決めていきましょう。

【上級管理職】研修テーマの決め方

管理職研修種類④

 
前章で紹介した4ステップを実際に行って、上級管理職のテーマを決めていきましょう。

まずは例にならってSTEP1~3まで進めてください。STEP3で設定した「理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力」別に、おすすめの研修テーマを次章で紹介していきます。

【例】上級管理職の研修テーマの決め方

例を参考に、STEP3「理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する」ところまで行いましょう。

下記は、会社の課題が「働き方の多様性に対応したい」である場合の、上級管理職の研修テーマの決め方の例です。

【上級管理職の研修テーマの決め方:例】

◎経営方針・戦略・課題:働き方の多様性に対応したい

《STEP1.理想の管理職像を設定する》
・理想の上級管理職像:働き方改革を進めていく中で、変革によって起こるトラブルを予測して対策を練り、変革をスムーズに社内に浸透させられる

《STEP2.管理職の実像を分析し、課題を明確にする》
・管理職の実像:変革によって起こる社員の心理変化が予測できない

《STEP3.理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する》
・変化への心理的ストレスに関する知識
・トラブル対処法

《STEP4.研修のテーマを選ぶ》
・チェンジマネジメント


身に付けたいスキル・能力別のおすすめ研修テーマ

前節で設定した、「理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力」別のおすすめ研修テーマを紹介していきます。

【上級管理職:身に付けたいスキル・能力別のおすすめ研修テーマ】

  1. 経営資源のマネジメント力:組織運営
  2. 問題解決と戦略立案のスキル:戦略的思考
  3. 企業変革力:チェンジマネジメント
  4. 業績や財政状態の記録・管理法の知識:アカウンティング
  5. 資金調達・運用の知識:ファイナンス
  6. 経営シミュレーション:上記の総合演習


経営資源のマネジメント力:組織運営

経営資源(人・物・金・時間・情報)のマネジメント力を強化したいなら、組織運営をテーマにした研修がおすすめです。

組織運営とは、目標達成に向けて組織の活動をスムーズに行えるように、会社の経営資源(人・物・金・時間・情報)をマネジメントすることです。

研修では、フレームワークを通じて、各経営資源を有効活用方法を学んでいきます。

研修内容を実務に応用することで、経営資源を最大限に生かせて、より良い組織づくりが実現しやすくなるでしょう。

問題解決と戦略立案のスキル:戦略的思考

問題解決と戦略立案のスキルを強化したいなら、戦略的思考をテーマにした研修がおすすめです。

戦略的思考とは、会社の競争力を高めるために、ビジネスの課題を解決に導くための思考法のことです。

研修では、フレームワークを通じて、物事の本質を見抜く力を養っていきます。

研修内容を実務に応用することで、会社の課題や目標に対して、柔軟な戦略を生み出すことができるようになるでしょう。

企業変革力:チェンジマネジメント

企業を変革していく力を強化したい場合は、チェンジマネジメント(変革管理)をテーマにした研修がおすすめです。

チェンジマネジメントとは、組織の変革(合併や買収、方針や制度の変更、新しいツールの導入など)をスムーズに実行し、成功に導くためのマネジメント手法です。

研修では、変革プロジェクトの立案と推進、変革への障害の対処法を学びます。

研修内容を実務に応用することで、組織の変革を失敗せずにスムーズに進められるようになるでしょう。

業績や財政状態の記録・管理法の知識:アカウンティング

業績や財政状態の記録・管理法の知識を身に付ける必要がある場合は、アカウンティングの研修がおすすめです。

アカウンティングとは、会社の経営成績や財政状態を数字で記録または管理することです。

研修では、主に財務三表(損益計算書・賃借対照表・キャッシュフロー計算書)を学びます。

研修内容を実務に応用することで、部門や会社全体の経営状況を数値で可視化できるようになるでしょう。

資金調達・運用の知識:ファイナンス

資金調達・運用の知識を身に付けてほしい場合は、ファイナンス研修がおすすめです。

ファイナンスとは、事業に必要な資金を調達し、運用していくことです。

 研修では、資金調達方法や財産評価、投資について学びます。

研修内容を実務に応用することで、適切な投資判断や資金管理をできるようになるでしょう。

経営シミュレーション:上記の総合演習

経営に必要な知識やスキルを総合的に身に付けたい場合には、経営シミュレーション研修がおすすめです。

経営シミュレーションとは、会社の代表取締役社長の立場で、引き継いだ企業の状況を読み解き、課題を整理し、解決策を立案し、解決策を実行に移し、会社の業績向上ができるかどうかを試します。

研修では、経営に関するさまざまな指標について意思決定し、その意思決定による経営結果を踏まえて総合的、実践的に学びます。

経営シミュレーションを取り入れることで、戦略思考やファイナンス、アカウンティングなど学んだ事が有機的に結びつき、生きた数字と生きた経営感覚を学ぶことができます。

▼ 経営シミュレーション研修については下記で詳しく解説しています。
⇒経営シミュレーションとは?人材育成の新手法・研修について解説

  経営シミュレーションとは?人材育成の新手法・研修について解説! 今回は経営シミュレーションの意義や内容、対象者、必要なスキル、進め方について解説します。ビジネススキルや戦略思考、意思決定力を高め、経営力を育てる研修として、企業の成長を支える人材育成に役立つでしょう。 株式会社LDcube


【中間管理職】研修テーマの決め方

管理職研修種類⑤

前章で紹介した4ステップを実際に行って、中間管理職のテーマを決めていきましょう。

まずは例にならってSTEP1~3まで進めてください。STEP3で設定した「理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力」別に、おすすめの研修テーマを次章で紹介していきます。

【例】中間管理職の研修テーマの決め方

例を参考に、STEP3「理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する」ところまで行いましょう。

下記は、会社の課題が「働き方の多様性に対応したい」である場合の、中間管理職の研修テーマの決め方の例です。

【中間管理職の研修テーマの決め方:例】

◎経営方針・戦略・課題:働き方の多様性に対応したい

《STEP1.理想の管理職像を設定する》
・理想の中間管理職像:働き方の多様化に合わせた、業務分担や指示出し・進捗管理ができる

《STEP2.管理職の実像を分析し、課題を明確にする》
・管理職の実像:働き方の多様化により、一部の社員に負担がかかってしまうなど、業務分担に偏りが生じている

《STEP3.理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する》
・業務分担に関する知識
・時間管理術

《STEP4.研修のテーマを選ぶ》
・業務管理


身に付けたいスキル・能力別のおすすめ研修テーマ

前節で設定した、「理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力」別のおすすめ研修テーマを紹介していきます。

【中間管理職:身に付けたいスキル・能力別のおすすめ研修テーマ】

  1. 業務効率・生産性を高める力:業務管理
  2. 社員のスキル・能力を最大化する力:人材管理


業務効率・生産性を高める力:業務管理

業務効率・生産性を高めることを望む場合は、業務管理をテーマにした研修がおすすめです。

業務管理とは、業務が効率的に進むよう、適切にコントロールすることです。

研修では、効果的な業務分担方法や指示出し・進捗管理方法を学びます。

研修内容を実務に応用することで、業務を「見える化」「一元化」できるようなり、効率化と生産性向上が期待できるでしょう。

社員のスキル・能力を最大化する力:人材管理

社員のスキル・能力を最大化できるようになってほしい場合は、人材管理をテーマにした研修がおすすめです。

人材管理とは、会社の業績向上や目標達成のために、社員のスキルや能力を最大限活用することです。

研修では、採用・育成・配置・評価・報酬それぞれの分野において、最適な管理法を学びます。

研修内容を実務に応用することで、業績向上や目標達成に向けて、社員のスキルや能力を最大限活用できるようになるでしょう。

【新任管理職】研修テーマの決め方

管理職研修 種類⑥

前章で紹介した4ステップを実際に行って、新任管理職のテーマを決めていきましょう。

まずは例にならってSTEP1~3まで進めてください。STEP3で設定した「理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力」別に、おすすめの研修テーマを次章で紹介していきます。

【例】新任管理職の研修テーマの決め方

例を参考に、STEP3「理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する」ところまで行いましょう。
 
下記は、会社の課題が「働き方の多様性に対応したい」である場合の、新任管理職の研修テーマの決め方の例です。

【新任管理職の研修テーマの決め方:例】

◎経営方針・戦略・課題:働き方の多様性に対応したい

《STEP1.理想の管理職像を設定する》
・理想の新任管理職像:多様性の尊重やワークライフバランスについて理解し、価値観の異なる社員一人一人をサポートできる

《STEP2.管理職の実像を分析し、課題を明確にする》
・管理職の実像:Z世代との世代間のギャップを埋められない、リモートワークを上手く活用できていない

《STEP3.理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する》
・社員のモチベーションを高めるスキル
・目標に向けてチームを率いる力
・コミュニケーション能力

《STEP4.研修のテーマを選ぶ》
・リーダーシップ


身に付けたいスキル・能力別のおすすめ研修テーマ

前節で設定した、「理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力」別のおすすめ研修テーマを紹介していきます。

【新任管理職:身に付けたいスキル・能力別のおすすめ研修テーマ】

  1. 部下を育てるスキル:コーチング
  2. 目標達成に向けてチームをまとめる力:リーダーシップ
  3. 危機管理力:コンプライアンス


部下を育てるスキル:コーチング

部下を育てるスキルを身に付けてもらいたいなら、コーチング研修がおすすめです。

コーチングとは、相手の話をしっかりと聞き、質問を投げかけ、気づきを与えることで、自発的な行動を促す人材育成手法のことを指します。

研修では、行動科学・心理学をベースとして、効果的な人材育成方法を学びます。

研修内容を実務に応用することで、部下の能力を最大限引き出し、自ら目標達成や課題解決に取り組むよう導けるようになることが期待できます。

▼ コーチング研修の内容については下記で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。
⇒コーチング研修に必要な内容とは?研修後に実践するためのポイントなど解説!

  コーチング研修に必要な内容とは?研修後に実践するためのポイントなど解説! 企業の成長には人材が欠かせません。その人材を育成し、成長させるためには、教育が必要です。特に「コーチング研修」は、部下のやる気を引き出し、個々の能力を最大限に発揮してもらうために欠かせない研修1つといわれています。コーチング研修の効果的な進め方とその内容、得られる可能性を解説します。 株式会社LDcube


目標達成に向けてチームをまとめる力:リーダーシップ

目標達成に向けてチームをまとめる力を身に付けてもらいたいなら、リーダーシップ研修がおすすめです。

研修では、目的の浸透・達成方法やモチベーションを高める方法について学びます。

研修内容を実務に応用することで、ほかの社員に組織の方向性を示し、目標達成に向けてモチベーションを高め、チームを率いていけることが期待できます。

▼ リーダーシップ開発については下記で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。
⇒リーダーシップ開発とは?実務で使える6ステップの実践ポイント

  リーダーシップ開発とは?実務で使える6ステップの実践ポイント 本記事ではリーダーシップ開発の基礎知識から、企業における実践ステップ、効果的な進め方のコツまで、 実務に役立つ情報を網羅的に解説します。従業員の潜在能力を引き出し、組織力を高める手がかりが見つかるはずです。 株式会社LDcube


危機管理力:コンプライアンス

危機管理の知識を身に付けてもらいたいなら、コンプライアンス研修がおすすめです。

コンプライアンスとは、法令や社会規範、倫理や道徳といった社会的ルールを守ることです。

研修では、法律や一般常識から、ハラスメント対策・情報セキュリティ対策などを学びます。

研修内容を実務に応用することで、コンプライアンス違反が起こらない体制づくりができ、トラブルが起こったときもスムーズに対処できるようなります。

▼ コンプラインス研修については下記で詳しく解説しています。合わせてご覧ください。
⇒コンプライアンス研修で不祥事防止!ネタ切れを乗り越えるアイデアを紹介!

  コンプライアンス研修で不祥事防止!ネタ切れを乗り越えるアイデアを紹介! | 株式会社LDcube コンプライアンス研修に、社内外の事例活用や社会的情勢の取り入れ、効果的な学びを生み出すためのアイデアを解説しています。不祥事を未然に防ぐという目的に向け心理的安全性を高めるアプローチなど、企業のコンプライアンス研修を一歩進ませる方法について紹介しています。 株式会社LDcube


【管理職研修ならLMS「CrossKnowledge」】

管理職研修は、LMS(Learning Management System:学習管理システム)の活用が有効です。

LMSとは、eラーニングなどの運用や学習履歴の管理、学習効果の測定を一元的に行うためのシステムです。LMSを活用することで、学習の進捗状況や理解度、満足度などのデータを容易に収集・分析できます。

CK画面イメージ

出典:LDcube「CrossKnowledge LMS」

しかし、LMSは質の高いものでないと期待する学習効果は期待できません。

当社LDcubeが提供する「CrossKnowledge」は、フランスを本社とするグローバル企業CrossKnowledge社のLMSです。

「CrossKnowledge」は、下記強みを持つ優れたLMSで、世界で1,200万人以上のユーザーから選ばれ続けています。

  • 著名なMBA教授が監修した教育コンテンツが充実
  • パーソナライズ学習が実現できる機能「CK-Connect」搭載
  • 研修コース設計機能「Blendedx」搭載
管理職研修を成功させるためにも、ぜひ「CrossKnowledge」の導入をご検討ください。

実際に、次世代リーダー向け学習に「CrossKnowledge」をご活用された企業さまには、高い満足度を実感していただいています。

◎CrossKnowledge活用事例
LDcube「CrossKnowledge活用事例:次世代リーダー向けコンテンツの提供と、運用の効率化を実現」

「CrossKnowledge」の詳細は、下記ページでご確認いただけます。
LDcube「CrossKnowledge LMS」

LMS資料

まとめ

最後に本文の要点をおさらいしましょう。

管理職研修は、階層別に上級管理職研修・中間管理職研修・新任管理職研修の3種類に分けられます。 


対象者の主な役職
研修で身に付けるべき力
上級管理職研修
部長
経営の能力・スキル
中間管理職研修
課長
部門マネジメントの能力・スキル
新任管理職研修
課長補佐・係長
チームを率いる能力・スキル

各種類で実施したい研修テーマは下記のとおりです。 

種類
テーマ

上級管理職研修

組織運営
戦略的思考
チェンジマネジメント
アカウンティング
ファイナンス

中間管理職研修

業務管理
人材管理

新任管理職研修

コーチング
リーダーシップ
コンプライアンス

 研修テーマを決めるときは、研修の成果がきちんと出せるよう、下記ステップで決めていくようにしましょう。

【管理職研修のテーマの決め方4ステップ】

  • STEP1.理想の管理職像を設定する
  • STEP2.管理職の実像を分析し、課題を明確にする
  • STEP3.理想の管理職像になるために身に付けるべきスキル・能力を設定する
  • STEP4.研修のテーマを選ぶ

以上、本記事をもとに、管理職研修において最適な種類・テーマを選ぶことができ、会社に大きな成果をもたらす研修になることを願っております。

株式会社LDcubeでは管理職研修のお手伝いをしております。

講師派遣による研修会の企画はもちろんのこと、eラーニングによるプログラム提供や、eラーニングとオンライン研修を組み合わせたコホート型学習による展開など、幅広くご支援しています。

管理職研修についてお悩みがあれば、是非お気軽にご相談ください。

 ▼ 関連資料はこちらから。

LMS資料

社内研修企画と実施資料

 
▼関連記事はこちらから。

  階層別研修とは?達成すべき目標や習得させたい知識・スキルを徹底解説 企業では材育成施策として、等級や役職、年次等で社員をグループ分けし、新人・若手・中堅・管理職など、それぞれのグループ・階層に合った教育を実施します。この記事では、階層別研修の概要や達成すべき目標、組み立て方、習得させたい知識・スキル例、効果的な展開方法について解説します。 株式会社LDcube
  マネジメント研修のオンライン化とは?2つの実施方法と質を高める秘訣 オンラインでのマネジメント研修は日程調整や会場手配などの手間が軽減できますが、単に管理職が受講すればよいというわけではなく、学習内容の質に注意が必要です。今回は、マネジメント研修がWEB化した背景や実施方法、研修の質を高めるポイント、具体的なプログラム例について紹介します。 株式会社LDcube
  "心理的安全性"がビジネスに必要な理由?エドモンドソン博士の視点を解説 現代の企業で最も重要な要素とは何でしょうか?革新的な製品?優れたビジネス戦略?それら全て重要ですが、最も重要なのは、「心理的安全性」です。本記事では、ハーバード大学の著名な教授である、エイミー・C・エドモンドソン博士の視点を通じて、なぜ心理的安全性が重要視されるのか、そしてそれを高める方法などを解説します。本人動画有。 株式会社LDcube
  新任部長研修とは?内容やポイント、部長になる人の特徴を紹介! 成功する部長になるために具体的に何を学び、それをどう生かすべきなのか。新任部長研修の内容から役割、部長と課長の違い、部長として成功するために経営視点をどう高めていくのかについて解説します。また、経営視点を効果的に育成するための経営シミュレーションについてもご紹介します。 株式会社LDcube
  昇格試験に合格する人の特徴とは?試験に受かる実践的な学習方法を紹介! 会社内の昇進・昇格試験において、長年にわたる研修会やアセスメント実施経験から、試験に合格する人の特徴とどのように学習すべきかについて説明します。また、昇格試験の目的や合格するのに必要な学習方法についても解説します。そして、スキルの底上げの学習環境の整備や学習ツール「経営シミュレーション」も紹介説します! 株式会社LDcube
  自己啓発でマネジメントを学び、生かすポイントとは?キャリアアップに生かすコツも紹介 本記事では、自己啓発でマネジメントスキルを向上させるヒントとその実践方法を解説します。能力向上のための知識習得から、スキルを生かしたキャリアアップまで、リーダーとしての力を伸ばすための具体的なステップや活用できるeラーニングコース紹介します。 株式会社LDcube
  経営の勉強は何をすべきか?実践スキルを身に付ける効果的な方法 これから経営について学ぶ方、および後継者や若手社員に学習させたい方にまずお伝えしたいのは、「経営の勉強の “方法” を、勉強してから進めるべき」ということです。本記事では、経営の勉強をどのように進めるべきか、方法論に焦点を当てて解説します。時代遅れのやり方で、競合他社に後れを取らないために本記事をお役立てください。 株式会社LDcube
  社員の自己理解を促す最高のコーチングプログラムとは!? 組織の生産性とパフォーマンスを向上させるために重要なのは、社員一人一人の潜在能力の発揮です。それを引き出すためには、社員の自己理解を促すコーチング的な関わりやサポートが欠かせません。自己成長を促すプログラムやそのやり方、自身の行動特性を理解するLIFOメソッドについて解説します。 株式会社LDcube
  レジリエンスがリーダーに必要な理由!ポイントや研修など解説 組織の成功に必要な"レジリエンス"が、リーダーにとって重要なスキルである理由について深掘りします。そして、そのレジリエンスを高める具体的な手法として、心理学のATCモデルの活用方法を解説しながら、リーダーが部下のネガティブな思考をポジティブに書き換えるプロセスを紹介します。 株式会社LDcube
  レジリエンスを高めるには?高い人・低い人の特徴と具体的な実践方法 レジリエンスとは、逆境やストレスに直面した時に、それを乗り越えて適応していく心の力のことです。高いレジリエンスを持つ人は、困難な状況でも前を向いて歩いていくことができます。レジリエンスとは何か、高い人・低い人の特徴、そしてレジリエンスを高める具体的な方法について詳しく解説します。 株式会社LDcube


LDcube編集部
LDcube編集部
株式会社ビジネスコンサルタント時代から約60年、人材開発・組織開発に携わってきた知見をもとに、現代求められる新たな学びについて、ノウハウや知見をお届けします。

テーマで探す

Webinar
近日開催ウェビナー

Download
おすすめ資料



Article
おすすめ記事